ビーマン・バングラデシュ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーマン・バングラデシュ航空
IATA
BG
ICAO
BBC
コールサイン
Bangladesh
設立 1972年
ハブ空港 シャージャラル国際空港
保有機材数 10機
就航地 23都市
本拠地 バングラデシュ ダッカ
外部リンク http://www.biman-airlines.com/
ビーマン マクドネル・ダグラス DC-10型機

ビーマン・バングラデシュ航空(Biman Bangladesh Airlines)はバングラデシュの国営航空会社

概要[編集]

バングラデシュ・ビーマン社(Bangladesh Biman Corporation)の一部で、1972年より運航を開始した。アジア、ヨーロッパ、及びアメリカへの国際線の運航も行っていたが、資金繰りの問題もあって運航乗務員と機体不足が深刻化し、近年国際線就航路線が縮小傾向にある。BBC Newsによると、2006年11月中旬からニューヨーク便等が運航中止となっている。ビーマン社のダッカ乗り継ぎ国際線はLCC航空会社のビジネスモデルが確立される以前、特に冷戦終結後海外旅行が一般化した1990年代には格安航空券の愛好者達に広く知られた存在であったが、現在ではインターネット上のみで予約を受け付けるエア・アジアエア・アラビアなどのような21世紀型LCC航空会社に対して、価格面での対抗が難しくなっていると指摘されている。またKLMオランダ航空と共に、2014年頃までDC-10などの大型三発航空機を運用していた事でも知られている。

就航路線[編集]

ビーマン・バングラデシュ航空は、バングラデシュの国内3都市のほか、国際線は インドパキスタン東南アジア各国、香港中東各国、ヨーロッパに運航している。

保有機材[編集]

ビーマン エアバス A310-300型機

2機のボーイング737-300型機と2機のボーイング747-200型機を処分した。かつて2機のBAe ATP型航空機を運航していた。また、DC-10以来の新機材となるボーイング777-300ERを導入した際に取得した同社向けのボーイング社顧客番号(カスタマーコード)はE9となっており、777-3E9と付けられる。

外部リンク[編集]