デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港
Detroit Metropolitan Wayne County Airport
DTW - FAA airport diagram.svg
連邦航空局による空港図
IATA: DTW - ICAO: KDTW
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ミシガン州の旗 ミシガン州ロムルス
母都市 Flag of Detroit.svg デトロイト
所有者 ウェイン郡
運営者 ウェイン郡空港局
(Wayne County Airport Authority)
拠点航空会社
敷地面積 1960 ha
標高 197 m (645 ft)
座標 北緯42度12分45秒 西経083度21分12秒 / 北緯42.21250度 西経83.35333度 / 42.21250; -83.35333
公式サイト www.MetroAirport.com
地図
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港の位置
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港の位置
DTW
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港の位置
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港の位置
DTW
デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
4R/22L 3,659×61 コンクリート
4L/22R 3,048×46 コンクリート
3R/21L 3,048×46 コンクリート
3L/21R 2,591×61 アスファルト/コンクリート
9L/27R 2,654×61 アスファルト/コンクリート
9R/27L 2,591×46 コンクリート
統計(2019年)
旅客数 36,769,279人
出典: 連邦航空局[1]Detroit Metropolitan Airport[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティくうこう、英語: Detroit Metropolitan Wayne County Airport)は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト近郊のロムルスにある国際空港である。ウェイン郡が所有する郡営空港だが、一般にはデトロイト・メトロ空港(Detroit Metro Airport)とも呼ばれる。6本の滑走路を有している。旅客数はミシガン州内最大で、デルタ航空及びスピリット航空ハブ空港の一つである。

施設[編集]

空港ターミナルは2つで、合計132の搭乗口がある。また、大型機用の整備場がありボーイング747にも対応している。

エドワード・H・マクナマラ・ターミナル[編集]

エクスプレストラム
コンコースA中央部・フードコート付近
コンコースAとコンコースB/Cを結ぶ「光のトンネル」

2002年にノースウエスト航空の「ノースウエスト・ワールドゲート」として開業した。同社がデルタ航空と合併したことにより、2008年以降はデルタ航空とスカイチーム加盟の航空会社が入居するターミナルとなった。ウェスティン・ホテルとカンファレンスセンターが付属している。

このターミナルにはA、B、Cの3つのコンコースがあり、合計で103の搭乗口がある。コンコースAは南北に伸びた1.6 kmもの長大な直線状の建物で、ターミナル本体より遥かに大ききい。内部には旅客を輸送する「エクスプレストラム」(Express Tram)と呼ばれるピープルムーバーが設置されている。エクスプレストラムには、ノース駅(North Station)、ターミナル駅(Terminal Station)、サウス駅(South Station)の3駅があり、コンコースAの南北を約3分で結んでいる。

コンコースAには62の搭乗口があり、その内の10箇所は国際線の出発・到着に使用される。このコンコースはデルタ航空の大型機及び全ての国際線到着便に使用される。国際線ゲートには2機ずつのボーディング・ブリッジが装備されていて、搭乗時間の短縮を図っている。これらの搭乗口は2つのの出口経路が設置されていて、国内線到着の場合は2階のコンコースに直接出る経路となるが、国際線到着の場合、階下の入国審査・税関エリアに下りる経路をとっている。入国審査・税関エリアは1時間に3,200人の旅客を処理する事が出来る。国内線への乗継の場合は、税関通過後、コンコースAの中央に上がる経路をとり、乗継をしない場合はそのまま1階の出口に出る。

コンコースB/Cは一体的な建物で、搭乗口が41あり、デルタ航空、デルタ・コネクションが発着する。全ての搭乗口にボーディング・ブリッジを装備しており、小型機においても滑走路上からタラップにて乗降する必要は無い。コンコースAからコンコースB/Cへは、コンコースA中央部から地下のトンネルで連絡されている。このトンネルは通称「光のトンネル」と呼ばれていて、照明が時間とともに様々に変化する設計となっている。

また、ここは東部標準時(イースタンタイムゾーン)に属している事が、3ヶ国語(英語日本語中国語の順)で放送される。このターミナル内では、ほとんどの標示が英語と日本語で併記されているのが特徴的である。

ノース・ターミナル[編集]

2008年に営業を開始した。スカイチームに非加盟の航空会社用のターミナルで29の搭乗口がある。アメリカン航空ユナイテッド航空が入居している。

主な就航路線[編集]

