春本由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はるもと ゆか
春本 由香
本名 井上 真由香
生年月日 (1992-12-21) 1992年12月21日(25歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 165 cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2016年 -
著名な家族 春本泰男(祖父)
六代目 尾上松助(父)
河合盛恵(母)
二代目 尾上松也(兄)
大谷桂三(叔父)
大谷龍生(従弟)
所属劇団 劇団新派

春本 由香(はるもと ゆか、1992年12月21日 - )は、日本女優。本名、井上 真由香

東京都出身。堀越高等学校卒業[2]劇団新派所属。祖父は新派俳優の春本泰男、父は歌舞伎役者の六代目尾上松助、母は元新派女優の河合盛恵、兄は歌舞伎役者の二代目尾上松也[3]

略歴[編集]

歌舞伎役者の父・六代目尾上松助と元新派女優の母・河合盛恵の間に長女として誕生、女子は歌舞伎の舞台に立てないことから、兄・二代目尾上松也を羨みつつ女優に憧れを抱く。堀越高等学校の芸能コースへ進学後はミュージカルなどのオーディションに挑戦する[2]

高校卒業後は歌手を目指し、モデル活動やライブハウスを中心とした歌手活動を経て、ミュージカル『エリザベート』出演中の兄・松也に誘われて付き人を務めたことを契機に女優を志す[4][5]。元新派女優の母の勧めもあり、2016年1月に二代目水谷八重子の部屋子として劇団新派への入団を決意。同年9月の東京新橋演舞場での「新派特別公演」で新派に入団し二代目水谷八重子に師事[6]、『婦系図』で妙子役を演じてデビューを果たす[2][3]

2017年1月にはNHK BSプレミアムBS時代劇雲霧仁左衛門3』でテレビドラマに初出演[7]

人物[編集]

特技は日本舞踊藤間流)。中学1年生より始め、2005年には『胡蝶』で国立劇場の舞台に立った[3]

趣味は絵を描くこと[3]

芸名の「春本由香」は新派の名脇役だった祖父・春本泰男の「春本」姓を継承し、兄・二代目尾上松也が命名[5]。本名の「真由香」も兄・松也が8歳の時に命名している[4]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]