松下正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松下 正幸(まつした まさゆき、1945年(昭和20年)10月16日 - )は、日本の企業人。パナソニック(旧・松下電器産業)取締役副会長、PHP研究所代表取締役会長、関西経済連合会副会長、伊勢神宮崇敬会会長、元関西経済同友会代表幹事。慶應義塾評議員

人物・経歴[編集]

大阪府出身。第二次世界大戦終結後すぐの松下電器産業がGHQから睨まれた時期、創業者・松下幸之助の娘・幸子と結婚し婿養子となった松下正治の長男として生まれる。姉がいるほか、弟には“ヒロ松下”弘幸がいる。命名は正治が家長であった幸之助に名づけを依頼した際、「正治の“正”と幸之助の“幸”から一字ずつ取ったらええがな」という幸之助の言葉から[1]

灘高等学校を経て慶應義塾大学経済学部を卒業後、1968年に松下電器産業入社。入社の年、松下家の“三代目”として帝王学を身に着けるべく、アメリカのビジネススクールであるウォートン・スクールMBA課程に留学した。卒業後はそのまま現地法人で勤務。帰国後、本社の洗濯機事業部長などを経て取締役となり、常務、専務、副社長を歴任。

次期社長になると目されていたが、2000年6月の人事では中村邦夫が社長に就任し、正幸は代表取締役副会長となった。これにより松下家の世襲による経営体制は崩壊し、後の業績悪化もあって中村は松下一族が築き上げた態勢を一新する大リストラを決行した。そうした事情もあってか、正幸は以後財界活動に身を置くようになった。2004年5月から2年間、関西経済同友会代表幹事を務めたほか、2010年には関西経済連合会副会長として総理大臣官邸を訪れ、当時の鳩山由紀夫首相と会談した[2]

2014年時点では、パナソニック 副会長、PHP研究所 会長、松下不動産 社長、松下幸之助記念財団 理事長、ニュー・オータニ 社外取締役、ホテルオークラ 社外取締役を務めている[3]。2017年、パナソニックの代表取締役を退任して取締役副会長となり、創業以来初めて松下家出身の代表取締役がいな状態となった[4]。同年、祖父松下幸之助が第3代会長を、元妻の祖父弘世現が第4代会長をそれぞれ務めた伊勢神宮崇敬会の第8代会長に、豊田章一郎の後任として就任[5]

私生活では日本生命の元社長・弘世現を祖父に持つ岡橋昌子(よしこ)と結婚し子を4人もうけたが、昌子は2009年12月22日に56歳で亡くなった[6]

脚注[編集]

  1. ^ 。NHKのテレビドラマにもなった元松下家執事・髙橋誠之助の著書『神様の女房』より。ドラマでもこのエピソードが取り上げられている
  2. ^ 首相動静―2月23日
  3. ^ 第88期 定時株主総会招集ご通知-ロイヤルホテル
  4. ^ 「創業家副会長の代表権外す 経営刷新で初」毎日新聞 2017年6月29日 19時45分(最終更新 6月29日 19時45分)
  5. ^ 「伊勢神宮崇敬会会長にパナ副会長・松下正幸さん 松下幸之助は第3代会長」伊勢志摩経済新聞2017年07月07日
  6. ^ “松下昌子さん死去 パナソニック副会長の妻”. 共同通信 (47NEWS). (2009年12月22日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122201001007.html 2011年10月21日閲覧。