このはな綺譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
此花亭奇譚から転送)
Jump to navigation Jump to search
このはな綺譚
ジャンル 異世界ファンタジー百合
漫画:此花亭奇譚
作者 天乃咲哉
出版社 一迅社
掲載誌 コミック百合姫S
レーベル 百合姫コミックス
バーズコミックス
発表号 Vol.9 - Vol.13
発表期間 2009年6月18日 - 2010年6月18日
巻数 全2巻(+新装版上・下)
漫画
作者 天乃咲哉
出版社 幻冬舎コミックス
掲載誌 月刊バーズデンシバーズ
レーベル バーズコミックス
発表号 2015年2月号-2018年8月号(月刊バーズ)

2018年8月-(予定)(デンシバーズ) -

発表期間 2014年12月29日 -
巻数 既刊7巻(2018年8月現在)
アニメ
原作 天乃咲哉
監督 岡本英樹
シリーズ構成 吉岡たかを
キャラクターデザイン 黒澤桂子
音楽 菊地創
アニメーション制作 Lerche
製作 このはな綺譚製作委員会
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2017年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

このはな綺譚』(このはなきたん)は、天乃咲哉による日本漫画作品。『コミック百合姫S』(一迅社)のVol.9にて『此花亭奇譚』(このはなていきたん)として連載開始[1]。その後、作者が『月刊ドラゴンエイジ』で連載していてアニメ化が控えていた『GOSICK -ゴシック-』との兼ね合いと、家族の体調不良により[2]、コミック百合姫S Vol.14掲載分から休載[3]

同号をもって『百合姫S』は廃刊となったが、『月刊コミックバーズ』(現・月刊バーズ幻冬舎コミックス)の2015年2月号より『このはな綺譚』と改題のうえで連載が再開された[4][5]。混同しやすいがタイトルの漢字は、此花亭譚は「奇」、このはな譚は「綺」を用いる。

あらすじ[編集]

八百比丘尼に拾われ育てられた野狐(狐っ娘)の柚は、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となる。

柚は個性的な先輩仲居たちと日常を過ごす中で彼女らの優しさに触れ、また此花亭を訪れる様々な神様が織りなす摩訶不思議なできごとを体験していく。

登場人物[編集]

此花亭の従業員[編集]

