ハヤコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハヤコン
ジャンル インターネットラジオ
ラジオ
放送期間 2008年5月30日 - 2009年3月31日
放送局 音泉
放送時間 毎月末最終営業日更新
放送回数 全11回
放送形式 ストリーミング
パーソナリティ 白石涼子綾崎ハヤテ役)
釘宮理恵三千院ナギ役)
構成作家 清正裕子
ディレクター 藤林弘之(クロスポイント)
提供 小学館
ジェネオンエンタテインメント
関連作品
テンプレート - ノート

ハヤコンHayate no gotoku! Radio the combat butler[1])は、アニメ『ハヤテのごとく!』の連動ラジオ番組で、音泉で配信されていた。『ハヤテのごとく! Radio the combat butler』の後継番組。

パーソナリティー[編集]

配信詳細など[編集]

概要[編集]

本編は同年5月30日から月末の最終営業日(月の最後の平日)に1回更新。 若本規夫天の声)による予告編(40 - 50秒前後)が最新配信3 - 4日前に音泉で配信されていた。

第1期『ハヤテのごとく! Radio the combat butler』の略称「ハヤコン」が好評だったため、第2期はこれが正式な番組名になった[3]

第1期と比べ、ゲストが毎回登場するようになったが登場時間はゲストコーナーのパートのみで短く、フル出演ではない。

2008年12月14日秋葉原UDXシアターで『ハヤコン』と『絶対可憐チルドレン』(絶チル)のインターネットラジオ『絶対可憐放送局』の合同公開収録が開催された(釘宮はスケジュールの都合で欠席[4]、代わりにビデオメッセージで登場した)。代行パーソナリティにはマリア役の田中理恵、ゲストに1回目(#8)は小杉十郎太(『ハヤテ』タマ役/『絶チル』桐壺帝三役)、2回目(#9)は遊佐浩二(『絶チル』から兵部京介役)が登場した。 ハヤコン2期最終回にて、アニメイトTVによる続編が発表された。

コーナー[編集]

ふつおた
2人へのおたよりや『ハヤテのごとく!』に対する疑問・質問、ゲストに聞いてみたい質問
ハヤコン三千院放送局
ドラマパート。このラジオドラマ後にゲストが登場する。
ナギ子の部屋・ハヤ子の部屋(第1回 - 第3回)
ここだけの話、どうでもいい話、やってみたいキャラクターなど(「ナギ子」と「ハヤ子」は毎回交代する)。
熱烈歓迎三千院家(第4回以降)
パーソナリティーとゲストがゲームで対決。ゲストには対決後、勝ち負けの結果によっておもてなし度アップカードおもてなし度ダウンカードを引いてもらい、出たカードによっておもてなしのレベルが上は"超VIP待遇"から下は"新人AD扱い"までレベルが変わる。
ただし、この決定したおもてなしを受けるのは対決をしたゲスト本人ではなく次回登場するゲストに適用される。放送終了時点で判明しているランクについては以下の通り。
  • おもてなし度アップカード
    超VIP待遇(1番いい扱い)→大切なお客様(2番目にいい扱い)→普通のお客様(3番目にいい扱い)
  • おもてなし度ダウンカード
    かけだし芸人扱い(下から2番目)→新人AD扱い(最低ランク)
インフォメーション
『ハヤテのごとく!』のお知らせ。毎回何かになりきって知らせる(例 - 「背の小さい名探偵風」)。ただし、他作品のキャラクターの場合は明確に言わず、#3(2008年7月31日)の時のように「やんちゃな幼稚園児風」表現を変えて自主規制している。
通常はパーソナリティー2人で行うが、公開収録時の#8と#9は釘宮が不在だったためゲストの小杉十郎太遊佐浩二でそれぞれ一緒に行った。

ゲスト[編集]

  • このラジオは毎月ゲストが登場していた。
  • ゲストの予告については更新の2週間程前に番組HP(音泉の「ゲスト情報」欄)で発表された。
放送回数 配信日 ゲスト おもてなし 備考
第1回 2008年5月30日 若本規夫(天の声役) - -
第2回 2008年6月30日 鳥海浩輔(冴木ヒムロ役)
第3回 2008年7月31日 志村知幸(サンタ役)
第4回 2008年8月29日 生天目仁美桂雪路役) この回から『熱烈歓迎三千院家』開始[5]
第5回 2008年9月30日 佐藤利奈牧村志織役)[6] 新人AD扱い(何もなし)[7]
第6回 2008年10月31日 高橋美佳子西沢歩役) 大切なお客様(スイートポテト)[8]
第7回 2008年11月28日 松来未祐鷺ノ宮伊澄役) それなりのお客様(普通のお菓子)
第8回 2008年12月26日 田中理恵(マリア役)
小杉十郎太タマ役)
大切なお客様(堂島ロールケーキ) 絶対可憐放送局』合同公開録音[9]
第9回 2009年1月30日 田中理恵(マリア役)
遊佐浩二(『絶対可憐チルドレン』から兵部京介役)
超VIP待遇(堂島ロールケーキ丸々1個とおでん缶)
第10回 2009年2月27日 中島愛(渡良瀬ミカゲ役)[10] それなりのお客様(プリン) -
第11回 2009年3月31日 なし なし

脚注[編集]

  1. ^ 直英訳だと「Like the gale! Radio the combat butler」になるが、ここでは前番組タイトルの略称を記すこととする。
  2. ^ 第1期と違い、BEWE(音泉組合)では配信されなかった。
  3. ^ この他にも、第2期を印象付ける名称案が一応はあったが、「ハヤテのごとく! Radio the combat butler + ○○」といった形になり、「たださえ長かったのに更に長くするのか」ということから「いっそのこと略した」とのこと(第1回放送より)。
  4. ^ 音泉サイトの告知には当初から釘宮の出演予定がなかった。
  5. ^ 3問目のクイズで選択肢を選ばずに回答した結果不正解。このため次回のゲスト(佐藤利奈)は"新人AD扱い"という最低のおもてなしの扱いをされた。
  6. ^ 本役は牧村であるが、他にはエイト、東宮康太郎、警備メカ、警備ロボ、ミニ四執事、古市P、メカ執事13号、ドラマCDでは神様も演じていた。
  7. ^ 白石と釘宮にはチョコレートケーキとモンブランとお茶が用意されたが、佐藤には何も用意されなかった(前回で生天目が負けたため)。
  8. ^ 新・食わず嫌い王決定戦」でお土産ランキング第3位に選ばれたお菓子。
  9. ^ 合同公録のため『絶チル』のゲストと交流。なお、田中も『絶対可憐放送局』にゲスト出演をしている。
  10. ^ ハヤテのごとく!! ナイトメアパラダイス』より。

外部リンク[編集]