白木秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白木 秀雄
出生名 柏倉 秀康
生誕 (1933-01-01) 1933年1月1日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 (1972-08-31) 1972年8月31日(39歳没)
担当楽器 ドラム

白木 秀雄(しらき ひでお、本名:柏倉 秀康、1933年1月1日 - 1972年8月31日)は、日本のジャズドラマー

経歴[編集]

東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)の酒屋に生まれる。錦城中学校を経て東京芸術大学音楽学部打楽器科に入学(のちに中退)。白木が入学した年の芸大打楽器科の新入生は2名だけで、もう1人は指揮者岩城宏之であった。芸大在学中にキジ西村(西村喜次)の勧めでブルーコーツに参加し、ジャズ・ドラマーとしてのキャリアを開始した。

レイモンド・コンデとゲイ・セプテット、河辺公一とゴールデン・チャリオティアーズを経て、1953年に初のリーダーバンド、白木秀雄トリオを結成するが間もなく解散。小野満とフォアブラザーズ、与田輝雄とシックス・レモンズを経て渡辺プロダクションに所属し、1957年4月に白木秀雄クインテットを結成した。同年に制作された石原裕次郎主演の映画「嵐を呼ぶ男」では、石原のドラム演奏シーンにおいてドラムのアテレコを担当し、映画の主題歌「嵐を呼ぶ男」のシングル盤ではバック演奏も担当した(「白木秀雄とオールスターズ」名義)。

1959年には水谷良重と結婚し(1963年離婚)、時代の寵児としてマスコミを賑わせた。

1961年アート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズの初来日の際、ブレイキーとの初競演(ドラム合戦)を果たした。同年6月にスタートしたテレビ番組「シャボン玉ホリデー」には、所属する渡辺プロの共同制作番組であったこともあり、白木は頻繁に出演している。この番組の企画でクレージーキャッツハナ肇とドラム合戦も行った。

1962年5月、米のドラム・メーカーの招きで渡米。その際、以前から親交のあったホレス・シルヴァーとの共演を果たした。

1965年10月、ヨアヒム・ベーレント英語版の招きに応じて白木秀雄クインテットとしてベルリン・ジャズ・フェスティバル英語版に出演するが、帰国後、白木のわがままに耐え切れなくなったメンバーが次々に脱退した。新メンバーを迎えたものの仕事は激減し、クインテットは1968年5月に解散となり、同時期に白木は渡辺プロダクションから解雇された(メンバーチェンジ以降赤字続きだった)。

クインテットの解散後はジャズ界から離れる。1972年9月1日、赤坂のアパートの自室で腐乱死体となって発見された。死因は睡眠薬中毒で、晩年はかなり荒れた生活を送っていたという。

白木秀雄クインテット[編集]

上述した脱退の影響もありメンバー経験者は多い。トランペットでは福原彰、小俣尚也、仲野彰、日野皓正テナーサックスでは宮沢昭松本英彦、村岡建、稲垣次郎、ピアノでは八城一夫、世良譲大野雄二ベースでは栗田八郎、稲葉国光などが参加していた。

2000年代半ばに再評価の機運が高まり、主要盤はほぼ再発売された。

ディスコグラフィ[編集]

 アルバム [編集]

  • 白木秀雄(初リーダー・アルバム)
  • 祭りの幻想
  • プレイズ・ボッサ・ノバ
  • 白木秀雄リサイタル
  • プレイズ・ホレス・シルヴァー
  • ファンキー!登場
  • さくらさくら
  • ステレオ・ドラム
  • ブラック・モード

外部リンク[編集]