ウェアハウス (レンタルビデオ店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ゲオウェアハウス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市中区富士見町8番8号
設立 2019年11月14日
業種 サービス業
法人番号 8180001138938
事業内容 アミューズメント施設「ウェアハウス」の運営
代表者 植田季明(代表取締役社長)
資本金 1000万円
主要株主 ゲオホールディングス
外部リンク https://www.warehousenet.jp/
テンプレートを表示
株式会社ウェアハウス
WAREHOUSE Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4724
2013年6月18日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
121-0064
東京都足立区保木間一丁目1番19号
設立 1979年昭和54年)6月5日
(株式会社シチエ)
業種 サービス業
事業内容 ビデオ、CD、DVDなどのレンタル業、ゲームセンターなどの総合アミューズメント業
代表者 清水松生(代表取締役社長)
資本金 12億7,660万円(2013年3月現在)
発行済株式総数 10,728,000株
売上高 89億95百万円(2013年3月期)
営業利益 27百万円(2013年3月期)
純利益 △28億30万円(2013年3月期)
純資産 61億43百万円(2013年3月現在)
総資産 106億32百万円(2013年3月現在)
従業員数 105名(2012年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 ゲオホールディングス
外部リンク http://www.warehousenet.jp/
テンプレートを表示
ウェアハウス川崎店の外観、2014年
ウェアハウス三橋店

ウェアハウスは、株式会社ゲオウェアハウスが運営するアミューズメント施設。

かつて東京都足立区に本社を置いていた株式会社ウェアハウス: WAREHOUSE Co., Ltd.)は、ゲオホールディングスの子会社であったが、2014年(平成26年)4月1日に株式会社ゲオ吸収合併された。

概要[編集]

かつては「ウェアハウス」としてビデオDVDCDコミックレンタルに加え、ゲームセンター等のアミューズメント施設の運営を行っていた。

創業当初より長らく株式会社シチエとして営業していたが、2009年(平成21年)1月より、展開している店舗のブランドに合わせて株式会社ウェアハウスに社名を変更し、2010年(平成22年)7月には、同業大手ゲオの連結子会社となった。これに伴い2012年(平成24年)7月、レンタル事業についてはゲオに商号を変更。その後もアミューズメント事業については「ウェアハウス」をそのまま使用しており、ゲオに吸収合併されたあとも継続使用されている。

アミューズメント施設に於いては外装・内装に特徴を持つ店舗がいくつか存在する。例えば、川崎駅の近く店舗は九龍城砦をモチーフとしており、外装から小物類に至るまで忠実に再現している(後述)。

沿革[編集]

  • 1979年昭和54年)6月 - 株式会社シチエを設立。
  • 1982年(昭和57年) - レンタルビデオ事業を開始。
  • 1986年(昭和61年) - 「ウェアハウス」店舗の展開を開始。
  • 1993年平成5年) - アミューズメント事業に参入。
  • 1993年(平成5年)9月 - 本店を現在地に移転。
  • 1994年(平成6年)4月 - カラオケボックス事業に参入。
  • 1999年(平成11年)7月 - 株式を店頭登録。
  • 2000年(平成12年)7月 - カラオケボックス事業から撤退。
  • 2000年(平成12年)12月 - 東証2部に上場。
  • 2003年(平成15年)12月 - 東証1部に指定替え。
  • 2004年(平成16年)11月 - ゲオと業務・資本提携を締結。
  • 2007年(平成19年)12月 - 本社機能を東京都千代田区外神田4丁目5番4号の亀松ビル3階に移転。
  • 2009年(平成21年)1月 - 株式会社ウェアハウスに社名変更。
  • 2010年(平成22年)1月 - ボウリング事業から撤退。
  • 2010年(平成22年)7月2日 - 株式会社ゲオがウェアハウスに対しTOBを実施し成立したため、同社の連結子会社となる。
  • 2010年(平成22年)11月22日 - 千代田区外神田の事務所を廃止し、足立区保木間の本店に統合。
  • 2012年(平成24年)7月1日 - レンタル事業の商号をゲオに変更。
  • 2013年(平成25年)3月 - 株式会社ゲオホールディングスが同年2月より実施していた株式公開買付けの結果、同社の議決権比率が91.27%となる。
  • 2013年(平成25年)6月 - 株式会社ゲオホールディングスの完全子会社となり上場廃止。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 株式会社ゲオに吸収合併される[1]

店舗[編集]

ウェアハウス川崎店[編集]

ウェアハウス川崎店は、九龍城砦をモチーフとした建物として知られ[2][3]欅坂46の楽曲『ごめんね クリスマス』のMV撮影にも使われたこともある[4]。2019年11月17日に閉店した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 連結子会社間の合併に関するお知らせ (PDF)”. ゲオホールディングス (2013年12月26日). 2013年12月28日閲覧。
  2. ^ 東京から30分で行ける廃墟 川崎駅前にそびえ立つ巨大ゲーセン「ウェアハウス川崎」のダンジョンっぷりがやばい”. ねとらぼ. ITmedia (2015年5月14日). 2016年5月3日閲覧。
  3. ^ 制作実績 : アミューズメントパークウェアハウス川崎店”. 星野組. 2015年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  4. ^ a b 川崎の「電脳九龍城砦」が閉店へ 欅坂もMV撮影、廃墟風のゲームセンター”. Iza. 産業経済新聞社. 2020年2月9日閲覧。
[脚注の使い方]

外部リンク[編集]