TATTOO<刺青>あり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TATTOO<刺青>あり
Tattoo Ari
監督 高橋伴明
脚本 西岡琢也
製作 井筒和幸
製作総指揮 佐々木史朗
出演者 宇崎竜童
関根恵子
音楽 宇崎竜童
主題歌 内田裕也&トルーマンカポーティロックンロールバンド
宇崎竜童
撮影 長田勇市
編集 菊池純一
製作会社 国際放映
高橋プロダクション
ATG
配給 ATG
公開 日本の旗 1982年6月5日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
テンプレートを表示

TATTOO<刺青>あり』(タトゥーあり)は、1982年昭和57年)に公開された日本映画である。

概要[編集]

1979年に起きた事件三菱銀行人質事件の犯人の梅川昭美に材を取った作品。犯人の生い立ちから事件を起こすまでの軌跡を描く。事件自体の描写は省略されている。主役の竹田明夫を音楽家の宇崎竜童が演じて話題となった。

それまでピンク映画を50数本監督してきた高橋伴明の初の一般映画監督作品。井筒和幸がプロデューサーを務め、俳優もスタッフもピンク映画並のギャラに値切って参加してもらったと回想している[1]。女優の関根恵子はこの映画のヒロイン役で高橋伴明と知り合って結婚し、高橋惠子となった[2]山口組田岡一雄組長を狙撃して惨殺された鳴海清の愛人と梅川の愛人が同一女性だったという新聞記事に着目して映画化、劇中には鳴海をモデルにした暴力団員も登場させている[3][4]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

キャスト[編集]

興行[編集]

関根恵子は、1981年日活ロマンポルノラブレター』で中村嘉葎雄と濃厚なファック演技が評判を呼び[5]、にっかつの興収新記録を作った[5]。この実績により各社引っ張りだこになり、本作も最初はにっかつで製作を予定し、関根は本作と『火の蛾』(池田敏春監督を予定していた)の両方出演を予定していた(死んでもいい (映画)#製作参照)。本作は配給がATGに変更されたことで、監督の高橋伴明はまだ無名だったこともあり[6]、当初は東京一館のみの上映予定だったが[5]、関根の『ラブレター』での実績もあって前評判も高かったことから、全国20館以上での拡大ロードショーが決まり大ヒットした[5]。更なる関根恵子の魅力を引き出そうと『火の蛾』が1982年7月中旬クランクイン、9月に東映系で公開と報道されたが[5][6][7][8]、関根が降板し、企画も流れた[9][10]。『火の蛾』は『死んでもいい』とタイトルを変え、1992年大竹しのぶ主演・石井隆監督で製作されている[11]

受賞等[編集]

出典[編集]

  1. ^ 井筒和幸『ガキ以上、愚連隊未満。』ダイヤモンド社、2010年、p.101
  2. ^ 「私の地図 第四十二回 高橋恵子」『週刊現代』2011年2月26日号、p.86
  3. ^ 「三菱銀行立てこもり 梅川愛人の嘆き… 『あたしと付き合った男は…』」『週刊文春』2009年4月22日号、p.173
  4. ^ 「高橋伴明『刺青あり』余話 梅川と鳴海の共通の女登場 未成年美容学生は何処に」『噂の真相』1982年6月号、p.12
  5. ^ a b c d e 「ニュース・スクランブル CINEMA 『濃厚ファックで救世主に、関根恵子の次回作決定!』」『週刊明星』1982年6月24日号、集英社、 144頁。
  6. ^ a b 「LOOK 今週の話題・人と事件 〔芸能〕 新婦は映画に 新郎は会社を 関根恵子夫婦のマスコミ利用術」『週刊現代』1982年7月17日、講談社、 53頁。
  7. ^ 佐々木原保志「撮影報告『死んでもいい』」『映画撮影』1982年8月31日発行 No.117、日本映画撮影監督協会、 28-31頁。
  8. ^ 「邦画新作情報 高橋伴明監督の次回作が進行中」『キネマ旬報』1982年8月下旬号、キネマ旬報社、 185頁。
  9. ^ 「雑談えいが情報 "もう脱ぐのはイヤ"の関根恵子やら新作の話題を追って...」『映画情報』、国際情報社、1982年9月号、 24頁。
  10. ^ 「NEWS ofNEWS 『裸を売りものにする時代は終わった』 関根恵子の"心変わり"」『週刊読売』1982年7月25日号、読売新聞社、 33頁。
  11. ^ 加藤千代「話題の人・訪問インタビュー 大竹しのぶ 女優賞 『復活の朝』・他」『映画撮影』1993年5月発行 No.197、日本映画撮影監督協会、 17-19頁。

外部リンク[編集]