メキシコ・シティ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メキシコ・シティ国際空港
Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México
Mexico City International Airport
AICM AIR T2.jpg

IATA:MEX-ICAO:MMMX

MEX/MMMXの位置(メキシコ内)
MEX/MMMX
MEX/MMMX
メキシコ国内での空港位置
MEX/MMMXの位置(シウダ・デ・メヒコ内)
MEX/MMMX
MEX/MMMX
メキシコシティ内での空港位置
概要
国・地域 メキシコの旗 メキシコ合衆国
所在地 メキシコシティ
種類 民間
所有者 Grupo Aeroportuario de la Ciudad de México
運営者 Aeropuertos y Servicios Auxiliares
拠点航空会社 アエロメヒコ航空
インテルジェット
エアロマール航空
標高 2,230 m (7,316 ft)
座標 北緯19度26分10秒 西経99度4分19秒 / 北緯19.43611度 西経99.07194度 / 19.43611; -99.07194座標: 北緯19度26分10秒 西経99度4分19秒 / 北緯19.43611度 西経99.07194度 / 19.43611; -99.07194
ウェブサイト www.aicm.com.mx
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
05R/23L 3,900×45 アスファルト
05L/23R 3,952×45 アスファルト
統計 (2009年)
旅客数 24,243,056人
貨物取扱量 321,133トン
発着回数 348,306回
リスト
空港の一覧

メキシコ・シティ国際空港(メキシコ・シティこくさいくうこう、スペイン語: Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México, 英語: Mexico City International Airport)は、メキシコ合衆国首都メキシコシティにある国際空港ベニート・フアレス国際空港Aeropuerto Internacional Licenciado Benito Juárez)とも呼ばれる。

概要[編集]

中南米のハブ空港[編集]

メキシコシティの中心部から約8キロメートルの距離に位置する、メキシコシティ唯一の国際空港で、かつメキシコ及び中南米最大級の国際空港である。

中心部近郊にあるにも関わらず24時間運営している上、中南米におけるハブ空港的存在であることから、メキシコ国内から諸外国への乗り継ぎだけではなく、南北アメリカの主要都市間や、南米諸国とヨーロッパ諸国の主要都市などとの間の乗り継ぎに多く利用される。このため、空港ターミナルに直結したホテルが用意されている他、多くのカフェレストランも営業している。

標高2,230メートル[編集]

空港の標高が約2,230メートルであり、世界各国の主要国際空港の中でも高い[3]。大気中の酸素濃度が薄いことから、空港内には常に酸素ボンベが常備されている。

なお、酸素濃度が薄いことから、航空機のエンジンの燃焼効率が低下し、滑走路長が4,000メートル近くあるにもかかわらず離陸時に充分な速度が得られない上に揚力も弱くなるため、メキシコシティ発成田国際空港行きの無着陸直行便などの超長距離便の運航は難しい(着陸には問題ない)。但し、2016年1月よりアエロメヒコ航空が燃費効率向上及び航続距離の長いボーイング787を使用して、成田行きを直行便化させた。

着陸のドラマ[編集]

着陸のドラマ

着陸時にスリルを味わえる空港として、廃止となった旧香港啓徳空港が有名だが、メキシコ国際空港に関しても市街地に近い空港であることから、旧香港と負けず劣らずの着陸のドラマが味わえる。着陸前の低空飛行時は大都市メキシコ市内上空を通過し、中心部の高層ビルを見ることができる。また着陸時には真下に民家が見え、まるで民家の中に不時着するかのようなスリルが体験できる。

ただし、深刻な汚染が問題となっている光化学スモッグが発生しているため、快晴の日でさえも(雨の降った直後の晴天を除いては)市内全景をはっきりと見ることはできない。なお1987年には、離陸後にエンジントラブルを起こしたダグラスDC-3型機が、空港から数キロ離れた高層ビルに接触する事故を起こしている。

モービルラウンジ[編集]

航空機への搭乗及び降機時に通常はボーディングブリッジを使用するが、ボーディングブリッジの空きがないときは、乗客がに濡れないように「モービルラウンジ」と呼ばれる乗り物を使用する世界でも数少ない空港である。

就航航空会社と就航都市[編集]

アエロメヒコ航空やアステカ航空などメキシコの大手航空会社のハブ空港となっている他、中南米諸国をはじめ世界各国から多数の航空会社が乗り入れており、メキシコ国内やカリブ海沿岸諸国だけでなく南北アメリカやヨーロッパ諸国、アジア諸国などへの便が多数就航している。