柚(ゆず)
- 大野柚布子[6]
本作の主人公。明るい茶色(ベージュに近い)の長髪で、頭頂部に短い一束のアホ毛がある。
幼い頃、雪の中に1人で埋もれているところを比丘尼に拾われて彼女に育てられたが、社会勉強や教養を身に着けるため、此花亭で仲居として働いている。
少しドジだが、優しく素直かつ純粋で前向きな性格。比丘尼に育てられたため人間の知識が豊富で、古事記を読破しているなど博学でもある。
皐(さつき)
声 - 秦佐和子[6]
柚の新人時代の教育係で、彼女の憧れの先輩であり相棒。青紫色の長髪。
責任感が強く真面目な性格。暗闇が苦手。
此花亭に奉公に行くはずだった柊の代わりに此花亭に来たが、自身は柊のように巫女になりたいと思っている。
当初の予定では物語終盤に柚と恋仲になる予定だったが、そうなる前に連載が中断してしまった(「百合姫S」の付録小冊子より)。
本人曰く、桐は「長年の悪友」。
棗(なつめ)
声 - 諏訪彩花[6]
髪は茶色で短髪。
男物の着物とステテコを着用、見た目や体つき、性格や言動が全てがボーイッシュ。一人称は「ボク」。
蓮とは幼馴染。蓮は棗が自分の想いには気付いていないと思っているが、実際には棗も蓮には特別な想いを抱いている様子である。
柚の事は「ゆんたん」と呼ぶ。
蓮(れん)
声 - 久保田梨沙[6]
髪は薄いピンク色でやや巻毛。
お洒落やファッションについて明るく、裁縫が得意。
「優雅でいること」をモットーとしているが、表に出ない“心の声”では罵詈雑言を吐いている。
幼い頃に男の子にいじめられた影響で今でも男が苦手。
棗とは幼馴染で彼女のことは「なっちゃん」と呼び、彼女に恋心を抱いている。
櫻(さくら)
声 - 加隈亜衣[6]
髪色長髪でサイドでリボンを結んでいる。
無口で寡黙(原作では「…」が多いが、アニメ版では普通に喋れる)だが好奇心旺盛でいたずら好き。柚よりもさらに幼い子狐。飯綱を使役して掃除や洗濯などの雑務をこなしている。
幼い頃、母である八重に連れられて此花亭に来た際に新人時代の桐と出会った。
桐(きり)
声 - 沼倉愛美[6]
此花亭の仲居頭。煙管と酒を好む。櫻と同室。
ひょうひょうとして食えない性格だが、仲居頭として柚を始め他の仲居たちのことを常に気遣って配慮している。
皐とは昔(新人仲居時代[7])からの馴染み(腐れ縁)。
実家は荼枳尼天に仕える眷属で、自身も眷属の仕事の経験がある。幼いうちから知恵者で荼枳尼天にも一目置かれていたが、後継ぎとなることが期待される弟が生まれた際に「手のかからない大人にとって都合のいい子供」でいることを求められたことで実家にいづらくなり、此花亭に奉公に来た。
新人時代から有能な仲居だったが、経験不足で至らない部分をよく八重に助けられた。
椿(つばき)
声 - 緒方恵美
此花亭を仕切る女将。比丘尼とは古くからの知り合い。少なくとも数百年は生きている模様。
普段は仲居たちとは違い、狐そのものの顔貌をしているが、“化粧”をすると柚達同様狐娘の顔になる。
仲居にセクハラを働いた客に対して容赦ない態度を取った。
狐の顔の時、眉間に炎のような紋様がある。
幼い頃、ウカノミタマの元で眷属として働いていたことがあり、その時未来から“神の道”に迷い込んできた柚に出会ったことがある。
梢(こずえ)
声 - 中村桜
眼鏡をかけた此花亭の料理人でかつて椿と同僚の眷属だった。
水木(みずき)
4巻で初登場。桐の新人時代の仲居頭。
梓(あずさ)、撫子(なでしこ)
4巻で初登場。2人共桐の新人時代の同僚の先輩仲居。

その他[編集]

瓜乃介(うりのすけ)
声 - 加隈亜衣[8]
櫻が拾った卵から孵ったの子供。このはな綺譚1巻で初登場。アニメでは4話で初登場。
名づけ親は棗で、見た目がイノシシの子供(ウリ坊)に見えることから。
たまに仲居達の夢を食べているが、彼女たちは獏だとは気付いておらず、ウリ坊だと思っている。
お菊(おきく)
声 - 渡辺明乃
喋ったり動いたり髪が伸びたりする“呪いの人形”。このはな綺譚2巻で初登場。名前は日本人形という雰囲気だけで棗が勝手に付けた。
有名な職人が作った精巧な日本人形だったが、元の持ち主に不気味だと疎まれたことで呪いの人形化した。
供養を頼まれた和尚が此花亭に持ち込んだが、仲居達と打ち解け、そのまま此花亭に住み着いて(?)いる。
蓮が作った給仕服に着せ替えられ、髪も縦ロールのツインテールになっている。
此花亭に来た当初、櫻に髪を鋏で無残に切られてから彼女のことが苦手。
八百比丘尼(やおびくに)
声 - 大原さやか
雪に埋もれていた柚を拾い、育てた。此花亭の女将とは古い知り合いで、そのつてで柚を此花亭に託した。
柊(ひいらぎ)
声 - 池辺久美子
皐の姉。髪は銀色で瞳は水色。一人称は「俺」。本格的な登場はこのはな綺譚2巻が初。
自由奔放な性格。本来此花亭へ奉公へ行くところを資質に問題があり、歌や踊りには秀でていたため巫女になり、代わりに巫女になるのを夢見ていた皐が此花亭の仲居になった。
その経緯もあって2人は犬猿の仲だが、本当はお互いの才能を認め合っている。
菖(あやめ)
声 - 持月玲依
柊の同僚の巫女。髪と瞳は黒。眼鏡をかけている。このはな綺譚2巻で初登場。
柊と皐の経緯を知っており、2人の関係を面白がっている節がある。
このはな綺譚5巻では柊とともにモモの教育係になったが、ことあるごとにモモをハリセンで叩き厳しいしごきを楽しんでいる“ドS”な性格。
桃(モモ)
5巻で初登場。神社で働く新米巫女で、蓮の妹。
仕事を覚えるのが遅く、ミスばかりするのでしょっちゅう教育係のあやめにハリセンで叩かれている。
美少女を自称していたり、空気が読めない言動をするため、同僚の巫女たちからはウザいと思われ、本人が無自覚のうちに無視されるといういじめを受けていたが、厳しく教育するあやめに歯向かったことで肝が据わっていると同僚たちから一目置かれるようになる。
姉である蓮のことを「お姉ちゃま」と呼ぶなど、強い愛情を抱いている。
八重(やえ)
4巻で初登場。桐が新人仲居時代に此花亭に通っていた芸者で、櫻の母。
非常に機転が利き、芸者と仲居という職業の枠を越えて新人時代の桐を何度も助けた。
現在では故人となっている模様。
文豪さん(ぶんごうさん)
声 - 天乃咲哉
此花亭の常連客。常に狐のお面を着けている。比較的長期間、連続して逗留しているらしい。
自称「作家」だが、ペンネームや作品については仲居たちにも秘密にしている。
主に単行本(「此花亭奇譚」の新装版は除く)のカバー下のおまけ漫画に登場し、作者自身の体験や本音が、文豪さんの姿を通して語られていたが、3巻のカバー裏で正式に文豪さん=作者だと明言された。テレビアニメ版でも作者本人がアフレコを担当している。
リリィ
声 - 前田玲奈
お菊が街で拾った人形。お菊とは違い持ち主にかわいがって貰っていた。お菊と別れて人間界に戻り、持ち主に再会することができた。
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
声 - 桑島法子
女神。過去に迷い込んだ柚の話から温泉旅館の経営を思い付く。
声 - 大空直美
宇迦之御魂神の眷属。

