ガヴリールドロップアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガヴリールドロップアウト
ジャンル 日常コメディ天使×悪魔
漫画
作者 うかみ
出版社 KADOKAWA
掲載誌 コミック電撃だいおうじ
レーベル 電撃コミックスNEXT
発表号 vol.4 - 連載中
発表期間 2013年12月27日 -
巻数 既刊4巻(2017年1月現在)
アニメ
原作 うかみ
監督 太田雅彦
シリーズ構成 あおしまたかし
キャラクターデザイン 熊谷勝弘
音楽 三澤康広
アニメーション制作 動画工房
製作 ガヴリールドロップアウト
製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年1月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ガヴリールドロップアウト』は、うかみによる日本漫画作品。『コミック電撃だいおうじ』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス)にて、vol.4(2013年12月発売)より連載中。公式略称は「ガヴドロ[注 1]

あらすじ[編集]

天界にある「天使学校」を首席で卒業したガヴリールは修行のため人間界に下り、高校に通うこととなった。「立派な天使になって人間達を幸せに導く」と誓った彼女だが、下界の様々な楽しみを知ってしまい、いつしか「ドロップアウト」して自堕落な生活を送るようになってしまっていた。

登場人物[編集]

天真=ガヴリール=ホワイト(てんま=ガヴリール=ホワイト)
- 富田美憂[2]
通称「ガヴリール」。略称「ガヴ」。本作の主人公。4月20日生まれ。主要キャラ4人の中で一番小さく、胸もAカップの貧乳。
天使学校時代から下界に降りてネトゲにはまるまでは、品行方正で金髪碧眼のサラサラのロングヘアーが似合う美少女だった。(顧みる本人曰く「偽りの姿だった」と自嘲している。)
天使学校を首席で卒業し下界での修行に旅立ち、静岡県浜松市をモデルとする街に住み始めるが、ネトゲにハマるなどぐうたらな暮らしを送るようになり、「堕天使」ならぬ「駄天使」となってしまう。髪の毛は普段手入れをせずボサボサで、アパートではいつもジャージを着ている。ネトゲの世界で国を2つ救った事が、彼女にとっての下界での成果らしい。また、ゲームの課金のしすぎでお金が足りなくなったという理由で「エンジェル珈琲」という喫茶店で週に1回アルバイトしているが、あまりやる気がなく、からかいに来たサターニャを殴ってしまう。
「神足通」という、自分の思った場所に行けるという能力を持っているが、間違えてパンツやスカートを飛ばしてしまったり、中々使いこなせていない様子。
酒に弱く、初詣の際に飲んだ甘酒の影響で世界を滅ぼそうとしてしまった。
服を脱ぐと、大事な所は聖なる光でガードされている。
姉と妹がいる。妹はガヴリールとは全くの正反対で純真無垢な性格をしている。さすがの彼女も妹は大事に思っており、堕落しきった体を酷使して妹の無茶ぶりに答えてあげていた。
実家は貧乏ではないが、天界と下界の文明の差に彼女曰く、「昭和のよう」のこと。
月乃瀬=ヴィネット=エイプリル(つきのせ=ヴィネット=エイプリル)
声 - 大西沙織[2]
通称「ヴィーネ」。10月10日生まれ。
下界に来た頃、自分のマンションが分からず迷っていたところ、ガヴリールに案内してもらい、そこから友達となった悪魔。チャッピーという、超大型のイフリートを飼っている。
出会いから徐々に堕落していくガヴリールを見て、自分の力ではどうにもならないものもある事を悟ったらしい。真面目で困っている人を見ると助けてしまうなど一般的イメージの悪魔からはほど遠い性格で、ガヴリールの世話も積極的に行っている。
ガヴリールから指摘された後、悪魔らしくない、という事は彼女自身もよく理解している。わざと悪い事をしようと意気込むが、セーターのボタンを止めなかったり、ガヴリールのボールペンの芯を出しっぱなしにする、などという事しかできなかった。彼女曰く、これが精いっぱいの悪いことらしい。
クリスマスやハロウィンなどの下界での行事を存分に楽しんでいる様子。裁縫のスキルはとても高く、ハロウィンで使用する衣装などを自分で作り上げてしまう程である。また、裁縫だけでなく料理の腕も良く、休みの日にはかぼちゃのスープを作ったり、クリスマスの際にはクリスマスケーキを自作で一から作っていた。
ゴキブリが大の苦手で、ガヴリールの部屋で見つけた際には、彼女の部屋を半壊させてしまうほど気が動転してしまった。
胡桃沢=サタニキア=マクドウェル(くるみざわ=サタニキア=マクドウェル)
声 - 大空直美[2]
通称「サターニャ」。8月15日生まれ。
ガヴリールを勝手にライバル視している悪魔。根拠ゼロの自信家。アレキサンダーという、小型のドラゴンをペットとして飼っている。
人間は下等な生き物、悪魔的な行為、という理由で宿題をやってこなかったりと、少しずれている所がある。その件は案の定先生に怒られた挙句、泣いてしまった。そのような行動のせいなのか、クラスでは昼食を一緒に食べる友達がおらず、一人飯をしていた。しかし、ガヴリール達にばれてしまい、その後は彼女達と共に食事をとっている様子。極度の味音痴であり、学校の調理実習の際にガヴリール、ヴィーネと共に調理し失敗してしまった異様な見た目の物を美味しいと思っていたり、食べたらその日は眠れなくなると言われる激辛からしシュークリームを平気で食べていた。さらには、学食のうどんに七味を七回かけても、とてもおいしいと思ってしまうほどである。
