ジャーマンウイングス9525便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャーマンウイングス 9525便
320 GERMANWINGS D-AIPX 147 10 05 14 BCN RIP (16730197959).jpg
2014年に撮影された事故機のD-AIPX
事件・インシデントの概要
日付 2015年3月24日 (2015-03-24)
概要 副操縦士による意図的な墜落
現場 フランスの旗 フランス
アルプ=ド=オート=プロヴァンス県プラド=オート=ブレオーヌ[1]
北緯44度16分53秒 東経6度26分23秒 / 北緯44.2814度 東経6.4398度 / 44.2814; 6.4398座標: 北緯44度16分53秒 東経6度26分23秒 / 北緯44.2814度 東経6.4398度 / 44.2814; 6.4398[1]立体地図[2]
乗客数 144
乗員数 6
死者数 150(全員)
生存者数 0
機種 エアバスA320-211
運用者 ドイツの旗 ジャーマンウイングス
機体記号 D-AIPX[3]
出発地 スペインの旗 スペイン
バルセロナ=エル・プラット空港
目的地 ドイツの旗 ドイツ
デュッセルドルフ空港
テンプレートを表示

ジャーマンウイングス9525便墜落事故(ジャーマンウイングス9525びんついらくじこ、ドイツ語: Germanwings-Flug 9525)は、2015年3月24日西・バルセロナから独・デュッセルドルフに向けて飛行していたドイツ格安航空会社(LCC)・ジャーマンウイングスの定期便がフランス南東部のアルプ=ド=オート=プロヴァンス県に墜落した航空事故である。

航空機と乗務員[編集]

事故の経過[編集]

9525便の飛行ルート(クリックで拡大)
9525便の飛行高度推移図
事故現場となった Massif des Trois-Évêchés

ジャーマンウイングス9525便(4U9525便)は、同社の定期運航便としてスペインバルセロナ=エル・プラット空港を定刻から26分遅れとなる10時1分(中央ヨーロッパ時間)に出発、デュッセルドルフ空港に向けて飛行していた[4]

バルセロナを離陸した後、地中海上空を高度38,000フィート(約11,600メートル)で飛行していたところ、午前10時30分頃にフランスのヴァール県上空において急に降下を開始し[5]、10時53分に高度6,000フィート(約1,800メートル)付近で管制レーダーから機影が消失し[6]アルプ=ド=オート=プロヴァンス県プラド=オート=ブレオーヌのアルプス山中に墜落した[2]。墜落した現場はフランス南東部のニースから北西およそ100キロメートルにあるアルプス山脈の標高2,000メートル付近で、ディーニュ=レ=バンバルスロネットの中間付近である[7]

機体および積み荷や遺体は、標高2,000メートル付近の岩肌と低木の入り交ざる斜面に約2キロメートルに渡り散乱しており衝撃の激しさを示している[8]。墜落までの間に、緊急事態宣言など一切の交信がなかった[9][10]。フランス当局は回収したボイスレコーダーの解析を行った。アルプスの急斜面への激しい衝突で機体は木っ端微塵で破片も散り散りになるほどであったため、機体後方にあり破損しにくいはずのボイスレコーダーも大きく破損していたが、音声解析に支障はなかった[11][12][13][14]

事故原因[編集]

事故直後には各国の専門家の推測が報道に寄せられたが、テロ犯行説には否定的なものが大半であった。

事故2日後にはボイスレコーダーの解析が進み、副操縦士による自殺行為の線が浮上した。これは墜落に至るまで操縦席と管制との交信が一切なかった、躊躇なく減速せず山へ突っ込んだ(アメリカ同時多発テロにおける一連の故意の地上への墜落のように木っ端微塵の残骸となった)、という経緯とも符合する。

以下に現在の旅客機の一般的な操縦室扉開錠の仕組みを示す[17][18]

  • 操縦室の扉は、外からは暗証番号で入室するナンバー錠方式
  • 機内にテロリストがいた場合などに備え、暗証番号入力に加えて、操縦席のレバー操作で施錠継続または即解錠を選択できる
  • 暗証番号入力後、レバーによる即解錠を促す呼び出し音が鳴るが、放置しても数十秒後に解錠される
  • インターフォンで呼びかけて即解錠してもらうこともできる

