加藤忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 忠(かとう ただし、1935年1月4日 - 2020年3月17日[1])は、静岡県相良町(現在の牧之原市)出身[2]の元競輪選手1952年ヘルシンキオリンピック自転車競技日本代表選手。競輪選手時代は日本競輪選手会静岡支部に在籍。息子の浩利も元競輪選手。

経歴[編集]

1952年ヘルシンキオリンピックでは、3種目に出場。成績は以下の通り。

  • 個人ロードレース - 途中棄権
  • 1000mタイムトライアル - 26位
  • 4000m団体追い抜き - 19位

その後、日本競輪学校(当時)に第6期生として入学、同校を卒業後はプロの競輪選手として登録され、1953年に開設された静岡競輪場にて同年3月26日にデビュー戦を迎え1着、及び完全優勝を記録。

1992年12月11日、選手登録削除。通算戦績3580戦598勝。

脚注[編集]

  1. ^ 五輪自転車初代日本代表の加藤忠氏が死去 85歳」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2020年3月19日。2020年3月19日閲覧。
  2. ^ 五輪自転車初代日本代表の加藤忠さん逝く 東京大会観戦かなわず|静岡新聞アットエス 2020/3/19 08:32

参考文献[編集]

外部リンク[編集]