旅客施設使用料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旅客施設使用料、(: Passenger Facility Charge (PFC)[1] は、空港の整備に充てられる費用で、旅客施設使用料を設定している各空港管理会社に代わって、そこを発着する航空会社が徴収するものである。日本においては、以下の空港で旅客施設使用料を徴収している。また、旅客施設使用料は日本以外の国でも多くの国が設定している。

脚注[編集]

  1. ^ [1] Passenger Facility Charge (PFC) Program Airports 連邦航空局

外部リンク[編集]