国際線[編集]

第1ターミナル[編集]

航空会社 就航地
メキシコの旗 インテルジェット エルドラド国際空港ボゴタ)、ラ・アウロラ国際空港グアテマラシティ)、ホセ・マルティ国際空港ハバナ)、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港ヒューストン)、マイアミ国際空港マイアミ)、ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、サンアントニオ国際空港サンアントニオ)、フアン・サンタマリーア国際空港サンホセ)、フアン・グアルベルト・ゴメス空港英語版バラデーロ
メキシコの旗 ボラリス シカゴ・オヘア国際空港シカゴ)、デンバー国際空港デンバー)、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港フォートローダーデール)、マッカラン国際空港ラスベガス)、ロサンゼルス国際空港ロサンゼルス)、オーランド国際空港オーランド)、サンディエゴ国際空港サンディエゴ
カナダの旗 エア・カナダ トロント・ピアソン国際空港トロント)、バンクーバー国際空港バンクーバー
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 シャーロット・ダグラス国際空港シャーロット)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、ダラス・フォートワース国際空港ダラス)、マイアミ国際空港(マイアミ)、ロサンゼルス国際空港ロサンゼルス)、フェニックス・スカイハーバー国際空港フェニックス
アメリカ合衆国の旗 ジェットブルー航空 フォートローダーデール・ハリウッド国際空港フォートローダーデール)、オーランド国際空港(オーランド)
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港ヒューストン)、ニューアーク・リバティー国際空港(ニューヨーク)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、デンバー国際空港(デンバー)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)、サンフランシスコ国際空港サンフランシスコ)、ワシントン・ダレス国際空港ワシントンD.C.
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・エクスプレス ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(ヒューストン)
アメリカ合衆国の旗 サウスウエスト航空 ウィリアム・P・ホビー空港ヒューストン)、ジョン・ウェイン空港サンタアナ)、サンアントニオ国際空港(サンアントニオ)
コロンビアの旗 アビアンカ航空 エルドラド国際空港ボゴタ
エルサルバドルの旗 アビアンカ・エルサルバドル エルサルバドル国際空港サンサルバドル
ペルーの旗 アビアンカ・ペルー英語版 ホルヘ・チャベス国際空港リマ
キューバの旗 クバーナ航空 ホセ・マルティ国際空港(ハバナ)
ブラジルの旗 TAM航空 グアルーリョス国際空港サンパウロ
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン・ヒースロー空港ロンドン
フランスの旗 エールフランス航空 パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
スペインの旗 イベリア航空 アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港マドリード
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム・スキポール空港アムステルダム
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト空港フランクフルト)、ミュンヘン空港ミュンヘン

第2ターミナル[編集]

航空会社 就航地
メキシコの旗 アエロメヒコ航空 エルドラド国際空港ボゴタ)、ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港ボストン)、 エセイサ国際空港ブエノスアイレス)、シモン・ボリバル国際空港カラカス)、シカゴ・オヘア国際空港シカゴ)、ホセ・マルティ国際空港ハバナ)、マッカラン国際空港ラスベガス)、ホルヘ・チャベス国際空港リマ)、ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、ロサンゼルス国際空港ロサンゼルス)、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港マドリード)、ホセ・マリア・コルドバ国際空港英語版メデジン)、マイアミ国際空港マイアミ)、モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港モントリオール)、ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、オンタリオ国際空港オンタリオ)、オーランド国際空港オーランド)、トクメン国際空港パナマ市)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ)、マリスカル・スクレ国際空港キト)、サクラメント国際空港サクラメント)、サンフランシスコ国際空港サンフランシスコ)、フアン・サンタマリーア国際空港サンホセ)、アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港サンティアゴ)、グアルーリョス国際空港サンパウロ)、浦東国際空港上海)、成田国際空港千葉県)、トロント・ピアソン国際空港トロント)、バンクーバー国際空港バンクーバー)、ワシントン・ダレス国際空港ワシントンD.C.
メキシコの旗 アエロメヒコ・コネクト英語版 ダラス・フォートワース国際空港ダラス)、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港ヒューストン)、マイアミ国際空港マイアミ)、ラ・アウロラ国際空港グアテマラシティ)、マナグア国際空港マナグアサンアントニオ国際空港サンアントニオ)、ラモン・ビジェダ・モラレス国際空港サン・ペドロ・スーラ)、エルサルバドル国際空港サンサルバドル
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港アトランタ)、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(デトロイト)、ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、ソルトレイクシティ国際空港ソルトレイクシティ
パナマの旗 コパ航空 トクメン国際空港(パナマ市)
コロンビアの旗 コパ・コロンビア航空英語版 エルドラド国際空港(ボゴタ)
チリの旗 ラン航空 アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港サンティアゴ
ペルーの旗 ラン・ペルー航空 ホルヘ・チャベス国際空港(リマ)

