わかあゆ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

わかあゆ号(わかあゆごう) は、宮崎交通大分県大分市宮崎県延岡市の間を運行していた特急バス路線の愛称である。延岡市を流れる五ヶ瀬川から名付けられた。

沿革[編集]

1999年に運行開始した当初は宮崎交通大分バス各2往復の計4往復運行であったが、2004年3月31日限りで大分バスは撤退し予約発券などの運行支援業務のみ継続し、宮崎交通による単独運行となった。さらに乗車率が採算ベースの3割に満たず、2006年4月1日から平日の運行を廃止し、土休日のみ大分~延岡間を1往復するようになった。しかし、当時の燃料費高騰や需要の先細りを見越して、2010年4月1日をもって休止された。

当時は東九州自動車道が未開通であり、当路線も全区間が一般道路経由であった。東九州自動車道開通後の2015年4月1日から別府・大分 - 延岡・宮崎間を結ぶ高速バスパシフィックライナー」の運行が開始されており、大分 - 延岡間の利用も可能であるが、停留所が大分市内では3ヶ所に絞られ、延岡側では延岡ICのみとなっている[1][2]

運行区間[編集]

  • 大分(金池ターミナル・県庁正門前)~延岡駅前バスセンター

所要時間・運賃[編集]

大分(トキハ前/フォーラス前)~延岡バスセンター間:2時間11分・片道2,300円(往復4,000円)

停車停留所[編集]

金池ターミナル~パークプレイス大分間内各停留所相互間の利用はできない。

運行車両・車内設備[編集]

かつて2社共同運行していた頃においてはいずれもトイレ付き車両であった。この頃宮崎交通便ではかつての夜行路線で使用されていたスーパーハイデッカーの独立3列シート車である日野ブルーリボン・グランデッカが専用車として主に使用されていたが、大分バス撤退後の単独運行になってからはトイレ無しの4列シート車となった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]