コクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コクワガタ
Dorcus rectus 01.JPG
コクワガタの成虫♂(2007年6月)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科
Lucanidae
: オオクワガタ属
Dorcus
亜属 : コクワガタ亜属
subgen. Macrodorcus
: コクワガタ
D. rectus
学名
Dorcus (Macrodorcus) rectus
(Motschulsky1857)
 樹液に集まるコクワガタ♂45ミリ
樹液に集まるコクワガタ♂45ミリ(撮影:東京 5月)

コクワガタ小鍬形 Dorcus rectus)は、コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属コクワガタ亜属の1で、5亜種に分類されている。 広く分布し、日本本土では最も普通に見られるクワガタムシの1つである。 種小名rectus とは「真っすぐの」という意味である。

形態[編集]

国産クワガタムシの最普通種。「小さい鍬形虫」という意味の和名だが、日本のクワガタムシの中では決して小さくはなく、中型種であるといえる。体長はオスが17 - 54.4mm、メスが21.5 - 33mm、飼育下では最大がオスが56.6mm、メスが36.9mm。

他のオオクワガタ属と同様に体は上下に平たく、黒い体色をしているが、赤褐色を帯びるものもいる。オオクワガタヒラタクワガタに比べると体幅が狭く細いが、頭盾はヒラタクワガタより幅広い。

オスの大顎はオオクワガタやヒラタクワガタに比べて細長く、前方に伸びる。大アゴの中央から前方1/3くらいの位置に内歯(内側のトゲ)を1対だけ有し、先端にもとても小さい内歯を1対持つ。 小さなオスではこれらの歯は消失する。オスの頭部背面、前胸背板、上翅は全体に密で浅い艶消しがあり光沢は弱い。内歯が全て消失した小型個体はかつて「ヒメクワガタ」の和名を与えられ別種と考えられていた。

メスの場合は前胸背板にやや強い光沢を持ち、上翅の縦縞は平行となる。同じコクワガタ亜属のスジクワガタD. striatipennisネブトクワガタなどとよく似ていて混同されることもあるが、オスの大アゴに歯が1つしかないこと、前翅に線がないことなどで区別できる。 また、ネブトクワガタは大きく生態が異なり、幼虫は主としてシロアリが食害した腐植質を餌とする。

分布[編集]

日本・朝鮮半島中国台湾

東アジアに広く分布し、日本でも北海道から九州まで全国に分布する。

生態[編集]

生息数そのものも多いが、森林だけでなく、街路樹や公園の樹木などの都市部の小規模な緑地でも見られることがあり、日本のクワガタムシの中では最もなじみ深い種類である。木を蹴ると落ちてくるので、採集もしやすい。

野外で成虫は5月から10月中旬ごろまで活動し、おもにクヌギコナラアベマキカシヤナギニレアカメガシワシラカシなど広葉樹の樹液に集まる。 他にも朽木の中に潜んでいたり、夜間に灯火に飛来したりする。特に越冬明けの春から初夏に飛来することが多い。 夜行性だが、オオクワガタやヒラタクワガタほど徹底している訳ではなく、昼間にも活動する。樹液の他には、産卵木である広葉樹の朽木の上や、木の洞や樹液の出ている木の根元でも見つけられることがある。

 コクワガタ♂45ミリ
コクワガタ♂45ミリ (撮影:東京 5月)

幼虫は広葉樹の朽木に穿孔し、その材を食べて成長する。クスノキのような殺虫成分を持たなければ食樹の樹種は問わない。クスノキであっても腐朽の進行により殺虫成分が減衰していれば、しばしば穿孔している。稀ではあるが針葉樹であるマツの朽木から発見される例もある。野生下では孵化から化にまる1年かかるのが普通であるが、寒冷な環境では2年かかることもある。蛹の期間は約3週間。羽化した成虫の成熟には1か月を要するが、夏から秋に羽化した場合、そのまま越冬して翌年春に活動を開始する場合が多い。 一旦野外活動を開始した成虫は、一部の個体はその年に一生を終え、越冬した個体も大半は翌年に一生を終える。越冬中に死亡する個体も少なくない。

コナラの樹液に集まるコクワガタ
コナラの樹液にて(5月 東京)
コクワガタ(メス)
コクワガタ(メス)
交尾するコクワガタ(撮影地:東京)

分類[編集]

本種は5亜種分類されている。八丈島屋久島三島村トカラ列島にそれぞれ別亜種が知られており、どちらも原名亜種よりも赤色が濃い。

コクワガタ・原名亜種
Dorcus rectus rectus (Motschulsky, 1857)
北海道本州四国九州から五島列島など、朝鮮半島・中国・台湾。オス17 - 54mm、メス21.5 - 33mm。体色は黒色から黒褐色。
ハチジョウコクワガタ
D. r. miekoae (Yosida, 1991)
八丈島。オス23 - 49mm、メス23 - 28mm。大型個体では内歯より少し上の部分の幅が広い。
ヤクシマコクワガタ
D. r. yakushimaensis Tsuchiya, 2003
屋久島種子島馬毛島甑島列島。オス21.5 - 50mm、メス21.5 - 30mm。赤褐色で光沢が弱い。
ミシマコクワガタ
D. r. mishimaensis Tsuchiya, 2003
三島村男女群島口永良部島。オス18.5 - 49mm、メス20.5 - 31.5mm。全体的に ほっそりしている。
コクワガタの交尾の様子(撮影地:東京 5月)
トカラコクワガタ
D. r. kobayashi (Fujita et Ichikawa, 1985)
トカラ列島中之島諏訪之瀬島など)。オス23 - 50.5mm、メス24 - 28mm。赤褐色で光沢が強い。