事故直前、急降下前に機長が離席し室外に出て、戻ったところ暗証番号ではドアが開かず、何度ドアを叩いてもインターフォンで呼びかけても操縦席から反応がなく、しまいにはドアを破壊しようとしていた痕跡があり、その音声記録はドア施錠後から墜落に至るまで会話や発声が一切なかったという[19][14]

この日の現地時間13:00過ぎ、事故の捜査を進めているフランスのマルセイユ検察が行った記者会見で、そうした事実が公式に発表された。また副操縦士は、最後まで正常な意識がある状態であり、飛行機を破壊したいと考えていた可能性が高い、としたが、テロではなく、自殺だという認識を示した[20][21]

これを受けて容疑者の母国であるドイツの検察当局は26日、事故現場であるフランスの検察当局の要請もあり、容疑者宅を殺人容疑を視野に家宅捜索し、親族や知人にも事情聴取した。聴取および取材に対し知人の1人は、本人が訓練中に休養した時期の様子について「燃え尽き症候群のようで相当落ち込んでいた」と証言している。また今回の事故を受けて航空各社は再発防止策として、操縦室には常に2名以上を配置することなどを発表した[22]

こうした操縦士の暴挙による墜落事故は以前から、各国の旅客機運航で何度か発生している(関連項目」も参照)が、これについて日本の専門家は、LCC普及に伴う賃金ダンピングや就業時間の増加が背景にあると指摘している[23]。一方で、事故を機に「LCCは危ない」といったマスメディアの決めつけに警鐘を鳴らす専門家の声もある[24]

27日のドイツ検察の発表によると、容疑者は医師の診察を受けて「乗務禁止」を幾度も診断されながらもこれを隠していたことが明らかになり、それが明記された事故当日の診断書も見つかった[25]。またドイツ現地紙はこの日、容疑者が失恋に悩んでいたことも報じている[26]。この現地紙が28日に掲載した恋人へのインタビューでは、薄給の割に仕事へのプレッシャーが多いことへの不満を漏らし、精神科の診察を受けていることを告白され、実際に精神不安定な面があったと言い、「そのために機長への夢を絶たれたと悲観したのではないか」と告白している。またフランスの大手無料紙によると、容疑者は幾度も墜落現場の近隣、ディーニュから北西20キロメートルにあるシストロンにレジャーで訪れていたと言い、レジャークラブの職員は、わざわざこちらへ墜落しにきたのではないかと記者に語った[27]。またドイツ紙によると、網膜剥離の視力低下により治療していたことも判明し、これも職務続行困難の要因となり、犯行動機となった可能性があるという[28]

その後の現地調査の進行により、フライトレコーダーが回収され、操縦の詳しい経緯も判明した。副操縦士は機体が下降姿勢に移ったあとも幾度も加速を繰り返しており、激突後に山の斜面に遺体や瓦礫が深く食い込んで細かく砕け散っていた理由を裏付けている[29]。また、機長がトイレにいくよう仕向けるために飲み物に薬物を混入した可能性が捜査によって浮上している[30]

2016年3月14日にBEAが最終報告書を発表。副操縦士による故意の墜落と断定された。また、操縦士の精神疾患の際、医師の守秘義務解除に関してルールを明確化するように提言された[31][32]

機体[編集]

事故当該機はエアバスA320-211機体記号:D-AIPX、1990年製造、製造番号:147、定員:168名)で、1991年にエアバス社からジャーマンウイングスの親会社であるルフトハンザドイツ航空へ新造機として引き渡された後、2003年にジャーマンウイングスへ移籍。その後2004年にルフトハンザへ戻り、 2014年1月31日に再びルフトハンザからジャーマンウイングスに移籍した中古機[33]であった。

事故時点での機齢は24.3年[33][34]で、これまでの飛行時間は58,300時間である[35]重整備は2013年夏、最後の整備は事故前日の2015年3月23日に行われていた[35]。当該機はこれまでに重大事故に遭遇した記録はない。

エアバスA320とその派生型は、1987年の初飛行以来、シリーズ全体で6,400機以上が生産された、エアバスのベストセラー機で、格安航空会社に限らず、各国のフラッグ・キャリアでも採用されている。

