エーデルワイス航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エーデルワイス航空
Edelweiss Air Airbus A340-300 on finals at Zurich.jpg
IATA
WK
ICAO
EDW
コールサイン
Edelweiss
設立 1995年
ハブ空港 チューリッヒ空港
保有機材数 16機
親会社 スイス インターナショナル エアラインズ
本拠地 スイス チューリッヒ
代表者 Karl Kistler (CEO)
外部リンク http://www.edelweissair.com/
テンプレートを表示

エーデルワイス航空Edelweiss Airエイデルヴァイス・エア) は、スイスの航空会社。

概要[編集]

スイスのチューリッヒを本拠地とする航空会社。スイスの旅行会社Kuoni Travelの子会社として創立、2008年2月8日にスイス インターナショナル エアラインズが同社から営業権の譲渡を受けて子会社とした。チャーターがメインだったが、スイスインターナショナルエアラインズとの共同運航便を中心に定期便も数多く運航する。スイスインターナショナルエアラインズ便名で世界の主要都市へ乗り入れることが多く、LX機材がメンテナンスなどで不足した場合でもそのまま使用する機会が多い。

2007年7月17日、新千歳空港にチャーター便を運航した。その後、仙台空港広島空港関西国際空港中部国際空港福岡空港に就航した。 2009年には、16便(8往復)の運航を計画、7月には新規開港の静岡空港へ就航[1]、2010年には成田空港高知空港岡山空港へもチャーター便を就航させた。

2012年5月26日からチューリッヒ-東京(成田)線を運航開始。成田発は日曜日の週1便で、スイスインターナショナルエアラインズ便名で就航。6月21日からは木、日の週2便に増便予定。機材はいずれもA330-200型。

保有機材[編集]

エアバスA340-300
エアバスA330-200
エアバスA330-300
エアバスA320-200

2019年9月現在、エーデルワイス航空の機材は以下の通りである。

エーデルワイス航空 運航機材一覧[2]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
C PY Y Total
エアバスA320-200 10 174 174
エアバスA330-300 2 27 56 232 315
エアバスA340-300 4 27 76 211 314
16 0

脚注[編集]

  1. ^ エーデルワイス航空、09年は日本発チャーター16本に増加、静岡空港発も トラベルビジョン
  2. ^ Fleet” (英語). www.flyedelweiss.com. 2019年10月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]