メロンパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メロンパンは、日本発祥の菓子パンの一種。

パン生地の上に甘いビスケット生地(クッキー生地)をのせて焼くのが特徴である。主に紡錘形のタイプと円形のタイプとそれ以外の形のタイプに分かれる。関西地方四国地方の一部、中国地方の一部では円形のメロンパンをサンライズと呼称する習慣がある[1]

メロンパン

名称の由来[編集]

名前の由来は以下のとおりいくつか説があり、どれが正しいのかは不明。のちにメロンを原材料に加えた商品も登場しているが、これは命名された理由とは無関係で、スタイルに実際が追いついた例である。

歴史[編集]

基になった菓子[編集]

メロンパンの原型はアメリカ経由で日本に入ってきたメキシコの菓子『コンチャ』とも、ドイツの菓子『ストロイゼルクーヘン』とも言われているが、真相は謎である。

紡錘形のメロンパン[編集]

関西地域でのメロンパン(白餡入)

メロンパンは、明治時代後半から第一次世界大戦後の日本で作られ始めたとされている。広島の田中屋と言うパン屋が始まりと言われている。[2]洋食店などで使われるライスを成型するのに用いる食型で成型して焼き上げていたため、この当時のメロンパンはアーモンドを縦に割ったような紡錘形をしていた。上に乗ったビスケット生地の表面には数本の溝が付き、この形が、メロンの亜種であり、当時「メロン」として売られていたマクワウリに似ていることからメロンパンという名で呼ばれるようになった。神戸京都などで売られているものは、中には白餡が入っている[3]。後に広島県呉市などで、これを模倣する形でカスタードクリーム入りのものも作られた。

円形のメロンパン[編集]

サンライズ

その後、日の出の形を真似て、円形で上にビスケット生地を乗せたパン、サンライズが誕生した。神戸に本店のある金生堂の呉支店が軍艦旗の放射状の線を付けていたからサンライズと呼んだが、放射状の線より格子状の線が付けやすいので、現在の形になった。[4]それが一般化するにつれ、旧来の紡錘形のメロンパンは次第に姿を消していった。また、大正時代に入りマスクメロンが日本に輸入されてくるようになると、「メロン」という言葉で丸いマスクメロンが連想されるようになる。サンライズと上記のメロンパンは別物だったが、マスクメロンに形が似ているサンライズも混同されてメロンパンと呼ばれるようになった。大手の製パン業者もこれに倣い、それまでサンライズという名で製造していたものをメロンパンと改めた。近年では、自動車を使っての屋台方式で円形のメロンパンのみを実演販売する専門店が増えている。

関西大阪地域は含まず)の一部店舗では、現在でも円形のサンライズと紡錘形のメロンパンの両方が製造・販売されている。また、神戸や京都などではサンライズを「サンライス」と呼ぶ人も少なくない。また、地方でも、アンデルセンリトルマーメイドは本社を広島県に持つため、「サンライズ」が販売されているのを見ることが出来る。

近年のメロンパン(その他の形)[編集]

近年、円形のものを中心としたメロンパンの変種が次々と作られる中で、中にはメロンの形とは全く無関係の長方形や楕円形などの形をしたメロンパンも登場している。また、表面にビスケット生地が乗せられてはいるものの、平行線が付けられているなどメロンの表面の模様を全くイメージしていないものも多い。

メロンパンの変種[編集]

メロン入りのメロンパン[編集]

フルーツパーラーを経営している新宿高野が、円形で生地やクリームにメロン味を付けた、“文字通りの”メロンパンを作って販売。競合メーカー他社も「メロン味のメロンパン」を製造するようになった。

2008年から熊本を中心にみられる「高校生のコメロンパン」は、生地の中のクリームにメロン果汁で味をつけた上に、クリームの中にメロン果汁の白玉を封印し、メロンの味と香りが残るように工夫されている[5]

フルーティーメロンパン[編集]

山崎製パンの製品。丸いメロンパンの中にシロップ漬けのドライフルーツがちりばめてある。ビスケット生地の上に粉糖がふってある。ビスケット生地の模様は十文字ではなく、中心から放射状に線がでている。