乗客・乗員[編集]

事故の激しい衝撃から、事故直後より乗員乗客は全員死亡と断定する報道が相次いだ[36]。当初は乗客のほとんどがドイツ人であると報道されたが、後に、スペイン人が45名とトルコ人が数名搭乗していたとの情報をスペイン政府が発表した[37][38]。 ジャーマンウイングスは67名のドイツ国籍者が搭乗していたと発表し、その中には交換留学先から帰国するドイツのヨーゼフ・ケーニッヒ高校(Joseph-König-Gymnasium, ドイツ語版)の生徒16名および教員2名が含まれていたという。

このように事故直後には搭乗者数の情報が錯綜し、25日時点で乗客144名と乗員6名が搭乗していたことが確認されている。乗客の国籍は以下の表のとおり。また、搭乗者名簿に日本人男性2名が含まれていることも確認されており[39]、日本政府により安否確認の調査が行われた[35]。同時に、日本企業の社員である現地人も名簿に含まれており、関係各社が安否確認を行った[40]

ジャーマンウイングスの公式発表によれば、9525便は同社とルフトハンザで10年の経験を持つ機長が操縦していたという[38]が、前述の通り墜落を仕組んだ操縦者は副操縦士であった。

搭乗者の人数と国籍[41]
国籍 人数 出典
ドイツの旗 ドイツ 72 [42]
スペインの旗 スペイン 51 [43]
カザフスタンの旗 カザフスタン 3 [44]
イギリスの旗 イギリス 3 [45]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 [46]
オーストラリアの旗 オーストラリア 2 [47]
コロンビアの旗 コロンビア 2 [48]
イランの旗 イラン 2 [49]
日本の旗 日本 2 [39]
メキシコの旗 メキシコ 2 [50]
モロッコの旗 モロッコ 2 [51]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 2 [52]
ベネズエラの旗 ベネズエラ 2 [53]
ベルギーの旗 ベルギー 1 [54]
チリの旗 チリ 1 [55]
デンマークの旗 デンマーク 1 [56]
イスラエルの旗 イスラエル 1 [57]
オランダの旗 オランダ 1 [58]
トルコの旗 トルコ 1 [59]
合計 150

航空会社・関係機関・各国の反応[編集]

