プロジェクト:大河ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロジェクト名[編集]

ウィキプロジェクト 大河ドラマ

プロジェクトの目的[編集]

このウィキプロジェクトの基本的な目的は、既存の「プロジェクト:テレビドラマ」では対応することのできなかった大河ドラマに関して統一したフォーマットを提供することです。またこのフォーマットは大河ドラマでの使用を前提としていますが、一部の他の時代劇においても使用することができるかもしれません。

上位プロジェクト[編集]

下位プロジェクト[編集]

下位プロジェクトは今のところありません。

参加者[編集]

このプロジェクトはどなたでも参加することができますので、大河ドラマや時代劇に興味のある方はぜひご参加下さい。参加者は下記に*~~~(チルダ3つ)で署名をお願いします。

各見出しについて[編集]

  • このPJの方針を踏襲する場合はそれに先だってその提案をしてみるとよい。
  • 採用する場合は、ページ先頭部に以下のウィキプロジェクトの編集方針を採用している旨を告知する。

「Template:基礎情報 テレビ番組」の「出演者」欄のクレジット順[編集]

{{基礎情報 テレビ番組}}の「出演者」欄のクレジット順ですが、当該作品について、主演を筆頭に記し、その後に記載する主演以外の俳優については、当該作品によって該当する、以下のいずれかの選択肢にあてはまる人物を五十音順にするものとします:

  1. 放送中の作品であれば、当該作品公式サイトにクレジットされている人物。
  2. 放送済みの作品の場合、総集編DVDのサイト(複数ある場合は少なくとも1か所)にクレジットされている人物。
  3. 放送済みかつ総集編DVDが発売されていない作品の場合、NHKの公式本にクレジットされている人物。

なお、主演が複数存在する場合には、その中でさらに五十音順にし、その複数の主演の後に主演以外の俳優を上記にしたがって記すものとします。

企画・制作[編集]

制作発表。キャスティングの発表など作品が放送されるまでの過程を記述する。

反響[編集]

放送開始後の作品に対する反響について出典を明示して記述する。記載内容が多い場合は小節を作って記述すること

  • 視聴率の変遷
  • 作品に対する反応(歴史考証に対する学術的な批判、舞台となった地域の自治体、登場人物の子孫等の反応)

ただし、ブログなどを出典とした特筆性の無い個人の意見の記載は認めない。

あらすじ[編集]

  • 作品のあらすじ等を書く。

登場人物[編集]

