Cross Days

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイズシリーズ > Cross Days
Cross Days(PC/DL)
Cross Days DVDPG(DVDPG)
Cross Days UMD-PG Edition(UMDPG)
対応機種 Windows XP/Vista/7(PC/DL)
DVDプレーヤー(DVDPG)
PSP(UMDPG)
発売元 オーバーフロー(PC)
アイチェリー(DVDPG)
Palace(UMDPG)
開発元 オーバーフロー(PC/DL)
アイチェリー(DVDPG)
ixia(UMD-PG)
ジャンル アニメーション恋愛アドベンチャーゲーム
発売日 2010年3月19日(PC)
2011年4月28日(DVDPG)
2011年7月29日(UMDPG)
2012年1月6日[1](DL)
価格 税込13440円(PC初回限定版)
税込9975円(PC通常版)
税込5985円(DVDPG)
税込6090円(UMDPG)
税込8190円(DL)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 なし
メディア DVD-ROM(PC)
DVD(DVDPG)
UMD(UMDPG)
画面サイズ 800×600/フルカラー(PC/DL)
BGMフォーマット PCMオーディオ
キャラクターボイス フルボイス
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考 [2]

Cross Days』(クロスデイズ)は、2010年3月19日オーバーフローより発売されたアダルトゲーム。略称は『クロイズ』。

作品概要[編集]

同じくオーバーフローより発売された『School Days』の外伝作品である[3]。内容は、主人公の足利勇気とヒロインの喜連川路夏が『School Days』の物語へ介入する形となっており、主な舞台も同じである。それゆえ、『School Days』の登場人物が多数登場する他、『Summer Days』などの他作品からも数人が登場する。ただし、キャラクターデザイン設定画はそれらからの流用ではなく、全てがTVアニメ版『School Days』に近い肉感的な絵柄へ一新された。また、イベントにはTVアニメ版『School Days』から反映したものも盛り込まれている。

基本的なゲームシステムは『School Days』『Summer Days』のものに改良を加えたものであり[4]800×600及びそれ以上の画面解像度に対応した画面サイズと、背景描画や一部の人物描画に3DCGが導入されている。推奨スペックは前述の2作品より跳ね上がっている上、PC版には不正利用対策として専用のアクティベーション機能が搭載されている[5]。また、PC版には電動性具との連動プログラムも搭載されている[6]

作中の時系列は『School Days』と同時期である他、第1話の勇気と黒田光の会話から『MISS EACH OTHER』の半年後、遠野美沙子が遠野姓を名乗っていることから『LOST M』より後である模様。

あらすじ[編集]

榊野学園が2学期に差し掛かった頃、図書委員の足利勇気は、自分より背が小さくちょっと気になる喜連川路夏と、図書室をよく利用している桂言葉の存在に気付く。更にその日の帰り道、勇気は姉の知恵を通じて路夏と再び出会った。勇気と路夏は会話を交わす度に、惹かれ合っていく。

この後、無関係なはずの伊藤誠を巡り、勇気と路夏の間に生じる誤解嫉妬が以降の日々を大きく変えていく。

沿革[編集]

開発は2007年に放送されたTVアニメ版『School Days』の終了後に開始され、2008年にはオーバーフローのエイプリルフール企画Sekai Days』と共に、タイトルロゴが専用の公式サイトで公開された。公式サイトはエイプリルフール終了と共に一旦閉鎖された後、同年10月21日にオーバーフロー公式サイトのリニューアルと共に正式公開された。また、同年11月1日には動作検証ツール『Cross Days 動作チェッカー』が公開されている。

当初は2009年2月27日が発売予定日だったが、同年4月24日、同年6月下旬、同年夏発売予定、同年11月20日、同年12月18日、2010年1月29日と幾度も変更され、当初から1年後となる同年3月19日にようやく発売となった。PC初回限定版には、特典として「コトノハサマフィギュア」が同梱されている[5]

バグ[編集]

PC初回限定版の発売当初、オーバーフローメイザーズぬまきちバグに対し、「バグはないのでパッチは出しません」「そんなに難しくないのでがんばれば全ENDいけます」「開発スタッフの高性能PCではフリーズしません」と『ニコニコ生放送』で回答していたが、2010年3月24日には公式サイトの開発日記でバグの存在を認め、同年3月25日には同日記で差し替えDLLを公開した。それ以降、修正パッチは公式サイトから直接ダウンロードできるようになっている。

スタッフ・キャスト[編集]

スタッフ
キャスト

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ファースト・ノート」[7]
作詞 - KIRIKO / 作曲・編曲 - HIKO / 歌 - KIRIKO
挿入歌「Eternal Flow」
作詞 - Ceui / 作曲 - 小高光太郎・Ceui / 歌 - Ceui
エンディングテーマ「ひとつ星」
作詞・作曲 - yozuca* / 編曲 - 宮井英俊 / 歌 - yozuca*
「be there」
作詞 - iyuna / 作曲 - iyuna / 歌 - Rita
「timeless melody」
作詞 - iyuna / 作曲 - iyuna / 歌 - 茶太
「砂時計」
作詞 - Riryka / 作曲 - Riryka / 歌 - Riryka