悪魔通販の立派なカモであり、毎度のようにぼったくり商品を買わされている。乗せられやすい性格をしており、ラフィエルを弟子にしたつもりが、逆にパシリにされたり、10分間笑いが止まらなくなるというマグナムを、口車によってガヴリールに渡してしまい、逆にやられるといった事など。ガヴリール曰く、体はとても丈夫らしい。
実家は「胡桃沢洋菓子店」という店で、父、母、共にトマトジュースを人間の生き血と言うなど、雰囲気を大切にする家族らしい。しかし、弟はただ一人、姉とは正反対でしっかりしていて常識人。
白羽=ラフィエル=エインズワース(しらは=ラフィエル=エインズワース)
声 - 花澤香菜[2]
通称「ラフィエル」。略称「ラフィ」。3月19日生まれ。4人の中で一番背が高く、バスト89の巨乳の持ち主。後ろ髪に大きな赤いリボンを結んでいる。
天使学校でガヴリールに次ぐ次席で卒業した天使。トラブルや揉めごとが好きなサディスト
道端でサターニャが犬とメロンパンを取り合っていたところを偶然目撃し、それ以来彼女を「おもしろい玩具」になると確信し、よくいじったり付きまとったりしている。ガヴリールの堕落の原因はサターニャの仕業だと彼女に執心しているタプリスに嘘の情報を流したり、サターニャとガヴリールの将棋対決に立ち合いを許可させたりと、ことごとくサターニャをいじっている。挙句の果てには、サターニャの家をピッキングして勝手に入り込んでいた。しかし、天使学校次席という事もあり、勉強やスポーツ等は人並み以上にこなす事ができ、ガヴリールとは違い下界の学校でも優秀な生徒である。
休日は映画をよく鑑賞し、日本語音声で、音声と字幕の違いを見るのが面白いらしい。
彼女の実家もガヴリールと同等何もなく、あまりの暇さにスクワットでもしようとしてしまうほどである。
千咲=タプリス=シュガーベル(ちさき=タプリス=シュガーベル)
声 - 水瀬いのり[2]
通称「タプリス」。略称「タプ」。6月4日生まれ。
ガヴリールの後輩の天使で、彼女を慕っている。とても真面目な性格で純情。
信号機の赤は「止まれ」、道路は右側通行、水曜日はポイント5倍、犬のふんは持ち帰る、といった事など、下界の知識を積極的に吸収しようと頑張っている。ガヴリールの為にパソコンの知識を覚えようとするものの、間違えてプログラミング言語であるC言語Javaを覚えてしまった。彼女にとって、ヤンキーは危険度A+、犬(アニメでは猫)はBらしい。
天界で優秀な生徒だったガヴリールが堕ちてしまったのは悪魔のせいだと信じ切っている様子。根源(と思っている)サターニャに宣戦布告し、何故かババ抜きをする事となる。善戦をするが、サターニャの姑息なズルに加え、ポーカーフェイスが出来ないため、負けてしまう。
委員長
声 - 渕上舞[2]
ガヴリールのクラスの委員長。生真面目な性格で趣味はクロスワード。特技は暗算。ガヴリールとヴィーネの天界に関する会話に対して、激しいツッコミを入れるノリのいい人。
美術のデッサンの授業でサターニャと組むことになってしまい、周りが座っている中、一人だけ恥ずかしいポーズをさせられてしまった。しかし、真面目な性格のせいなのか、サターニャのやる気を下げないために、小道具を付けることを提案したり、違うポーズを試してみたりとしていた。かなりの絵心の持ち主である。
マスター
声 - 梅津秀行[2]
「エンジェル珈琲」の店主。ガヴリールを外人と思っており、言葉の壁などを見越してか、彼女のやる気のない奇想天外な接客に対して褒めてあげたり、ヴィーネの悪い事をしたいという願望に対して、若干の勘違いは生まれつつも親身になって相談に乗るなど、かなりの温和な性格。落ち着いた雰囲気が店の自慢らしい。
商社時代にブラジルで出会ったとびきりのコーヒー豆からコーヒー好きになり、それがこうじて会社をやめてこの店を開店した。自分が思う最高のコーヒーを20年追求し続けた自慢のブレンドコーヒーは残念ながらガヴリールには分かってもらえなかった。サターニャに限っては、心が折れるほどひどく言われてしまった。しかし、ヴィーネはとてもおいしいと絶賛しており、嬉しさのあまり思わず泣いてしまった。
実は昔はブイブイ言わせてたらしく、「永久不滅の仏顔」とは彼の事らしい。ちなみに髪の毛は地毛である。
声 - 井澤美香子[2]
 サターニャの天敵。ことあるごとに彼女の弁当やメロンパンを、鳶が油揚げを攫うがごとく持っていく。
 浜辺では砂に埋まったサターニャにおしっこを未遂ではあるが掛けようとした。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年7月にテレビアニメ化が発表された[3]2017年1月よりTOKYO MXほかにて放送中。原作者のうかみもサラリーマン役[4]として声の出演をしている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - うかみ(KADOKAWA
  • 監督 - 太田雅彦
  • シリーズ構成 - あおしまたかし
  • キャラクターデザイン - 熊谷勝弘
  • サブキャラクターデザイン - 桑原直子
  • 美術監督 - 三宅昌和
  • 色彩設計 - 真壁源太
  • 撮影監督 - 桑野貴文
  • 編集 - 小野寺絵美
  • 音響監督 - えびなやすのり
  • 音楽 - 三澤康広
  • 音楽プロデューサー - 竹山沙織
  • 音楽制作 - KADOKAWA
  • プロデューサー - 山下愼平、千葉和也、礒谷徳知、中東豊和、新井恵介、尾形光広
  • アニメーションプロデューサー - 本橋研一
  • アニメーション制作 - 動画工房
  • 製作 - ガヴリールドロップアウト製作委員会(KADOKAWA、動画工房、AT-XNTTぷららソニー・ミュージックコミュニケーションズ、角川メディアハウス)