マンゴーパン[編集]

沖縄県などで製造販売されている、マンゴーを模した製品。那覇空港で人気商品となっている「沖縄マンゴーパン」は、サンライズのような円形ながらカロチンクチナシ色素などで黄色く着色し、メロンパンの網目模様をマンゴーのカットに見立てるのみならず、沖縄マンゴーやインドマンゴーを練り込んで風味を出している。

菠蘿麺包[編集]

台湾のベーカリーで「菠蘿麺包(ポールオミェンパオ)」という名で販売され、ポピュラーな存在となっている。小豆チーズなどを混ぜ込んだり、パイナップル、メロン、イチゴなどの香りをつけたバリエーションを焼いている店もある。香港の菠蘿包がルーツである。菠蘿というのは広東語パイナップルのことで、外見がパイナップルの模様に似ているためである。台湾ではパイナップルを「鳳梨(フォンリー)」と呼ぶので、菠蘿麺包は「菠蘿」と略して呼ぶ傾向がある。たとえばメロン風味の菠蘿麺包は、「哈密瓜菠蘿」(ハーミークワポールオ、hāmìguā bōluó)と呼ばれることもある。直訳すると「ハミウリパイナップル」である。

香港の菠蘿包と同じように日本のメロンパンと比較して上部のクッキー生地がサクサクとした歯ごたえがする。しかし台湾の食文化は日本の影響も受けているため、日本のメロンパンを意識した近い作りの菠蘿麺包も売られている。一般的に形や大きさは日本のメロンパンと類似しており、比較的ぱさついた食感のものが多い。表面の模様は日本のメロンパンよりもはっきりとついている事が多い。気候の暑い台湾では、ホイップした生クリームアイスクリームを入れた冷たい菠蘿麺包も売られている。

マーガリンメロン[編集]

メロンパンの生地を切り開いて、マーガリンを塗り、サンドイッチ状に仕上げたもの。香港の「菠蘿油」に類似している。神戸屋ファミリーマートを通じて長方形のものを2006年に販売した他、オイシスはサンライズを使った物を販売した。電子レンジで短時間温めるとマーガリンが生地に染みて、ぱさつきのない食感が楽しめる。

とろける板チョコメロンパン[編集]

ローソン2011年11月1日に発売。ココア風味のパン生地を、ガーナカカオマスチョコレートチップを混ぜたビスケット生地で包んだチョコレート風味のメロンパンで、中央に焙煎カカオ入り板チョコを挟み入れ、電子レンジなどであたためると、板チョコが溶けて、香りが増し食感が変わるという商品[6]

カレーム メローヌ[編集]

カバヤ食品2011年春より発売。まるでメロンパンの表面の部分だけを食べているような味わいのクッキー。[7]

その他[編集]

チョコチップ黒豆、メロンクリーム、蜂蜜メープルシロップ生クリームストロベリーパウダーなどを入れたメロンパンを製造・販売している企業もある。

脚注[編集]

  1. ^ 食べ物日本地図 - メロンパンとサンライズの呼称による日本地図
  2. ^ 2013年8月30日0時55分メーテレ放送「ビーバップ!ハイヒール」で日本経済新聞社特別編集委員の野村泰申氏の解説
  3. ^ 「週間トマト&テレビ京都」(京都新聞:2011年1月14日発行)
  4. ^ 2013年8月30日0時55分メーテレ放送「ビーバップ!ハイヒール」で日本経済新聞社特別編集委員の野村泰申氏の解説
  5. ^ 第59回日本学校農業クラブ全国大会 僕らの「農」力、咲かせよう 2008年11月12日(土) ヨミウリ・ジュニア・プレス 読売新聞 作成日:2008年11月19日2013-3-26閲覧
  6. ^ ニュースリリース『ホットベーカリー』シリーズ登場” (日本語). 株式会社ローソン. 2011年10月31日閲覧。
  7. ^ メロンパンのような新食感クッキー メローヌ” (日本語). カバヤ食品株式会社. 2012年4月20日閲覧。

参考文献 [編集]

関連項目[編集]

  • 菠蘿包 - メロンパンに似た形状、製法をした香港のパン