墜落事故を受けてケルンのジャーマンウイングス本社では社旗を半旗にした。
ジャーマンウイングスおよびルフトハンザドイツ航空
ジャーマンウイングスの親会社であるルフトハンザドイツ航空は事故後に「9525便に何が起きたかは不明であり、我々はさらなる情報収集に全力を尽くす。(事故が起きた日は)ルフトハンザにとって暗黒の日であり、生存者が発見されることを願っている」[4]という声明を発表した。
ジャーマンウイングスおよびルフトハンザドイツ航空は乗客・乗員の無事を祈るため、公式サイトや公式SNSのロゴをグレースケールのものに変更し[4]、「#indeepsorrow」(深い悲しみの中にある)という言葉をロゴの下に書き加えている[60][61]
国際定期航空操縦士協会連合会(IFALPA)
航空会社のパイロットで構成される同会は、事故直後にコクピットボイスレコーダー(CVA)の記録内容がリークされた事に対し、国際合意のある原則(ICAO Annex 13)に違反すると指摘し、非難する声明を発表した[62]
フランス
フランスのフランソワ・オランド大統領は事故発生後に開いた会見の中で、「状況は明らかになっていないが、生存者はいないであろう」という見方を明らかにし、その上で、現場に捜査当局を派遣して、原因の究明を急ぐ方針を示し[63]、カズヌーブ内相を現地に派遣[64]フランス内務省は「墜落したエアバス機の残骸がフランス南東部のバルスロネット近くで見つかった」と発表した[65]。そのため、救助活動を始めているという[66]。フランスのバルス首相は「142人から150人が死亡したのではないか」としたうえで、「墜落の原因はわからない」と話している[65]。オランド大統領は「乗客の多くがドイツ人だった」とした上で、墜落した場所は「近づくのが難しい場所だ」と指摘[64]。また、オランド大統領は24日にも、スペイン国王のフェリペ6世とドイツのアンゲラ・メルケル首相と電話で協議することにしている[64]
スペイン
事故当時、国賓としてパリに向かっていたフェリペ6世国王は、「オランド大統領およびスペインのマリアーノ・ラホイ・ブレイ首相との会談により、フランスへの公式訪問を延期することに決定した」と述べ、滞在を切り上げてスペインへの帰国を早めることを明らかにした[67]
ドイツ
ドイツのメルケル首相は事故翌日には現場に向かうことを表明した[68]。また、「ドイツ・フランス・スペインが、この事故によって深く喪に服すことになった」と述べている。
各国・地域の行政機関
欧州航空安全機関(EU)
欧州連合で航空分野を担当する専門機関の欧州航空安全機構(EASA)は、航空機の運航中は操縦室内に常時二人がいることを求める暫定勧告を3月27日に出した[69]
国土交通省(日本)
太田昭宏国土交通大臣は3月31日の閣議後会見で「操縦室での常時2人体制の義務付けについて、航空会社と連携して日本でも検討を進めたい」と述べた[70]。その後、4月28日付で日本国内の航空会社に対して、操縦室内に2人以上が常駐することを暫定的に義務付けた[71][72]。従来の航空法などの規則では、操縦士1人が離席した際の規則は各航空会社に委ねられており、操縦室に客室乗務員を配置するなどして2名体制を維持することは義務付けられていなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b What Happened on the Germanwings Flight” (英語). New York Times. 2015年3月25日閲覧。
  2. ^ a b Lieu précis du crash”. Flight-Report (Twitter) (2015年3月25日). 2015年3月30日閲覧。
  3. ^ D-AIPX” (英語). Flightradar24. 2015年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c Tadayuki YOSHIKAWA (2015年3月24日). “ジャーマンウイングスのA320、仏南東部で墜落”. AviationWire. http://www.aviationwire.jp/archives/57933 2015年3月30日閲覧。 
  5. ^ 航空便追跡ログ - GWI9525”. FlightAware. 2015年3月30日閲覧。
  6. ^ Simon Hradecky (2015年3月24日). “Crash: Germanwings A320 near Barcelonnette on Mar 24th 2015, lost height and impacted terrain” (英語). The Aviation Herald. http://avherald.com/h?article=483a5651&opt=0 2015年3月30日閲覧。 
  7. ^ “【独旅客機墜落】「生存者いない」と仏大統領 標高2000メートルの南仏山中、残骸発見の報道 148人乗りエアバス機、離陸1時間後に救難信号”. 産経ニュース. (2015年3月24日). http://www.sankei.com/world/news/150324/wor1503240049-n1.html 2015年3月24日閲覧。 
  8. ^ 増田啓佑 (2015年3月24日). “山中に機体の残骸散乱 独LCC機墜落”. 朝日新聞. 2015年3月24日閲覧。
  9. ^ “Germanwings plane 4U 9525 crashes in French Alps - no survivors” (英語). BBC. (2015/3/24 23:00GMT). http://www.bbc.com/news/world-europe-32030270 2015年3月30日閲覧。 
  10. ^ “航空評論家「トラブルで急降下 山に衝突か」”. NHK. (2015年3月25日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027111000.html 2015年3月30日閲覧。 
  11. ^ Kim Willsher (2015年3月24日). “Germanwings crash: recovery effort resumes as Alps disaster remains a mystery”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2015/mar/24/germanwings-plane-black-box-found-as-investigators-reach-crash-site 2015年3月30日閲覧。 
  12. ^ “墜落から一夜明け捜索再開 安否確認など急ぐ”. NHK. (2015年3月25日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027641000.html 2015年3月30日閲覧。 
