コンテンツにスキップ

しかのこのこのここしたんたん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しかのこのこのここしたんたん

テレビアニメのロゴ
ジャンル ガールズコメディ[1]学園漫画
漫画
作者 おしおしお
出版社 講談社
掲載誌
レーベル マガジンエッジKC
発表号 少年マガジンエッジ:
2019年12月号 - 2023年11月号
発表期間 2019年11月15日 -
巻数 既刊6巻(2024年7月9日現在)
アニメ
原作 おしおしお
監督 太田雅彦
シリーズ構成 あおしまたかし
脚本 あおしまたかし
キャラクターデザイン 辻村歩
音楽 三澤康広
アニメーション制作 WIT STUDIO
製作 日野南高校シカ部
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2024年7月7日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

しかのこのこのここしたんたん』は、おしおしおによる日本漫画作品。『少年マガジンエッジ』(講談社)にて2019年12月号から2023年11月号まで連載され[1][2]、同誌の休刊に伴い『マガジンポケット』(講談社)へ移籍して2023年12月から連載中[3]

東京都日野市の高校を舞台に[4]元ヤンの女子高生・虎視虎子と、頭にツノが生えている謎の少女・鹿乃子のこを描くガールズコメディ[1]

2024年7月にテレビアニメが放送開始[4]キャッチコピーは「人類よ、シカを目指せ!」。

あらすじ

[編集]

都立日野南高校の2年生 虎視虎子は、近所や学校でも「お淑やかな優等生」と評判の女子高生だが、実は「中学までヤンキーで、高校デビューして優等生になった」ことを隠しながら生活していた。

ある日の登校中、虎子は頭にツノが生えている少女・鹿乃子のこが電線に引っ掛かっていたところを助ける。なぜか、のこに「元ヤン」であることを見破られた虎子は、「ヤンキーのお姉さん」と呼ばれるのが嫌で「こしたん」という愛称を受け入れる。

虎子は自分が「元ヤン」だと周囲にバレないように、虎子のクラスに転校してきたのこを警戒するが、のこの生態に振り回される中で、彼女が立ち上げた部活動「シカ部」の部長として、シカであるのこのお世話係になる。

その後、虎子たちは3年生に進級し、虎子は生徒会長になる。問題のシカ部には、虎子を偏愛するヤンデレ妹の虎視餡子と、のこに憧れて立派なシカを目指そうとする馬車芽めめの2人が入部して、さらに賑やかに騒々しい日常が繰り広げられる。

一方で、生徒会長になった虎子に対抗心を燃やす副会長の猫山田根子は、書記の狸小路絹と会計の燕谷千春を巻き込んで、密かに「シカ部の廃部」を目論む。

登場人物

[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

虎視 虎子こし とらこ
声 - 藤田咲[4]
本作品の主人公[5]。中学生時代にヤンキーであったことを隠して優等生として生活する女子高生。のこからの愛称は「こしたん」[6]。シカ部部長(シカのお世話係)[7]。3年生に進級した後は生徒会長を兼任する。
鹿乃子 のこしかのこ のこ
声 - 潘めぐみ[4]
本作品のもう一人の主人公。頭にシカのようなツノが生えている少女。愛称は「のこたん」[6]。シカ部の発起人で、部が所有するシカ[7]。好物はシカせんべい。ツノは取り外しが可能で、さらには頭蓋骨の上部ごと外すことも出来る。またツノは時折通常の鹿の角ではなく、教室のドアを破壊したり、バナナなどを収納するケースになっていたり、体育館を木っ端微塵に吹き飛ばすほどの強力な爆弾になっていたりもする。
虎視 餡子こし あんこ
声 - 田辺留依[4]
虎子の妹。メンヘラ気質のシスコン。高校入学後はシカ部部員。虎子が絡まなければ常識人でもある[8]
馬車芽 めめばしゃめ めめ
声 - 和泉風花[4]
のこに憧れて弟子入りし、立派なシカを目指しているシカ部部員。米が好きな食いしん坊で、学校で田植えをしている。
猫山田 根子ねこやまだ ねこ
声 - 久保ユリカ[9]
生徒会副会長。虎子に対抗心を抱いており、彼女の弱みを見つけてシカ部の廃部を狙うが、成果は出ていない。
狸小路 絹たぬきこうじ きぬ
声 - 土屋李央[9]
生徒会書記。豊かな想像力とネガティブ思考の持ち主。
燕谷 千春つばめや ちはる
声 - 赤﨑千夏[9]
生徒会会計。一見するとクールで口数が少ないが、のこの密かなファン。
つっちー
触角を生やした球体の姿をしている謎の生物。のこが校庭でツチノコと勘違いして保護し、シカ部と生徒会が共同で世話をしている[10]
鵜飼うかい
声 - 井上喜久子
シカ部の顧問教師。なぜか異様にのこと気が合い仲良し。
燕谷 善治つばめや よしはる
千春の兄で、喫茶ツバメのマスター。重度のシスコン。

