ビスタラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tata SIA Airlines Limited
Vistara
IATA
UK
ICAO
VTI
コールサイン
VISTARA
設立 2014年
運航開始 2015年1月9日
拠点空港 インディラ・ガンディー国際空港
焦点空港 インドの旗 インドデリー
マイレージサービス Club Vistara
会員ラウンジ Vistara Lounge
親会社 タタ・グループ
シンガポール航空
保有機材数 40機
就航地 約40都市
スローガン "Fly the new feeling"
本拠地 インドの旗 インドデリー
代表者 Phee Teik Yeoh (CEO)
外部リンク http://www.airvistara.com/
テンプレートを表示

ビスタラ英語: Vistara)はインドデリーを拠点に置く航空会社である。

概要[編集]

2014年、インドの大手財閥タタ・グループシンガポール航空との共同出資で TATA SIA Airlines Limited. が設立された。同年の10月より運航を開始する予定でだったが[1]、延期になり2015年1月9日より運航を開始することになった[2]

運航ブランドはサンスクリット語で「無限の広がり」を意味するVistaarから名付けられた[3]

日本航空との間でコードシェアの実施とマイレージの提携を2017年に発表し、同社国内線と成田デリー線、ビスタラのインド国内線がコードシェア対象となる予定。さらにJAL・ビスタラ2社間のラウンジ相互利用などについても検討が進められ[4]、2019年2月28日からデリー発着インド国内7路線でコードシェアを開始した[5]

広告にはボリウッド女優のディーピカー・パードゥコーンを起用、高級感を演出して競合のエア・インディアにサービスの面で差をつけようとしている。

2020年2月28日、国土交通省より外国人国際航空運送事業の経営許可を取得[6]シンガポール航空シルクエア日本航空のコードシェア便として運航する。

保有機材[編集]

2018年8月現在

ビスタラ 保有機材
機材名 受領済 発注済 座席数 特記
Airbus A320-200 13 158
Airbus A320neo 8 50 158
Airbus A321neo TBA リース予定のものも含む
ボーイング787 6 TBA
Total 23 56  

就航都市[編集]

インド国内からアメリカやヨーロッパ各国への就航を検討している[7]

提携航空会社[編集]

コードシェア提携[8]

サービス[編集]

座席[編集]

エコノミークラスとプレミアムエコノミーおよびビジネスクラスが設定されている[9]

マイレージプログラム[編集]

Club Vistaraという名でマイレージサービスを提供している。シルクエアー、シンガポール航空、ユナイテッド航空と提携している[10]

出典[編集]

  1. ^ Tatas unveil ‘luxury airline’ Vistara, target October take-off - THE TIMES OF INDIA(2014年8月12日閲覧)
  2. ^ Air Vistara to commence operations on January 9 - dnaindia(2014年12月28日閲覧)
  3. ^ Singapore Airlines Bets On Indian Market With New Carrier Air Vistara - International Business Times(2014年8月12日閲覧)
  4. ^ JALとVISTARA、コードシェア、マイレージなどで提携 - JALプレスリリース(2017年9月7日閲覧)
  5. ^ JALとVISTARA、コードシェアを開始
  6. ^ 外国人国際航空運送事業の経営許可 (PDF) - 国土交通省 令和2年2月28日
  7. ^ Vistara航空、インドから欧米への長距離フライトを視野に - レスポンス(2015年3月6日)
  8. ^ Codeshare Partners - Vistara
  9. ^ Cabin - Vistara
  10. ^ Club Vistara - Vistara

外部リンク[編集]