  13. ^ “ドイツ機墜落 山肌に粉々の破片 急斜面危険な捜索”. 東京新聞 夕刊. (2015年3月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015032502000245.html 2015年3月30日閲覧。 
  14. ^ a b “墜落したドイツ機から回収されたボイスレコーダー(AP)”. 産経新聞. (2015年3月26日). http://www.sankei.com/world/photos/150326/wor1503260009-p2.html 2015年3月30日閲覧。 
  15. ^ “機体異常で機内が急減圧、急降下か…専門家分析”. 読売新聞. (2015年3月25日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150325-OYT1T50048.html 2015年3月30日閲覧。 
  16. ^ “ドイツ機墜落事故 同型機で過去に不具合報告も”. FNN. (2015年3月25日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00288893.html 2015年3月30日閲覧。 
  17. ^ 宮川裕章; 篠田航一 (2015年3月26日). “独旅客機:副操縦士が意図的に墜落させる 仏検察当局”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150327k0000m030110000c.html 2015年3月30日閲覧。 
  18. ^ “Germanwings crash: airliners change cockpit rules after co-pilot blamed – as it happened” (英語). The Guardian. (2015年3月26日). http://www.theguardian.com/world/live/2015/mar/26/germanwings-plane-crash-investigation-press-conference-live-updates-4u9525#block-5513eb95e4b02bbe86a71b4b 2015年3月30日閲覧。 
  19. ^ “操縦士1人、コックピットに戻れず=独墜落機ボイスレコーダー分析-米紙”. 時事通信. (2015年3月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032600433 2015年3月30日閲覧。 
  20. ^ Mark Tran; Alan Yuhas (2015年3月26日). “Germanwings crash: airliners change cockpit rules after co-pilot blamed – as it happened” (英語). The Guardian live update. http://www.theguardian.com/world/live/2015/mar/26/germanwings-plane-crash-investigation-press-conference-live-updates-4u9525 2015年3月30日閲覧。 
  21. ^ “副操縦士 故意に墜落させようとしたか”. NHK. (2015年3月26日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150326/k10010029051000.html 2015年3月30日閲覧。 
  22. ^ 玉川透; 青田秀樹 (2015年3月27日). “副操縦士の自宅を捜索 「燃え尽き症候群のようだった」”. 朝日新聞 有料版. http://www.asahi.com/articles/ASH3W2FT1H3WUHBI00C.html 2015年3月29日閲覧。 
  23. ^ “クローズアップ2015:独旅客機「意図的墜落」 28歳副操縦士なぜ 責任感強く、物静か”. 毎日新聞. (2015年3月27日). http://mainichi.jp/shimen/news/20150327ddm003030112000c.html 2015年3月29日閲覧。 
  24. ^ 「LCCだから危ない」は本当か(吉川忠行) - 日経ビジネス 2015年4月1日付
  25. ^ “旅客機墜落 副操縦士に「勤務できない」と診断書”. NHK. (2015年3月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150327/k10010030331000.html 2015年3月29日閲覧。 
  26. ^ “独機墜落、当日「勤務不可」=家宅捜索で診断書押収-抑うつ症状で受診か・副操縦士”. 時事通信. (2015年3月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032700999 2015年3月29日閲覧。 
  27. ^ 篠田航一; 宮川裕章 (2015年3月28日). “独機墜落、当日「勤務不可」=家宅捜索で診断書押収-抑うつ症状で受診か・副操縦士”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150329k0000m030113000c.html 2015年3月29日閲覧。 
  28. ^ “旅客機墜落 副操縦士は目の病気で治療か”. NHK. (2015年3月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150329/k10010031841000.html 2015年3月29日閲覧。 
  29. ^ “副操縦士が降下を加速する操作、何度も 独機墜落”. CNN. (2015年4月4日). http://www.cnn.co.jp/world/35062715.html 2015年4月14日閲覧。 
  30. ^ “独墜落機、副操縦士が機長の飲み物に薬物混入か”. WSJ. (2015年4月9日). http://jp.wsj.com/articles/SB11340384235203263823104580571423253862564 2015年4月14日閲覧。 
  31. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3080253
  32. ^ http://www.cnn.co.jp/world/35079469.html
  33. ^ a b D-AIPX Germanwings Airbus A320-200 - cn 147
