ビーマン・バングラデシュ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビーマン・バングラデシュ航空
IATA
BG
ICAO
BBC
コールサイン
Bangladesh
設立 1972年
ハブ空港 シャージャラル国際空港
マイレージサービス Biman Loyalty Club
会員ラウンジ The Maslin Lounge
保有機材数 12機
就航地 21都市
本拠地 バングラデシュ ダッカ
外部リンク http://www.biman-airlines.com/
テンプレートを表示

ビーマン・バングラデシュ航空(Biman Bangladesh Airlines)はバングラデシュの国営航空会社

概要[編集]

ボーイング777-300型機

1972年に1機のダグラス DC-3で運航を開始した。その後、フォッカー F27ボーイング707を導入し規模を拡大していった。なおこのボーイング707のうちの1機は日本政府から贈与されたものであった。1983年に導入したマクドネル・ダグラス DC-10は長期間運用されてきたが、老朽化のために2014年2月に退役した[1]

最近では機材更新を進めており、ボーイング777-300やボーイング737-800を新塗装で導入したほか、ボーイング787を発注している。

路線網は南アジア・西アジア(中東)を中心に、イギリスロンドンローマへ就航している。かつてはニューヨーク[2]フランクフルト[3]等の長距離路線も広く展開していたがその後縮小した。しかしボーイング777の導入以降再び路線網を伸ばしてきている。

また、かつてはダッカからバンコク経由で東京行きの便も就航していた。1980年4月に成田への初就航を果たして1981年5月まで約1年間の運航後に休止となり、約9年半に及ぶ運航中止期間を挟んで1990年11月に運航を再開してバンコクとシンガポール経由をして週1便で運航してきたが、2006年10月末に通算17年に亘る日本路線の運航を中止した[4]

就航路線[編集]

2016年1月現在[5]

アジア[編集]

南アジア[編集]

バングラデシュの旗 バングラデシュ

インドの旗 インド

東南アジア[編集]

ミャンマーの旗 ミャンマー

マレーシアの旗 マレーシア

シンガポールの旗 シンガポール

タイ王国の旗 タイ

西アジア(中東)[編集]

クウェートの旗 クウェート

 オマーン

カタールの旗 カタール

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

サウジアラビアの旗 サウジアラビア

ヨーロッパ[編集]

イギリスの旗 イギリス

保有機材[編集]

ビーマン エアバス A310-300型機

2016年1月現在[6]

2機のボーイング737-300型機と2機のボーイング747-200型機を処分した。かつて2機のBAe ATP型航空機を運航していた。また、A310以来の新機材となるボーイング777-300ERを導入した際に取得した同社向けのボーイング社顧客番号(カスタマーコード)はE9となっており、777-3E9と付けられる。

発注中[編集]

ボーイングの最新機材であるボーイング787を発注しており、2019年から2020年にかけて受領する予定である[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ DC-10-30、国際線のラストフライトでバーミンガムに到着 - Flyteam(2016年1月26日閲覧)
  2. ^ BIMAN Ends Rome Operation from April 2015 - Airline Route(2016年1月26日閲覧)
  3. ^ BIMAN Ends Frankfurt Service in late-Oct 2014 - Airline Route(2016年1月26日閲覧)
  4. ^ ビマン・バングラデシュ航空について - 駐日バングラデシュ大使館(2016年1月26日閲覧)
  5. ^ Destination Map - ビーマン・バングラデシュ航空(2016年1月26日閲覧)
  6. ^ Fleet Information - ビーマン・バングラデシュ航空(2016年1月26日閲覧)
  7. ^ 2015 was good for Biman - The Daily Star(2016年1月26日閲覧)
  8. ^ ビーマン・バングラデシュ航空、購入初号機の737 - Aviation Wire(2016年1月26日閲覧)

外部リンク[編集]