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ガヴリールドロップキック」(第2話 - )
作詞・作曲・編曲 - 前山田健一 / 歌 - ガヴリール(富田美憂)、ヴィーネ(大西沙織)、サターニャ(大空直美)、ラフィエル(花澤香菜
第1話ではエンディングテーマとして使用された。
エンディングテーマ
「ハレルヤ☆エッサイム」(第2話 - 第6話)
作詞 - 坂井竜二 / 作曲・編曲 - 山崎真吾 / 歌 - ガヴリール(富田美憂)、ヴィーネ(大西沙織)、サターニャ(大空直美)、ラフィエル(花澤香菜)
「ガヴリールの数え歌」(第7話)
作曲・編曲 - 三澤康広 / 歌 - ヴィーネ(大西沙織)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 原作話 エンドカード
イラスト
第1話 もう戻れないと知ったあの日 あおしまたかし 太田雅彦 守田芸成 中野裕紀、山野雅明
天崎まなむ
熊谷勝弘 第1話 - 第3話
第7話
ばらスィー
第2話 天使と悪魔と委員長 子安秀明 三原武憲 野木森達哉 小倉寛之、渡辺舞 桑原直子 第4話、第16話
第5話、第9話
七桃りお
第3話 友と勤労と虫刺されの夏の日 杉原研二 誌村宏明 堂川セツム 天﨑まなむ、山野雅明
佐藤このみ、中野裕紀
小倉寛之、渡辺舞
保村成
熊谷勝弘 第6話、第14話
第17話、第8話
狗神煌
第4話 いざ夏休み 鴻野貴光 矢花馨 小川浩司、飯泉俊臣
吉田肇、渡辺舞
桑原直子 第10話 - 第12話 黒田bb
第5話 その幻想を壊されまくった天使 あおしまたかし 上坪亮樹 小倉寛之、中野裕紀
曾我篤史
第24話 - 第26話
第29話一部
いわさきまさかず
第6話 サターニャの逆襲 子安秀明 三原武憲 えんどうてつや たなかれい、桜井木ノ実
三井麻未、岡田豊広
志水よしこ
熊谷勝弘 第13話、第18話
第22話、第15話
柊暁生
第7話 ヴィーネの悪魔的な日々 杉原研二 原口浩 佐藤このみ、保村成
渡辺舞
桑原直子 第2巻おまけ一部、第27話
第19話一部
憂姫はぐれ