DVD-PG版[編集]

2011年4月28日アイチェリーより発売された。DVD3枚組。パッケージ画はPC通常版と同じ。

UMD-PG版[編集]

2011年7月29日にPalaceより発売された。UMD4枚組。パッケージ画はPC初回限定版と同じ。

インターネットラジオ[編集]

Radio Cross Days
インターネットラジオ
配信期間 2009年1月8日 - 2010年3月25日
配信サイト ランティスウェブラジオ
配信日 毎週 木曜日
配信回数 全64回
配信形式 ストリーミング
ネット局 音泉
パーソナリティ みなづき蓮(喜連川路夏役)
遠野そよぎ(桂言葉役)
柚木かなめ(西園寺世界役)
テンプレート - ノート 

Radio Cross Days』のタイトルで、2009年1月8日より2010年3月25日までランティスウェブラジオ音泉にて配信された。全64回。パーソナリティは喜連川路夏役のみなづき蓮、桂言葉役の遠野そよぎ、西園寺世界役の柚木かなめ

主な番組内のコーナーは、ゲームに関する質問や、日常の出来事、ラジオの感想などリスナーからのお便り紹介をする「ふつおた」、ちょっとしたすれ違いや勘違いが原因の恋のお悩みについての相談する「違い相談クラブ」、「こんな出来事あったら照れちゃう!!」というシチュエーションに対し、パーソナリティの3人が、そのシチュエーションに対しての照れ隠し台詞をアドリブで考える「てれてれ乙女」の3つ。

放送は『Cross Days』のPC版発売までを予定しており、当初全8回予定であったが、宣伝対象であるPC版の度重なる発売延期によって放送期間は1年以上に及んだ。最後の延期直前には最終回がいったん予告され、コーナーも終了していたが、更に発売日が延期されたことで放送も更に延長となった。

ゲスト
  • #23,24(2009年6月11日・6月18日)藤村美緒(甘露寺七海役)

関連商品[編集]

書籍[編集]

ムック[編集]

Cross Days ビジュアル・ファンブック
発売元 - キネマ旬報社 / ISBN 9784873763385
ゲーム本編の紹介や攻略、版権イラストなどを記載したムック本。
Cross Days まるごと 桂言葉グラフィティー
発売元 - ジャイブ / ISBN 9784861767739
『School Days』『Summer Days』『Cross Days』で描かれた、言葉の版権画や設定などを収録したムック本。

小説版[編集]

Cross Days
著 - 関町台風
BugBug2009年5月号にPC版のフルカラー特集記事と併せ、読み切りで掲載された。勇気の性的暴走を描いた外伝であり、ごとうじゅんじの原画によるフルカラー挿絵が付けられている。
Cross Days
著 - 水碕睦月 / 発売元 - ハーヴェストノベルズ
2010年9月15日発売。勇気の視点と路夏の視点から描かれており、序盤は原作に沿っているが、中盤からは独自の展開となる。
Cross Days 〜重ねる嘘、重なる想い〜
著 - 秋月ひろ / 発売元 - スーパーダッシュ文庫
2010年10月22日発売。原作で勇気と言葉が交際していると誤解されるルートが、路夏と言葉の視点から描かれている。
Cross Days 喜連川路夏の恋のルール
著 - 神楽陽子 / 発売元 - 二次元ゲーム文庫
2010年10月29日発売。誠が学園祭でゆうと出会い、勇気と路夏が結ばれた後の後日談が描かれている。

漫画版[編集]

角川書店月刊コンプエース』2010年6月号から2011年7月号まで連載された。作画は酒月ほまれが担当。勇気と路夏の出会い方から原作とは異なり、独自の展開となっている。

単行本はカドカワコミックス・エースより発売。

CD[編集]

  • Cross Days ThemeSongs+OriginalSoundTrack
  • Radio Cross Days CD Vol.1 〜クロス・乙女・デイズ〜
  • Radio Cross Days CD Vol.2 〜クロス・妄想・デイズ〜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DMMのみ。それ以外の他社サイトでは同年1月17日
  2. ^ PC版とDL版はDirectX9.0以降が必須。マルチコア2GHz以上のCPU、1GB以上のメモリ、1024×768以上の画面解像度PCI Expressx16/VRAM64MB以上のビデオカードを推奨。外付けのHDDは不可。
  3. ^ ファンディスクという扱いではない。
  4. ^ このうち、ゲームエンジンについては2010年10月8日発売の『School Days HQ』や2012年2月24日発売予定の『SHINY DAYS』といった、旧作のリメイク版へも搭載されている。
  5. ^ a b PC版公式サイトの「SPEC」より。なお、2012年1月31日にはアクティベーション機能の解除パッチがオーバーフロー公式サイトで配布された。
  6. ^ PC版公式サイトの「SOMCONについて」より。
  7. ^ 体験版では「初恋はフォーエバー」と表記されていた。

外部リンク[編集]

全て18歳未満閲覧禁止。