4K 8Kテレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

4K 8Kテレビ放送(よんけーはちけーテレビほうそう)は、現行の高精細度テレビジョン放送ハイビジョン1080i(2K)や720p)に比べ、映像・動画の解像度(画素数)が高い映像4K8Kの「スーパーハイビジョン」で行われる日本の放送の通称。

2013年に次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が設立され試験放送を行った[1]。2016年4月1日にはNexTV-Fとデジタル放送推進協会(Dpa)が合併し、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が発足[1]

2018年12月1日からは、BSで本格的に家庭向け4K・8K放送が開始された。

概要[編集]

映像の解像度をSDTV - HDTV - UHDTVと分類した場合、UHDTV(Ultra High Definition Television、超高精細テレビ)で行われる放送に該当する。これを略してUHDと呼ばれることも多い。H.265で圧縮された映像を、地上波衛星ケーブルテレビIP放送VODなどで伝送する放送サービスが実施・計画されている。NHKは4K・8Kをスーパーハイビジョン(SHV)として実用化を進めている。

韓国では2013年から、ケーブルテレビ、KTスカイライフ(衛星放送)で4Kテレビ放送が開始されている。地上波では3つのキー局が、2017年3月の実験放送を経て5月から本放送を開始した。

日本においては2014年6月から、124/128度CSにおいて4Kテレビ放送のChannel 4Kが開始された。

日本国内における現行のテレビジョン放送方式であるISDBでは、BS/CS(110度)放送で4K・8K放送を行うため、2016年にA-PABとNHKの共同で実験放送が開始された。そして2018年12月1日の10時にNHKのBS4K並びにBS日テレを除く民放キー局系列のBS放送各社で一斉に4K放送が、NHKではBS8Kとして8K放送の実用放送が開始された。2018年以前の放送(2K放送)と区別するため「新4K8K衛星放送」の名称を用いている。

地上波では2018年に4K実験放送が開始された。関東エリアでは10月31日[2]に旧放送大学のチャンネル28chを使用して、東海エリアでは11月20日に旧アナログ中京テレビのチャンネル35chを利用して放送されている[3]。本放送に向けては空いている周波数がないため、リパック(物理チャンネルの整理)するか、現行放送に多重する方式として、水平垂直・偏波による多重と、階層分割多重(LDM)が検討されている。

日本の主な4K・8K放送[編集]

NHK放送技術研究所による8K衛星放送の公開実験(2015年)

日本国内で実施されている4K・8K放送と今後予定されている4K・8K放送[4]

4K放送[編集]

4K UHDTV(2160p(3840×2160))は2Kの4倍(横2倍×縦2倍)である。

  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
    • 3月31日 4K試験放送Channel 4K放送終了[5]
    • 8月1日 BS放送でNHKによる4K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)。
    • 12月1日 NHKと同じBS-17でA-PAB(旧:NexTV-F)が4K試験放送開始。
  • 2017年1月11日 総務省が2018年に開始予定の4K/8K実用放送の参入事業者を決定[6]
  • 2018年
  • 2019年9月1日 右旋BS放送にてBS日テレ 4K[4]が4K実用放送開始予定。当初の開始予定(同年12月1日)より3ヶ月前倒し[10]
  • 2020年12月1日 左旋BS放送にてWOWOW 4K[9]が4K実用放送開始予定[10]

8K放送[編集]

8K UHDTV4320p(7680×4320))は2Kの16倍(縦横各4倍)である。スーパーハイビジョンは60Hzに加え、120Hzを目標にしている。

  • 2016年8月1日 BS放送でNHKによる8K試験放送開始(地デジ難視対策放送終了後の空き周波数帯域、BS-17を使用)。
  • 2017年12月1日 シャープが世界初の家庭用8Kテレビ(LC-70X500)を発売。
  • 2018年
    • 7月23日 BS放送でNHKによる8K試験放送が終了[7]
    • 12月1日 左旋BS放送にてNHK BS8K[2]が8K実用放送開始[10]。毎日10時から22時10分までの間、8K放送を実施する[11]

問題点[編集]

  • 地上波デジタル放送でHDTVへの移行が完了した民間放送には、更に4Kカメラや対応設備に投資が必要となり、画質向上で収益が上がらないのに膨大な費用がかかる為、4K放送や4K番組制作には消極的な放送局[12]も存在する。2018年12月現在、地上波での実施が予定されていない[13]理由のひとつもこの問題である(更に地上波では前述した帯域の問題もある)。
  • NHKとキー局系BS局のBS2K放送は4K・8Kのためにスロットが削減され、画質が低下している[14]
  • 8Kは、NHKのみが推進・放送している状況で、受信機[15]もシャープのみが製造・販売している状況で、どちらもそれぞれで孤軍奮闘状態である。
  • 受信側も、対応するテレビ[16]チューナー[17]や左旋偏波対応のアンテナ(チャンネルによる)、分配器など新たな機材の購入や工事が必要となる[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b オールジャパンで4K/8K推進「次世代放送推進フォーラム」設立 - AV Watch
  2. ^ 放送大学の地上波が完全停波したのは前日
  3. ^ 地上デジタル放送の高度化(4K・8K)に向けた実証実験が名古屋と東京で行われています!”. 特定ラジオマイク調整機構. 2019年1月1日閲覧。
  4. ^ 総務省|「4K・8Kロードマップに関するフォローアップ会合 中間報告」の公表
  5. ^ 4K試験放送のChannel 4K、'16年3月31日に終了。「試験放送の役割果たした」 - AV Watch
  6. ^ 総務省 2018年に開始予定の4K/8K実用放送の参入事業者を決定”. 2018年2月13日閲覧。
  7. ^ a b 中林暁 (2018年7月23日). “BS 4K8K試験放送が終了、45万人以上が体験。12月の新4K8K衛星放送へ課題も”. AV Watch. インプレス. 2018年8月24日閲覧。
  8. ^ 当初は「BSジャパン 4K」として開局予定だったが、2018年10月1日に2Kサービス名を「BSテレ東」に変更したため、4Kサービス名も変更。
  9. ^ 当初は「映画エンタテインメントチャンネル」として開局予定だったが、ザ・シネマの4Kサービスに変更。
  10. ^ a b c d 総務省|放送政策の推進|4K・8K放送の推進
  11. ^ a b 2018年12月1日!「4K・8Kスーパーハイビジョン」いよいよ本放送が開始!
  12. ^ BS日テレは2019年9月1日、WOWOWは2020年12月1日に放送開始予定。
  13. ^ 地上波は対応予定なし、4K放送普及の難題 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
  14. ^ BS・CS2K放送全体でも、NHK BSプレミアム(21.5スロットから18スロットに削減。解像度は維持できたが伝送レートは落ちた)・BS11(開局当初からの18スロットのまま)・WOWOW3波(24×3→72スロットのまま)だけが1920×1080ピクセルの解像度で、それ以外はおしなべて地上波デジタル放送の12セグメント・フルハイビジョン放送時とほぼ同等の解像度たる1440×1080ピクセル。更にCS2Kの伝送レートは地上波デジタル放送も下回る。
  15. ^ 試験放送用も含む。
  16. ^ シャープ、世界初8Kチューナー内蔵テレビ 来月発売(sankeibiz 2018年10月15日)
  17. ^ 2018年10月時点で市販されている4K対応テレビの多くは、12月から開始の4K・8K放送のチューナーを搭載していない。
  18. ^ 知っておきたい4K・8Kの関連情報(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]