尾上松助 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ろくだいめ おのえ まつすけ
六代目 尾上 松助
屋号 音羽屋
定紋 抱き若松 抱き若松
生年月日 1946年7月13日
没年月日 (2005-12-26) 2005年12月26日(59歳没)
本名 井上真一
襲名歴 1. 尾上緑也
2. 二代目尾上松鶴
3. 六代目尾上松助
出身地 東京都
春本泰男
兄弟 大谷桂三(弟)
二代目尾上松也(長男)、春本由香(長女)

六代目 尾上 松助(ろくだいめ おのえ まつすけ、1946年(昭和21年)7月13日 - 2005年(平成17年)12月26日)は、歌舞伎役者。屋号は音羽屋定紋抱き若松。本名は井上 真一(いのうえ しんいち)。

父は新派の名脇役だった春本泰男、妻は元新派女優の河合盛恵[1]、弟は歌舞伎役者の大谷桂三、長男は二代目尾上松也、長女は新派女優春本由香[1][2]

来歴・人物[編集]

東京都出身。二代目尾上松緑に師事し、菊五郎劇団で二代目松緑や七代目尾上菊五郎らを支える。1954年(昭和29年)6月の歌舞伎座『源氏物語』で尾上緑也を名乗って初舞台。1971年(昭和46年)5月、二代目尾上松鶴を襲名し名題昇進。1990年(平成2年)、六代目尾上松助を襲名。敵役や老け役、女形まで幅広くこなした。なお子役時代は、テレビ『赤胴鈴之助』の主役でも活躍した。

2005年(平成17年)12月26日、原発不明のため59歳で死去した。

脚注[編集]

[ヘルプ]