パシフィックライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パシフィックライナー(JR九州バス)

パシフィックライナーは、大分県大分市別府市宮崎県宮崎市とを結ぶ高速バス路線である。

2015年平成27年)4月1日に運行開始した[1][2]

概要[編集]

かつては宮崎交通大分バスとの共同運行で、別府・大分から国道10号を経由、延岡日向を経て南宮崎(宮交本社前(当時))まで結ぶ特急バスを運行[3]していた時期もあったが、高速道路網未整備で時間も掛かり過ぎていた点などから1977年に廃止されていた。[要出典]また、延岡 - 大分間では「わかあゆ号」が運行されていたが、2010年3月末で運行休止されていた。

しかし、2015年3月21日に東九州自動車道佐伯IC-蒲江IC間が開通して、別府市・大分市と宮崎市との間が高速道路で結ばれ、アクセスが改善されたことを受け、本路線の運行が開始された[4][5]

運賃は、金・土・日・祝日及び繁盛期における通常運賃、平日(月~木曜日)割、並びに、ハイウェイバスドットコムでのWeb割の3運賃制度を導入している。SUNQパスは、全九州版(3日間券・4日間券)のみ使用可能。

東九州自動車道の大分-宮崎間開通により当区間の高速バスは、パシフィックライナー以外に、ひむか号(宮崎-延岡線)宮崎-福岡線夜行ひなたライナー(宮崎・延岡-神戸・大阪・京都線)トロピカル号(大分-鹿児島線 ※熊本地震に伴う迂回運行)等、新規路線が多く運行を開始した。

運行会社[編集]

運行経路・停車停留所[編集]

2017年2月1日ダイヤ改正現在[6]。太字は停車停留所。延岡ICを除き、全区間クローズドドア。大分県内のみの利用、および門川BS - 宮交シティ間のみの利用は不可。

別府北浜 - 高崎山- 王子港町 - 大分新川 - 大分〈トキハ前/フォーラス前〉 - 要町(大分駅前高速バスのりば) - 米良バイパス入口 - 大分米良IC - (東九州自動車道) - 延岡IC - 門川BS - 日向IC - 西都IC - 国富BS - 宮崎BS - 宮崎西IC - 西の原 - 県病院前 - 山形屋前/カリーノ宮崎前 - 宮崎駅西 - 宮交シティ

なお、パークプレイス大分経由便は以下の停留所になる(詳細は後述)。

別府北浜 - 高崎山 - 大分新川 - 大分〈トキハ前/フォーラス前〉 - 要町(大分駅前高速バスのりば) - 米良バイパス入口 - パークプレイス大分 - 大分宮河内IC - (東九州自動車道) - 延岡IC - 門川BS - 日向IC - 西都IC - 国富BS - 宮崎BS - 宮崎西IC - 西の原 - 県病院前 - 山形屋前/カリーノ宮崎前 - 宮崎駅西 - 宮交シティ
  • 1日6往復のうち3往復が別府北浜始発・終着(亀の井バス・宮崎交通担当便)、1往復が王子港町始発・終着(大分バス担当便)、2往復が大分新川始発・終着。(JR九州バス・大分交通担当便)となっている。このうち、宮崎を午前中に出発する便と、大分・別府を午後に出発する便がパークプレイス大分経由となる。(JR九州バス・宮崎交通担当便)
  • トキハ前(中央通り・1番のりば)は宮崎行きの乗車のみ、フォーラス前(中央通り・高速バス降車場)は大分・別府行きの降車のみ停車する[7]
  • フェリーさんふらわあの西大分港発着に合わせ、王子港町に停車する便が大分方面行き1便、宮崎行き2便が設定されている。宮崎行き便は、始発便の別府北浜発(亀の井バス担当便)・および王子港町始発(大分バス担当便)が朝のフェリー到着に、上りの王子港町行き(大分バス担当便)が夕方のフェリー出航に合わせてダイヤが組まれている。
  • 道の駅北川はゆまにおいて10分間の途中休憩を行う。
  • 延岡駅には入らない。延岡駅から延岡ICのバス停に行く場合は、延岡駅前バスセンターから宮崎交通バス「高千穂バスセンター」行き、又は「行縢山(むかばきやま)登山口」行きに乗り、小峰(こみね)下車。徒歩6分。所要時間11分で、運賃は290円。1時間に1~2本運行されている。
  • 山形屋前は大分・別府行きの乗車のみ、カリーノ宮崎前は宮崎行きの降車のみ停車する。
  • 宮交シティは7番のりばから、宮崎駅西は駅西口前の高速バスターミナル(「KITEN」1F)Cのりばから発車する。
  • 2016年5月13日より宮崎県内 と 延岡IC間を利用する場合に限り、空席がある場合に限って乗車が可能。高速バス『ひむか号(宮崎 - 延岡線)』の回数券は利用できる。[8]