  • デルタ航空(オールバニー 、アムステルダム、アンカレッジ(季節)、アトランタ、オースチン、ボルチモア、バミューダ(季節)、ビンガムトン、ボストン、バッファロー、カルガリー(季節)、カンクン(季節)、シャーロット、シカゴ/ミッドウエー、シカゴ/オヘア、シンシナティ、クリーブランド、コロンバス、コスメル(季節)、ダラス/フォートワース、デンバー、フリント、フォートローダーデール、フォートマイヤーズ、フランクフルト、グランドケイマン(季節)、グランドラピッズ、グリーンベイ、グリーンズボロ、グリーンビル/スパータンバーグ、ハリスバーグ、ハートフォード、ヒューストン/インターコンチネンタル、インディアナポリス、ジャクソンホール(季節)、ジャクソンビル、カラマズー、カンザスシティ、ランシング、ラスベガス、レキシントン、ロンドン/ガトウィック、ロサンゼルス、ルイビル、マディソン、マンチェスター、メンフィス、メキシコシティ、マイアミ、ミルウォーキー、ミネアポリス、モンテゴベイ、モントリオール、東京/羽田(2020年3月29日〜新規就航)、東京/成田(〜2020年3月28日 廃止)、名古屋/中部、マニラ(成田経由 (〜2020年3月28日 廃止))、ナッシュビル、ナッソー、ニューオーリンズ、ニューヨーク/ケネディ、ニューヨーク/ラガーディア、ニューアーク、ノーフォーク、オーランド、パリ/ドゴール、フィラデルフィア、フェニックス、ピッツバーグ、ポートランド (ME)、ポートランド (OR)、プロビデンス、プエルトバラータ、ローリー/ダーハム、リッチモンド、ロチェスター (NY)、ローマ(季節)、サギナウ、セントルイス、ソルトレイクシティ、サンアントニオ、サンディエゴ、サンフランシスコ、サンフアン、サラソタ、シアトル、シラキュース、タンパ、トロント、バンクーバー、ワシントン/レーガン、ウエストパームビーチ)
    • デルタ・コネクション(アクロン、アレンタウン、アルピナ、ビンガムトン、ブルーミントン、シャンペーン、シャーロット、シンシナティ、クリーブランド、デモイン、エルマイラ、エリー、フリント、フォートウェイン、グリーンベイ、イサカ、カラマズー、キッチナー/ウオータールー、ノックスビル、ラトローブ、レキシントン、ロンドン (ON)、ルイビル、マーケット、モーリン、モントリオール、マスキーゴン、ニューアーク、オクラホマシティ、オマハ、ペルストン、ピッツバーグ、ロアノーク、ロチェスター、サギナウ、セントルイス、スーセントメリー、サバナ、サウスベンド、ステイトカレッジ、トレド、トラバースシティー、ワウサウ、アクロン、オールバニー、アップルトン、アッシュビル、バンゴア、バーミンガム、バーリントン、シーダーラピッズ、チャールストン、シャーロッツビル、コロンビア、コロンバス、デイトン、ダルース、エルマイラ、エリー、エバンズビル、フェイエットビル、フォートウェイン、グリーンズボロ、グリーンビル/スパータンバーグ、ハリファックス、ハリスバーグ、ハンツビル、インディアナポリス、ジャクソン、カラマズー、ノックスビル、ランシング、レキシントン、リンカーン、リトルロック、マートルビーチ、ニューバーグ、ノーフォーク、オマハ、オタワ、ピッツバーグ、ポートランド、ケベック、リッチモンド、ロアノーク、ロチェスター (MN)、ロチェスター (NY)、ロックフォード、サンアントニオ、シュリーブポート、サウスベンド、スプリングフィールド、シラキュース、トラバースシティー、タルサ、ワウサウ、ウィチタ、ウィニペグ)
  • アメリカン航空(シャーロット、フィラデルフィア、シカゴ/オヘア、ダラス/フォートワース、マイアミ、フェニックス)
    • エンヴォイ・エア(ニューヨーク/ラガーディア、フィラデルフィア、ワシントン/ナショナル)
  • ユナイテッド航空(シカゴ/オヘア、デンバー、ヒューストン/インターコンチネンタル、ニューアーク)
  • スピリット航空(アトランティックシティ、カンクン、フォートローダーデール、フォートマイヤーズ、ラスベガス、ロサンゼルス、ニューヨーク/ラガーディア、オーランド、サンフランシスコ、タンパ、ワシントン/レーガン、ウエストパームビーチ)
  • サウスウエスト航空(シカゴ/ミッドウエー、ラスベガス、ナッシュビル、フェニックス、セントルイス、オーランド、タンパ)
  • アラスカ航空(シアトル)
  • フロンティア航空(デンバー)
  • ジェットブルー航空(ニューヨーク/JFK)
  • エアカナダ・エクスプレス(トロント)
  • エールフランス(パリ/ドゴール)
  • ブリティッシュ・エアウェイズ(ロンドン/ヒースロー)
  • ルフトハンザドイツ航空(フランクフルト)
  • ロイヤル・ヨルダン航空(アンマン)

交通アクセス[編集]

  • SMART バスNo.125
  • タクシー

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FAA Airport Form 5010 for DTW (PDF) , effective 2007-12-20
  2. ^ Airport Statistics 2019”. Wayne County Airport Authority (2019年). 2022年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]