《登場人物名》(ふりがな)
(名前の履歴)
演:《配役》
(例)
織田信長(おだ のぶなが)
(吉法師 → 織田信長)
演:大河太郎(幼年期:放送祐太 / 少年期:戦国和夫)
本作の主人公。尾張国を出身の戦国大名。幼名は吉法師で、元服後は三郎を称し、のち弾正忠と改名。
激しい気性の持ち主だが、親族や信頼のおける部下には何かと優しい所を見せる。馬術に長けており、しばしば自ら馬を駆って戦場を駆ける。保守的な思想を快く思っておらず、合理的・革新的な思想に理解を示す。
天下布武を志して上洛し、立ちはだかる敵を次々と撃破する。しかし家臣であった明智光秀に裏切られて自殺する。
  • 記載する順番は初登場回の順でよいが、物語上の重要度を留意して上下させてもよい。基準として出演クレジット(ピンやトメなど)や『大河ドラマ・ストーリー』(割かれているページの量)を参考にしてみる。
  • 物語の進行に沿って登場人物節の細分化を行ってもよいが、 放送開始前の作品は「NHK大河ドラマ・ストーリー」などである程度のあらすじが公開されてから行うようにする。物語の進展によって勢力などが移動する人物については、それに従って移動させてもよい。ただし下記の“説明文”項に合わせ、放送後性急に移動させない。
  • 登場人物および配役の放送前情報はNHKが公式に発表したもの以外の情報を記述することは不可とします。現行放送中および放送が終了した作品についてはOPの配役クレジットで登場が確認できた人物、および本編映像中で人物名が字幕(下記参照)で表示されたで人物だけを記載すること。
    • 注意:「字幕」とは通常放送の中で表示される字幕のことであり、「字幕放送」のことではない。また人物を説明する以外の字幕(例:「〜が暗殺された」)で名前が出ただけの人物は記載しない。
  • 固有の名称が無い登場人物は原則として記載しない(ただし劇中で重要な人物に関しては例外を認める)。
登場人物名
ここで使用する名前は劇中最もポピュラーなものとする(下記を参照)。なお採用されなかった名称は説明文中に組み込んでもよい。また役名に役職名などの名前以外の要素が混在している場合は、それを省略してよい。
  1. 原則ドラマオープニングの出演クレジットで使用された名前を使用(ただしオープニングで名前自体が使用されなかった場合は劇中での名前を使用)。
  2. 出演クレジットで複数の名称が使用されている場合は、大河ドラマ公式の登場人物ページの名前を使用。
  3. 公式ページで紹介されていない人物に関してはNHKから出版される『大河ドラマ・ストーリー』で使用されている名称を使用(放送終了後のホームページ消滅後もこちらを参照する。)。
  4. 公式ページ・『大河ドラマ・ストーリー』双方で取り上げられていない場合は、劇中最後に使用された出演クレジットのものを使用。
歴史上実在する人物や、独立記事として成立している人物はリンクをつける。そのために姓と名の間にスペースなどは入れない。なおモデルが明らかな架空人物については下の説明文中にその旨を記載し、リンクはつけない。
ふりがなをつける場合は名前の後ろに()に入れて記述する。その際、姓と名の間には半角スペースを入れる。なお名前に通称が挟まる場合は、その間にもスペースを入れる。
名前の履歴
オープニングのクレジットで使用された名前が複数ある場合、その改名履歴を「 → 」で結ぶ。
配役
その人物に配役された俳優を記述する。
子役などがある場合は()内にどのような役なのかを簡単に説明しながら記述する。
当該俳優の過去の出演履歴(大河ドラマ含む)については、原則として記入しない。ただし以下のような特段の事情が認められる場合、出典を明記した上で認める。
  • 雑誌や報道・公式のガイドブックで、それらが紹介されている(ただし出演作品・役名のみを列挙しているだけの物は出典とは認めない)。
  • 過去に同役での出演歴や親族が同役を演じた。
劇中に登場したことは確認出来ているが、演者をOPクレジット等で確認できない場合は、空欄もしくは「演者不詳」と記述する。ただし、演者を記載する際は出演を確認できる出典を付加すること。なお、この記述式は未登場の人物には適用しない。
説明文
登場人物の説明を記述する。説明が長くなる時はインデントで調整する。
肩書き・性格・特徴・趣味など、その人物自体についての説明を書く。その際にその人物の通称・別名などを記述してもよい。
上記の後に、人物の簡単な行動推移などを記述してもよいが、細かいストーリー描写は避けて簡略にまとめ、雑多にならないように注意する。あくまで人物の説明であり、ストーリーを記述する場所ではない事に留意する。
逐次的な編集を避けるため、放送後、該当回の次々回放送の翌日(例:2013年9月1日放送分なら9月16日0:00)以前は編集しない(ただし肩書きや通称などの固定事実についてのみ編集してもよい)。この規制は「最終回の放送の終了(通常の放送スケジュールに含まれる再放送が終了した時点)」をもって解禁となる。
原作や史実、ノベライズ等の派生作品との差異は解説とは言えないため原則として記入しない。人物節の冒頭に「各登場人物の歴史的事項については当該記事を参照」といった注意を挿入するなどで代用すること。

スタッフ[編集]

  • 《役柄》:《名前》

番組の主なスタッフは作品のホームページを、他に記載すべきスタッフがいる場合には、オープニングのクレジットで1人ずつ確認しながら書くこと。

ただし記述するスタッフは、番組に関係していた重要人物、主なスタッフだけで構わない。

放送[編集]

通常放送時間[編集]

放送日程[編集]

1話ごとのサブタイトルは原則として公式ホームページの表記とする。視聴率の記載は後述の#視聴率に従う限り、構わないが、主観的な視聴率講評は避けること。各回放送終了後に放送される紀行などもここに表記する。

視聴率[編集]

総合テレビにおける本放送の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)の記載は「PJ:DRAMA#視聴率」に従いますが、BSプレミアムにおける本放送の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)の記載は明確な出典がある場合に限って認められます。

関連商品[編集]

『大河ドラマ・ストーリー』などの関連書籍やオリジナル・サウンドトラックなど、関連商品を記述する。

関連項目[編集]

関連項目があれば記載する。

参考文献[編集]

もしあれば、出典元(書籍・DVD等)を明記する。Wikipedia:出典を明記するも参照。

外部リンク[編集]

作品の公式ホームページや、各局の宣伝ページなどを記載。

関連テンプレート・一覧記事[編集]