沿革[編集]

  • 2015年
    • 2月4日 - 運行開始日を発表。愛称募集開始[9]
    • 3月5日 - 予約受付開始。愛称は「パシフィックライナー」に決定[10][11]
    • 4月1日 - 運行開始。
    • 9月10日 - フェリーさんふらわあの大阪 - 別府航路又は神戸 - 大分航路とパシフィックライナーを組み合わせた割引プラン「バスふね関西・宮崎パック」を発売[12]
  • 2016年
    • 5月16日 - 宮崎県内 と 延岡IC間を利用する場合に限り、予約なしで乗車可能になる。
    • 7月1日 - ダイヤ改正を実施。[13][14]停留所に王子港町と要町を追加。大分便の1往復を別府便に延長。
  • 2017年
    • 2月1日 - ダイヤ改正を実施。[6]大分県内は「米良バイパス入口」、宮崎県内は「西の原」・「県病院前」が停留所として追加。また、王子港町始発便が設定される。

使用車両・車内設備[編集]

  • ハイデッカー
  • シート
    • 3列シート(横2+1列 定員29名) - 大分交通・大分バス
    • 4列シート(横2+2列) - 宮崎交通・亀の井バス・JR九州バス
  • トイレ

宮崎交通便においてはパウダールーム付きトイレおよび各座席には携帯電話等充電用コンセントを設置。

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎−大分高速バス、4月運行 格安料金で1日6往復:ニュース:九州経済 qBiz 西日本新聞経済電子版、2015年3月11日
  2. ^ 高速バス 宮崎へ運行開始 大分合同新聞、2015年4月1日
  3. ^ この時の愛称は別府⇒南宮崎は「はまゆう号」、南宮崎⇒別府は「ゆけむり号」と名称が変わっていた
  4. ^ 高速バス宮崎・延岡~大分・別府線「パシフィックライナー」が運行を開始します。 延岡市、2015年3月31日
  5. ^ 38年ぶり!大分-宮崎高速バスが運行 大分朝日放送、2015年4月1日
  6. ^ a b 別府・大分⇔延岡・宮崎高速バス「パシフィックライナー」 時刻表 - 大分バス
  7. ^ 大分バスにおける正式名称は「大分バス本社前(現在は中央通りに変更)」であるが、本路線では他社と同様この名称を使用する。
  8. ^ 宮崎⇔延岡間高速バス、「ひむか」及び「パシフィックライナー」の利便性向上について - JR九州バス (2016年5月13日。2016年6月20日閲覧)
  9. ^ 平成27年4月1日「宮崎・延岡~大分・別府線」運行開始 ~38年ぶりの直行バス復活を記念し「愛称」を募集します~ (PDF)”. 宮崎交通 (2015年2月4日). 2015年4月2日閲覧。
  10. ^ 東九州自動車道経由高速バス 宮崎・延岡~大分・別府線 公募の愛称決定しました。いよいよ3/5から予約開始 (PDF)”. 宮崎交通 (2015年3月4日). 2015年4月2日閲覧。
  11. ^ 高速バス愛称決まる 2015年3月6日 (夕刊デイリー)
  12. ^ バスふね関西・宮崎パック:高速バスとフェリーをセットに 来月10日から関西−宮崎方面が割安/大分 毎日新聞、2015年8月30日
  13. ^ 高速バス 宮崎~大分線「パシフィックライナー」 7月1日ダイヤ改正のお知らせ - 宮崎交通(2016年05月30日、6月14日閲覧) 別紙時刻表(PDF)
  14. ^ 大分バス 大分 - 宮崎線 時刻表(7月1日~)(PDF) - 大分バス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]