Nマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Nマークが付された乾電池

Nマーク(エヌマーク)は、1959年から1987年頃まで松下電器産業(現:パナソニック)や松下電工(後のパナソニック電工)のロゴタイプとして制定されていたマークである。現在もパナソニックの登録商標(第579879号ほか)である。

概要[編集]

1937年に制定された旧ナショナルマーク(登録商標第318460号ほか)を「N」の中に入れたものである。

ナショ文字と同じくカタログや商品の裏、CM看板などに刷り込まれていた。製品には「National」(1973年以前の古い製品では「NATIONAL」)の文字ロゴの左側に記されていた。使用終了後の1987年1994年頃までは主にプラグに用いられた(パナソニックブランドの製品も一部含む)。かつて発売されていたハイライトなる名称の蛍光灯白熱電球にはNだけ外した表記もあった(結果的にNマーク制定以前の旧ナショナルマークと同様)。

Nマークの種類[編集]

Nマークの種類は二つに分けられる。

  • ナショ文字で書かれた片仮名の「ナショナル」表記
  • 「ナショナル」表記部分が英語の「National」表記(1960年代後半~1970年代前半の対米輸出品には「Panasonic」の表記もあった。米国内企業が「National」を商標登録している為)

Nマークの歴史[編集]

テレビでの使用は、1950年代から1987年3月までである。

なお、ナショナル劇場(後のパナソニック ドラマシアター月曜ミステリーシアター)でのNマークは、バージョンに応じて大きさが変化している。

  • 1956年~1959年:Nマークが最初大きくなり、次に小さくなり、松下電噐の表示 色は白黒
  • 1960年~1968年:Nマークが大きくなっている。 これ以降、色は黄色で統一
  • 1969年~1979年:多少縦長になるもののNマークのロゴはほとんど変わらないが、光のアニメーションに一新された。
  • 1980年~1984年:前のバージョンに比べ小さくなった。
  • 1985年~1986年:このバージョンから映像の画質が上がり、Nマークも微妙ではあるがサイズが変わっている。
  • 1987年~1989年:タイトルバックは同じだが、Nマーク、ナショ文字は、(番組での使用は)廃止された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]