エア・ドロミティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エア・ドロミティ
Air Dolomiti logo.svg
IATA
EN
ICAO
DLA
コールサイン
Dolomiti
設立 1989年
ハブ空港 ミュンヘン国際空港
フランクフルト空港
ウィーン国際空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ Senator Lounge
航空連合 スターアライアンス (ルフトハンザドイツ航空の協賛会社として)
保有機材数 14機(12機発注中)
就航地 22都市
本拠地 イタリア共和国ヴェネト州ヴェローナ
外部リンク http://www.airdolomiti.it/
テンプレートを表示
Air Dolomiti BAe 146

エア・ドロミティ (Air Dolomiti) はイタリアヴェローナに本拠を置く地域航空会社である。

概要[編集]

ルフトハンザの地域航空会社[1]の1つであり、約550名の従業員が働いている。主に、ルフトハンザのミュンヘン、フランクフルト及びウィーンのハブ空港と、他のヨーロッパ都市とを結ぶ路線で運航している。多くのルフトハンザの地域子会社は、ルフトハンザの名称と機体色で運航されているが、エア・ドロミティは独自性を維持している。機内誌Spazio Italia MagazineLufthansa Magazin(機内プログラム欄はない)である。この会社の名称は、ドロミテ地方として知られるイタリア北部アルプス山脈の高原山岳地域に由来している。

コードデータ[編集]

歴史[編集]

エア・ドロミティは、欧州航空業界の自由化の動きを受け、Leali Steel Group によって1989年に設立された。1991年に、中規模都市を中心とした運航をはじめ、1992年にはヴェローナからミュンヘンへの国際線サービスを始めた。2003年4月以来、エア・ドロミティはルフトハンザの地域航空会社の一員となっている。2014年7月からは、全日本空輸がフランクフルト=ヴェローナ線など6路線でコードシェアを開始した[1]

就航路線[編集]

2008年5月現在、国内12都市、国外5都市に就航。

保有機材[編集]

運航機材[編集]

2019年9月現在、エア・ドロミティの機材は以下の通りである。

エア・ドロミティ 運航機材一覧[2]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
C Y Total
エンブラエル190 9 No Data
エンブラエル195 14 3 16 104 120 うち1機はスターアライアンス特別塗装機
14 12

エア・ドロミティの平均的な機材年齢は2019年9月時点で9.2年である。

退役済機材[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エア ドロミティとのコードシェア開始について”. 2014年8月31日閲覧。
  2. ^ Air Dolomiti Fleet: guide to Embraer 195 aircrafts” (英語). www.airdolomiti.eu. 2019年10月5日閲覧。