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [6] 備考
2017年1月9日 - 月曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 製作委員会参加
CS放送 / リピート放送あり
2017年1月10日 - 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
サンテレビ 兵庫県
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2017年1月11日 - 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) KBS京都 京都府
水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) 岐阜放送 岐阜県
水曜 1:20 - 1:50(火曜深夜) 三重テレビ 三重県
水曜 2:26 - 2:56(火曜深夜) 静岡放送 静岡県 作品の舞台地
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2017年1月10日 - 火曜 0:30 更新 ひかりTV 製作委員会参加
日本国外 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト 対象地域 備考
2017年1月9日 - 月曜 23:30 更新 ビリビリ動画 中国大陸 中国語簡体字)字幕あり

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2017年3月24日予定 第1話 - 第4話 ZMXZ-10941 ZMBZ-10951
2 2017年4月26日予定 第5話 - 第8話 ZMXZ-10942 ZMBZ-10952
3 2017年5月24日予定 第9話 - 第12話 ZMXZ-10943 ZMBZ-10953

Webラジオ[編集]

ガヴリールドロップアウト〜天使と悪魔のシェアハウス〜』は、2017年1月6日より音泉にて毎週金曜に配信されているラジオ番組[7]。パーソナリティはガヴリール役の富田美憂、ヴィーネ役の大西沙織、サターニャ役の大空直美

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 公式Twitterのユーザー名とTVアニメ公式ホームページのURLには「ガヴドロ(gabdro)」と書かれている。[1]

出典[編集]

  1. ^ http://gabdro.com/
  2. ^ a b c d e f g h CHARACTER”. TVアニメ「ガヴリールドロップアウト」公式サイト. 2017年2月12日閲覧。
  3. ^ 救いようのない駄目天使! 「ガヴリールドロップアウト」テレビアニメ化決定 - ねとらぼ(ITメディア)、2016年7月27日配信
  4. ^ 第5話
  5. ^ オンエア”. 2016年11月25日閲覧。
  6. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  7. ^ ガヴリールドロップアウト〜天使と悪魔のシェアハウス〜”. 音泉. 2016年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]