書誌情報

[編集]
  • おしおしお『しかのこのこのここしたんたん』講談社〈マガジンエッジKC〉、既刊6巻(2024年7月9日現在)
    1. 2020年7月17日発売[11][12]ISBN 978-4-06-520245-6
    2. 2021年2月17日発売[13]ISBN 978-4-06-522330-7
    3. 2022年2月17日発売[14]ISBN 978-4-06-526851-3
    4. 2023年2月16日発売[15]ISBN 978-4-06-530787-8
    5. 2024年5月9日発売[16]ISBN 978-4-06-535574-9
    6. 2024年7月9日発売[17]ISBN 978-4-06-536165-8
  • 海外(北米)でも英訳された単行本が発売されており、英題は『My Deer Friend Nokotan』(私の鹿友達のこたん、「親愛なる」の意味のDearと鹿のDeerをかけている。)。

テレビアニメ

[編集]

2024年7月からTOKYO MXほかにて放送中[4]。ナレーションは鳥海浩輔[4]

スタッフ

[編集]

主題歌

[編集]
シカ色デイズ[9]
シカ部(鹿乃子のこ〈潘めぐみ〉、虎視虎子〈藤田咲〉、虎視餡子〈田辺留依〉、馬車芽めめ〈和泉風花〉)によるオープニングテーマ。作詞はやぎぬまかな、作曲・編曲は和賀裕希。
「シカせんべいのうた」[9]
鹿乃子のこ(潘めぐみ)、虎視虎子(藤田咲)によるエンディングテーマ。作詞はSafari Natsukawaと春川仁志、作曲・編曲は春川仁志。

各話リスト

[編集]
話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
#01ガール・ミーツ・シカ あおしまたかし太田雅彦太田雅彦
  • 馬場一樹
  • 黒田ありさ
  • Calvin Zhong
  • 山中いづみ
  • 安藤暢啓
-2024年
7月7日
#02シカ・ミーツ・暗ガール 杉原研二雄谷将仁
  • 森川侑紀
  • 青戸結加
  • 楊國福
  • 池田結姫
  • 今門卓也
7月14日
#03ばしゃめ入学 鴻野貴光荒井省吾
  • 青戸結加
  • 劉雲留
  • 森川侑紀
  • 李少雷
  • 胡峰誠
  • 池田結姫
7月21日

放送局

[編集]
日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[18]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [19] 備考
2024年7月7日 - 日曜 23:30 - 月曜 0:00 TOKYO MX 東京都
BS日テレ 日本全域 BS/BS4K放送 / 『アニメにむちゅ〜』枠
2024年7月10日 - 水曜 1:20 - 1:50(火曜深夜) 福島放送 福島県
水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
水曜 1:55 - 2:25(火曜深夜) 静岡放送 静岡県 スーパーアニメ6区』枠
2024年7月11日 - 木曜 23:30 - 金曜 0:00 AT-X 日本全域 CS放送 / 字幕放送[20] / リピート放送あり
2024年7月12日 - 金曜 1:56 - 2:26(木曜深夜) 北海道放送 北海道
2024年7月13日 - 土曜 1:20 - 1:50(金曜深夜) 長崎文化放送 長崎県 あに。』枠
土曜 2:18 - 2:48(金曜深夜) テレビせとうち 岡山県・香川県
2024年7月16日 - 火曜 23:00 - 23:30 とちぎテレビ 栃木県
日本国内 インターネット / 配信期間および配信時間[18]
配信開始日 配信時間 配信サイト 備考
2024年7月3日 水曜 23:30 - 木曜 0:00 ABEMA 地上波先行配信
2024年7月8日 月曜 0:00(日曜深夜) 以降順次更新

BD

[編集]
発売日[21] 収録話 規格品番
BOX 2024年12月18日予定 VPXY-72088

CD

[編集]
発売日[22] タイトル 規格品番
2024年8月28日予定 TVアニメ『しかのこのこのここしたんたん』オープニングテーマ/エンディングテーマ「シカ色デイズ/シカせんべいのうた」 LACM-24573

