出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ススキ。代表的な茅の一種。
枯れて穂の綿毛が開いた状態の茅。一箇所から円形に束ねたように生えるススキと違い、根元付近は間隔が空いて生える。

(かや)は、古くから[いつ?]屋根材や飼肥料などに利用されてきた、イネ科[1][2]あるいはイネ科およびカヤツリグサ科[3]草本の総称である。

カヤと呼ばれるのは、細長い葉と茎を地上から立てる一部の有用草本植物で、代表種にチガヤスゲススキがある[3][4]

ススキを特定的に意味することもある。総称が本義でススキの意が派生[3]だが、逆に、ススキが本義で意味が広がった[2]とも。

名称[編集]

語源[編集]

語源には諸説あり、屋根を葺くことから刈屋あるいは上屋[3][1]、あるいは朝鮮語起源[1]とも。

漢字[編集]

「茅」は元来はカヤの1種のチガヤの意味で、カヤ全体の意味に広がった[3]

「萱」とも書くが、この字の本来の意味は「ワスレグサ」であり、「かや」とずるのは国訓である[5]。元来は『和名抄』や『名義抄』で「萓」(下が亘でなく且)と書かれていたのだが、誤って「萱」となった[3]

特徴[編集]

イネムギなどの茎()は水を吸ってしまうのに対し、茅の茎は分があるので水をはじき、耐水性が高い。

利用[編集]

材料[編集]

耐水性の高さから、茅の屋根を葺くのに好適な材料となり、以前[いつ?]の日本では最も重要な屋根材として用いられた。

屋根を葺くために刈り取った茅をとくに刈茅(かるかや)と呼び[6]、これを用いて葺いた屋根を茅葺(かやぶき)屋根と呼んだ。

現在でも、菅笠をはじめとする各種民芸品や、茅の輪(ちのわ)などが茅を編んで作られている。

その他[編集]

かつて[いつ?]の農村ではなど家畜の飼料、田畑の肥料燃料などさまざまな利用があった。

収穫[編集]

このように重要であった茅を確保するために、往時[いつ?]の農村では、集落周辺の一定地域を茅場とし、毎年火を入れて森林化の進行を防ぎ、そこから茅を収穫することが普通であった。

言葉[編集]

茅・萱は季語である。

主な種類[編集]

カヤが和名に付く種は多く、ほとんどがイネ科である。

カヤが和名に付く代表的な種と、それ以外でもカヤの例とされる種を挙げる。

イネ科[編集]

カヤツリグサ科[編集]

無関係なもの[編集]

裸子植物のカヤ(榧、イチイ科木本)およびイヌカヤカヤツリグサ(蚊帳吊草)の「カヤ」は「茅」とは無関係である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 深津正、「カヤ」 『世界大百科事典平凡社〈2009年改定新版〉、2009年 
  2. ^ a b 「カヤ」 『万有百科大事典 19 植物』、1972年 
  3. ^ a b c d e f g 「かや」 『日本国語大辞典小学館〈第二版〉、2000–2002。 
  4. ^ a b 広辞苑 第五版 「かや」
  5. ^ 『角川新字源』(1988年 122版)「萱」
  6. ^ 広辞苑 第五版 「かるかや」