国内線[編集]

航空会社 就航地
メキシコの旗 アエロメヒコ航空 アカプルコ・アルバレス国際空港アカプルコ)、カンクン国際空港カンクン)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港グアダラハラ)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港メリダ)、モンテレイ国際空港モンテレイ)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港ティフアナ)、アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港チアパス州)、ビヤエルモサ国際空港ビヤエルモサ
メキシコの旗 アエロメヒコ・コネクト英語版 アカプルコ・アルバレス国際空港(アカプルコ)、カンクン国際空港(カンクン)、アブラハム・ゴンザレス国際空港シウダー・フアレス)、コスメル国際空港コスメル)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港(グアダラハラ)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(メリダ)、ケツァルコアトル国際空港ヌエボ・ラレド)、ソソコトラン国際空港オアハカ)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(ティフアナ)、アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港(チアパス州)、ベラクルス国際空港ベラクルス)、ビヤエルモサ国際空港(ビヤエルモサ)
メキシコの旗 インテルジェット アカプルコ・アルバレス国際空港(アカプルコ)、カンクン国際空港(カンクン)、チェトゥマル国際空港チェトゥマル)、アブラハム・ゴンザレス国際空港(シウダー・フアレス)、コスメル国際空港]](コスメル)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港(グアダラハラ)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(メリダ)、モンテレイ国際空港(モンテレイ)、ソソコトラン国際空港(オアハカ)、プエルト・エスコンディード国際空港プエルト・エスコンディード)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(ティフアナ)、アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港(チアパス州)、ベラクルス国際空港(ベラクルス)、ビヤエルモサ国際空港(ビヤエルモサ)
メキシコの旗 ビバアエロバス英語版 カンクン国際空港(カンクン)、アブラハム・ゴンザレス国際空港(シウダー・フアレス)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港(グアダラハラ)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(メリダ)、モンテレイ国際空港(モンテレイ)、プエルト・エスコンディード国際空港(プエルト・エスコンディード)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(ティフアナ)、アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港(チアパス州)、ビヤエルモサ国際空港(ビヤエルモサ)
メキシコの旗 ボラリス アカプルコ・アルバレス国際空港(アカプルコ)、カンクン国際空港(カンクン)、チェトゥマル国際空港(チェトゥマル)、アブラハム・ゴンザレス国際空港(シウダー・フアレス)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港(グアダラハラ)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(メリダ)、モンテレイ国際空港(モンテレイ)、ソソコトラン国際空港(オアハカ)、ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(ティフアナ)、アンヘル・アルビノ・コルソ国際空港(チアパス州)、ビヤエルモサ国際空港(ビヤエルモサ)
メキシコの旗 マグニチャーター英語版 カンクン国際空港(カンクン)、マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(メリダ)
メキシコの旗 エアロマール航空英語版 アカプルコ・アルバレス国際空港(アカプルコ)、ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港(グアダラハラ)

定期路線一覧[編集]

国際線[編集]

国内線[編集]

過去に就航していた航空会社[編集]

主な施設[編集]

メキシコ国際空港国内線ターミナル
メキシコ国際空港国際線ターミナル

新交通システム[編集]

乗り継ぎ乗客のために、ターミナル1とターミナル2を連絡している新交通システムアエロトレン」が運行されており、乗車には有効な搭乗券を所有している必要がある。なお、アエロトレンがメンテナンスなどの運休中の場合、バスでの輸送となる。

交通[編集]

メキシコシティ市内中心部及び市街地とは、空港ターミナルに直結されているメキシコシティ地下鉄5号線の「空港ターミナル駅(Terminal Aérea駅)」からアクセスできる他、空港バスや市バス、ゾーン制運賃を採用する空港タクシーなどでアクセスすることが可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MMMXの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ MEXの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.
  3. ^ ボリビアの首都、ラパスエル・アルト国際空港中国チベット自治区ラサ・クンガ空港の例がある。
  4. ^ http://flyteam.jp/airline_route/mex_gru/news/article/5659

関連項目[編集]

外部リンク[編集]