  34. ^ ベルリン=玉川透 (2015年3月24日). “独LCCのエアバス機、仏南部で墜落 150人乗り”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH3S6JQDH3SUHBI035.html 2015年3月24日閲覧。 
  35. ^ a b c “ジャーマンウィングスのブラックボックスを一部回収、フランス内務省”. Flyteamニュース. (2015年3月25日10時55分更新). http://flyteam.jp/news/article/48018 
  36. ^ “仏南部で独旅客機墜落、150人全員絶望か フランスのフランソワ・オランド大統領はテレビでの記者会見で「事故の状況から生存者はいないもようだ」と語った。”. WSJ. (2015年3月24日). http://jp.wsj.com/articles/SB12371367657780613424004580537813421218760 
  37. ^ News of passengers”. ABC news. 2015年3月24日閲覧。
  38. ^ a b News of passengers”. BBC news. 2015年3月24日閲覧。
  39. ^ a b “ドイツ機墜落 日本人2人の名前発表”. NHK. (2015年3月25日10時40分). オリジナル2015年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150327191038/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027041000.html 
  40. ^ “墜落機、日系企業の関係者も搭乗か 地元紙報道”. 朝日新聞. (2015年3月25日13時06分). http://www.asahi.com/articles/ASH3T312GH3TUHBI00W.html 
  41. ^ Airbus A320 Crash in France”. BBC News. 2015年3月24日閲覧。
  42. ^ “Live: 72 deutsche Opfer bei Germanwings-Absturz”. n-tv. (2015年3月25日). http://www.n-tv.de/newsletter/breakingnews/72-deutsche-Opfer-bei-Germanwings-Absturz-article14773486.html 2015年3月25日閲覧。 
  43. ^ “72 Deutsche waren an Bord der Unglücksmaschine”. FAZ.net. (2015年3月25日). http://www.elmundo.es/espana/2015/03/25/55129152e2704ee7018b4580.html 2015年3月25日閲覧。 
  44. ^ “На борту разбившегося во Франции самолета находились трое граждан Казахстана [On board the aircraft crashed in France were three citizens of Kazakhstan]” (ロシア語). Interfax. (2015年3月25日). http://www.interfax.ru/world/432010 2015年3月25日閲覧。 
  45. ^ Alps air crash 'killed three Britons'”. BBC News Online. 2015年3月25日閲覧。
  46. ^ “Quiénes eran los argentinos fallecidos en la tragedia aérea de Germanwings en Francia [Who were the Argentinians who died in the Germanwings tragedy in France]” (スペイン語). (2015年3月24日). http://www.infobae.com/2015/03/24/1717942-quienes-eran-los-argentinos-fallecidos-la-tragedia-aerea-germanwings-francia 2015年3月25日閲覧。 
  47. ^ “Aussies onboard”. The Guardian. (2015年3月24日). http://www.theguardian.com/world/2015/mar/25/germanwings-plane-crash-julie-bishop-confirms-two-australians-on-board 2015年3月24日閲覧。 
  48. ^ Dos colombianos viajaban en el avión que chocó en los Alpes franceses” [Two Colombians were aboard the plane that crashed in the French Alps] (es). Caracol Radio (2015年3月24日). 2015年3月24日閲覧。
  49. ^ “Tasnim Reporter Among Germanwings Crash Victims [Tasnim Reporter Among Germanwings Crash Victims]” (英語). Tasnim News Agency. (2015年3月25日). http://www.tasnimnews.com/english/Home/Single/694374 2015年3月25日閲覧。 
  50. ^ “SRE identifica a 2 mexicanas que murieron en avionazo” (Spanish). Mexico City: Milenio. (2015年3月25日). http://www.milenio.com/internacional/mexicanos_accidente_avion_Francia-avionazo_Francia-aerolinea_Germanwings-Daniela_Ayon_0_487751273.html 2015年3月25日閲覧。 
  51. ^ ثنائي مغربي ضمن ضحايا الطائرة المتحطّمة على التراب الفرنسي” [Two Moroccan victims were in the plane that crashed on French soil] (ar). hespress.com (2015年3月24日). 2015年3月24日閲覧。
  52. ^ Germanwings CEO: Americans on board crashed flight”. CBS News (2015年3月25日). 2015年3月25日閲覧。