反響

[編集]

2024年5月28日には虎視虎子がイントロに合わせて踊る映像が1時間ループする耐久動画がYouTubeで公開され[23]、6月26日時点で再生数が500万回を突破している[24]TikTokでも公開され、7月3日時点で再生数が1000万回、いいねが80万を突破している[5]

エンディング映像が奈良県に実在する鹿せんべい工場にて撮影されたことからも、奈良市の公式Xアカウントが「ぜひ奈良市へ」と反応しているほか、漫画家の森川ジョージも感想をXに投稿している[25]

出典

[編集]
  1. ^ a b c 元ヤン女子高生×頭にツノが生えてる謎の少女、新連載「しかのこのこのここしたんたん」”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年11月15日). 2024年3月13日閲覧。
  2. ^ 少年マガジンエッジが休刊、連載作品の移籍先を発表”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年10月18日). 2024年3月13日閲覧。
  3. ^ magapokeの2023年12月13日のツイート2024年3月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o おしおしお「しかのこのこのここしたんたん」WIT制作でTVアニメ化! 情報一挙解禁”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年3月13日). 2024年3月13日閲覧。
  5. ^ a b 放送前から話題アニメ『しかのこのこのここしたんたん』第1話あらすじ&場面カット公開”. ORICON NEWS. oricon ME (2024年7月3日). 2024年7月6日閲覧。
  6. ^ a b 漫画1巻 (2020), 第2話.
  7. ^ a b 漫画2巻 (2021), p. 2.
  8. ^ 漫画4巻 (2023), p. 2.
  9. ^ a b c d e アニメ「しかのこ」生徒会メンバー役に久保ユリカ、土屋李央、赤崎千夏 PV第2弾公開”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年5月28日). 2024年5月28日閲覧。
  10. ^ 漫画4巻 (2023), 第24話.
  11. ^ 元ヤン×シカの少女のガールズコメディ「しかのこのこのここしたんたん」1巻”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年7月17日). 2024年3月13日閲覧。
  12. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(1)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月13日閲覧。
  13. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(2)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月13日閲覧。
  14. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(3)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月13日閲覧。
  15. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(4)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年3月13日閲覧。
  16. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(5)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年5月9日閲覧。
  17. ^ 『しかのこのこのここしたんたん(6)』(おしおしお)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年7月9日閲覧。
  18. ^ a b On Air”. アニメ「しかのこのこのここしたんたん」公式サイト. 2024年7月6日閲覧。
  19. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  20. ^ 週間番組表 (2024/07/08〜2024/07/14)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2024年6月22日閲覧。
  21. ^ 「しかのこ」Blu-ray BOX、パッケージのイラストは原作者・おしおしお描き下ろし”. コミックナタリー. ナターシャ (2024年7月7日). 2024年7月8日閲覧。
  22. ^ TVアニメ『しかのこのこのここしたんたん』オープニングテーマ/エンディングテーマ「シカ色デイズ/シカせんべいのうた」店舗特典が決定!”. Lantis web site (2024年5月28日). 2024年6月26日閲覧。
  23. ^ ゆうき (2024年6月4日). “奇妙な呪文「しかのこのこのこ」が頭から離れない……謎アニメの耐久動画、100万再生突破の怪”. KAI-YOU.net. 2024年6月8日閲覧。
  24. ^ 小倉楓 (2024年6月26日). “アニメ「しかのこ」公式X、架空新CMが人類には早すぎると話題に 「なんもわからん」「公式が狂っているアニメは神アニメ」”. ねとらぼ. アイティメディア株式会社. 2024年6月26日閲覧。
  25. ^ 小倉英里「「ものすごい中毒性」 “鹿アニメ”が国内外で話題沸騰中 ついに奈良市も反応」『ねとらぼ』アイティメディア、2024年7月9日。2024年7月11日閲覧。

参考文献

[編集]
  • おしおしお『しかのこのこのここしたんたん』 1巻、講談社〈マガジンエッジKC〉、2020年7月17日。ISBN 978-4-06-520245-6 
  • おしおしお『しかのこのこのここしたんたん』 2巻、講談社〈マガジンエッジKC〉、2021年2月17日。ISBN 978-4-06-522330-7 
  • おしおしお『しかのこのこのここしたんたん』 4巻、講談社〈マガジンエッジKC〉、2023年2月16日。ISBN 978-4-06-530787-8 

外部リンク

[編集]