近縁種[編集]

日本には、近縁種のスジクワガタとリュウキュウコクワガタが知られており、本種と同じく、幾つかの亜種に分かれる。

スジクワガタ Dorcus striatipennis
日本全土に分布している。コクワガタに似ているが、体型が若干細長く、オスの体長は平均10ミリ近く小型で、大顎の内歯がやや二股に分かれている。和名の由来は雌や小型の雄の上翅の点刻が列状につながって並んでいるためであるが、大型の雄になるほど点刻が浅くなり不明瞭となる。体長は14 - 39mm。
コクワガタよりも相対的に冷涼湿潤な環境を好み、やや高標高に多く、平地や低山地でも沢や小川、用水路等と隣接した森林に多産する。成虫の飼育は暑さに気を付ければ容易だが、繁殖は難しく、多くの場合飼育下の成虫は産卵することなく寿命を終えてしまう。野生の幼虫は土中に半埋没した湿気の多い朽木にみられ、腐朽分解の不十分なやや固い朽木にも穿孔している場合が少なくない。亜高山帯から高山帯の広葉樹の朽木から採集される中型のクワガタムシ科幼虫は、殆どが本種かオニクワガタである。ルリクワガタやマダラクワガタなどの小型種と見間違うことはない。
屋久島には亜種のヤクシマスジクワガタ (D. s. kawamai) が生息し、本種よりも赤みが強い体色が特徴。
リュウキュウコクワガタ D. amamianus
奄美大島以南の南西諸島に生息し、原名亜種のリュウキュウコクワガタ (D. a. amamianus) は沖縄本島北部の山地に生息する。コクワガタよりも小型で、大顎の形状がヒメオオクワガタに近い。体長は21 - 38mm。
夜行性。バナナやパイナップルでトラップ採集をおこなうと、最普通種のクワガタムシであるオキナワヒラタクワガタに混じって少数得られるが、傾向として本種のほうが相対的にやや高標高に多い。野生の成虫の餌はシイやカシの樹液であり、ヤンバルテナガコガネと一緒に樹液を吸っている姿がNHKVTR撮影もされている。知られている亜種には奄美大島産のアマミコクワガタ (D. o. amamianus)、徳之島産のトクノシマコクワガタ (D. o. kubotai)、西表島のヤエヤマコクワガタ (D. a. yaeyamaensis) がある。ヤエヤマコクワガタはまだ10頭ほどしか得られていないため採集家たちの間では、採集禁止種を除く国産クワガタ全種全亜種制覇の最後の壁ともいわれている。
ネパールコクワガタ D. nepalensis
インド北東部とネパールに分布する。
世界最大のコクワガタで、体長は最大で80mm近くにも達し、大きさに加えてツヤクワガタのような色合いで人気も高い種だが、低温帯に住んでいるため、日本での飼育が難しい。
キベリコクワガタ D. fulvonotatus
インド北東部やブータンなどに生息する。体長20 - 31mm。小型ながらドルクス属でもっとも色彩豊かなことで人気のある種である。
エレガントルスコクワガタ D. elegantulus axis
スマトラ島に生息。他にミャンマーマレー半島に亜種が生息する。産地が示す通り、飼育には温度管理などの細心の注意が必要だとされる種である。体長14 - 30mm。
グラウトコクワガタ D. groulti
インド北東部や、タイ北西部に生息。体長15 - 22mm。ノコギリクワガタオオツヤクワガタに似た、くの字型の大顎を持つ。
エレガンスコクワガタ D. elegans
体長20 - 36mmで、長く伸び、先端に内歯が付いた大顎が特徴。インド北東部やネパールに生息。名前通り華奢な外観である。エレガントルスと良く混同されるが、この種も高温に弱く、飼育が難しい種とされる。

飼育[編集]

温度や湿度についての適応幅が広く、オオクワガタと並んで、最も飼育しやすいクワガタである。 体が小柄な分、大型種ほど飼育スペースや餌を必要とせず、幼虫もそれほど多くの餌が必要という訳でも無いので、ある意味ではオオクワガタよりも遙かに飼育しやすいといえる。 本種の雌は原則としてマットには産卵しないので、採卵の際には材が必要である点には注意を要する。 なお、幼虫は発酵マットや材でも容易に飼育できるが、菌糸ビンを使うとさらに大型の個体を容易に羽化させることができる。成虫も長命で、2 - 3年ほど生きる時もある。

脚注および参考文献[編集]