  53. ^ “Germanwings Flight 4U9525 victims include opera singers, high school students”. cbc.ca. (2015年3月25日). http://www.cbc.ca/news/world/germanwings-flight-4u9525-victims-include-opera-singers-high-school-students-1.3008457 2015年3月25日閲覧。 
  54. ^ Redactie (2015年3月24日). “Belg onder doden vliegtuigcrash [Belgian among the dead in airplane crash]” (オランダ語). AD. http://www.ad.nl/ad/nl/34341/Crash-Airbus-Frankrijk/article/detail/3923529/2015/03/24/Belg-onder-doden-vliegtuigcrash.dhtml 2015年3月24日閲覧。 
  55. ^ Chilena figura entre las víctimas fatales de avión accidentado en Francia” [Chilean among the dead victims of the plane accident in France] (es). EMOL. 2015年3月25日閲覧。
  56. ^ Gudmund de Stordeur (2015年3月24日). “Dansker blandt de omkomne i flystyrt” [Dane died in plane crash] (da). nyhederne.tv2.dk. TV 2. 2015年3月24日閲覧。
  57. ^ Itamar Eichner (2015年3月24日). “Israeli among 150 killed in Germanwings crash named”. www.ynetnews.com. http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4640615,00.html 2015年3月24日閲覧。 
  58. ^ “Zeker één Nederlandse dode bij crash Frankrijk [Certainly one Dutch dead in crash France]” (オランダ語). nos.nl. http://nos.nl/artikel/2026666-zeker-een-nederlandse-dode-bij-crash-frankrijk.html 2015年3月24日閲覧。 
  59. ^ “One Turkish-German among 150 victims in Germanwings plane crash”. Hürriyet Daily News. (2015年3月24日). http://www.hurriyetdailynews.com/one-turkish-german-among-150-victims-in-germanwings-plane-crash.aspx?pageID=238&nID=80101&NewsCatID=351 2015年3月24日閲覧。 
  60. ^ Lufthansa 公式Twitter - インターネットアーカイブによる2015年3月25日時点のキャッシュ
  61. ^ Germanwings 公式Twitter - インターネット・アーカイブによる2015年3月25日時点のキャッシュ
  62. ^ ジャーマンウィングス墜落、パイロット連合がCVRのリークを非難する声明 - Flyteamニュース(2015年3月27日付)
  63. ^ “148人が乗った独航空機が墜落 仏南部”. 日テレNEWS24. (2015年3月24日). http://news24.jp/articles/2015/03/24/10271633.html 2015年3月24日閲覧。 
  64. ^ a b c パリ=竹内康雄 (2015年3月24日). “仏南東部で独旅客機墜落 乗客乗員148人が搭乗 大統領「生存者はいないよう」”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H9C_U5A320C1CR8000/ 2015年3月24日閲覧。 
  65. ^ a b “フランス南部でドイツの旅客機墜落、148人が搭乗”. TBS. (2015年3月24日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2452696.html 2015年3月24日閲覧。 
  66. ^ パリ宮川裕章 (2015年3月24日). “独旅客機:仏山岳地帯に墜落 148人搭乗”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20150325k0000m030110000c.html 2015年3月24日閲覧。 
  67. ^ “Germanwings Airbus A320 crash in France”. BBC. http://www.bbc.com/news/live/32030778 
  68. ^ “'No survivors expected' as Airbus A320 crashes into French Alps”. ITV news. http://www.itv.com/news/update/2015-03-24/angela-merkel-to-travel-to-germanwings-crash-site/ 
  69. ^ “操縦室2人常駐勧告 欧州航空安全庁が暫定措置”. 東京新聞. (2015年3月28日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015032802000266.html 
  70. ^ “日本も操縦室の「常時2人体制」導入検討 太田国交相”. 産経ニュース. (2015年3月31日). http://www.sankei.com/life/news/150331/lif1503310017-n1.html 
  71. ^ 国交省、操縦室の2人常駐義務化 - AviationWire(2015年4月29日付)
  72. ^ ジャーマンウィングス機の事故に関連した安全対策の実施について - 国土交通省公式サイト(2015年4月28日)

関連項目[編集]

パイロットの意図的な操作による航空事故(未遂・断定不能、また犯人が操縦士ではないが自殺目的で機体を破壊した事例も含む)

この事故を扱った番組[編集]

外部リンク[編集]