ホテルウーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女の企業サスペンス・ホテルウーマン』(Hotel Woman)は、関西テレビが制作し、フジテレビ系列1991年10月7日から12月23日まで放送された山崎洋子原作のテレビドラマ。

放送時間は月曜22:00 - 22:54 (JST)。当時の月10ドラマは1クールごとにタイトルを付けながらも原則1回完結(オムニバス形式)のサスペンスシリーズを放送していたが、この作品では初めての試みとして1クールを通した連続物という形で放送した。

続編として翌1992年9月28日に『ホテルウーマンスペシャル 神尾柊子のとても長い一日』と1994年1月1日に『華麗なる別れ!ホテルウーマン'94 執念の出産!宿命女の闘い』が放送された。

あらすじ[編集]

神尾柊子はニューヨーク留学中のある日、恋人の白坂からの電話にただならぬ気配を感じる。急いで駆けつけるが間に合わず、白坂は自殺してしまう。その直後に柊子は白坂の子を身ごもっている事に気付く。柊子は未婚の母として生きる決心をすると同時にホテルウーマンを目指し、ホテルの採用試験を受ける。一方、白坂の妻の火奈子は夫が生前に柊子と交際していた事を知り、彼女に強い憎しみを持つ。

キャスト[編集]

白坂と交際していたが死別。その後は未婚の母として彼の子を育てながらホテルウーマンを目指す。
白坂の妻。柊子が夫と交際していた事を知り、彼女に強い憎しみを持つ。
プラザタカトウ支配人。
火奈子の兄。

サウンドトラック[編集]

すべて『ホテルウーマン オリジナルサウンドトラック』に収録。

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

関西テレビ・フジテレビ系 月曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
ホテルウーマン
恐怖配達人・小池真理子サスペンス