野瀬泰申

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野瀬 泰申(のせ やすのぶ、1951年 - )は日本経済新聞特別編集委員。コラムニスト。福岡県久留米市出身。福岡県立明善高等学校東京都立大学法学部卒業。

1975年日本経済新聞社入社。以降、社会部、金沢支局、西部支社、東京本社文化部と巡り、大阪本社文化担当部長、東京本社文化部編集委員、同生活情報部編集委員と歴任。

地域独特の食文化(食べ物の地域性(同一名称でも地域によって内容が違うこと(室蘭市東松山市今治市における「焼き鳥」等))や独特な調理法・食べ方)を「食の方言」と名づけ、それを題材にNIKKEI NETで読者との交流企画コラム「食べ物 新日本奇行」を2002年11月より2010年3月まで連載していた。日本経済新聞電子版に創刊に伴い、2010年3月より新コーナー「列島あちこち 食べるぞ! B級グルメ」がスタートする。

また、食品サンプルの研究者としても知られ、それについての著書もある。

2010年現在、B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会顧問。2008年までは日本レコード大賞の審査委員でもあった[1]

著書[編集]

メディア出演[編集]

  • あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~ (2014年4月1日- 、BSジャパン) -コメンテーター
  • 知る食うロード〜発見!食の景観〜(2017年4月8日 - 、BSジャパン) - 番組ナビゲーター

脚注[編集]

  1. ^ 野瀬泰申. “食べ物 新日本奇行 まだやるの?編 第13回”. 日本経済新聞社. 2011年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]