用語[編集]

此花亭(このはなてい)
あの世とこの世の間にある宿場町にある温泉宿。
宇迦之御魂神が、未来から来た柚が温泉旅館の仲居だと聞き、思い付きで温泉を掘り湯治場として建てたのが始まり。
当初は宇迦之御魂神が招いた知り合いの神々が利用していたが、今では神様の他迷い込んだ人間、人ならざる者など様々な客が訪れる。
格式が非常に高く、一見さんはお断り。常連客、招待客、あるいは「手形」を持つ客のみが宿泊できる。
仲居はみな少女の姿をした狐。かつては眷属の中から選ばれていたが、桐の新人時代で、元眷属だったのは既に椿と梢の2人だけになっていた。

書誌情報[編集]

此花亭奇譚[編集]

巻数 初版発行日 ISBN
1 2010年2月1日 ISBN 978-4-7580-7071-3
2 2010年9月1日 ISBN 978-4-7580-7106-2
新装版・上 2015年5月24日 ISBN 978-4-344-83435-4
新装版・下 2015年6月24日 ISBN 978-4-344-83457-6

1巻と新装版・上、2巻と新装版・下は収録されている話はそれぞれ同一だが、1,2巻にあるカバー下のおまけ漫画とあとがきは新装版には無く、新装版には1話ずつ描き下ろしが収録されている。

このはな綺譚[編集]

巻数 初版発行日 ISBN
1 2015年4月24日 ISBN 978-4-344-83416-3
2 2015年10月24日 ISBN 978-4-344-83542-9
3 2016年3月24日 ISBN 978-4-344-83669-3
4 2016年10月24日 ISBN 978-4-344-83821-5
5 2017年3月24日 ISBN 978-4-344-83943-4
6 2017年9月23日 ISBN 978-4-344-84054-6
7 2018年6月24日 ISBN 978-4-344-84179-6

テレビアニメ[編集]

2017年3月24日発売の単行本5巻の帯にて『このはな綺譚』のアニメ化が発表され[9]、同年10月より12月までAT-XTOKYO MXカンテレBS11にて放送された[10]。原作の『此花亭奇譚』と『このはな綺譚』の話を抜粋し、春夏秋冬の順番で並び替えた構成となっている[11]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ココロニツボミ」[12]
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 菊地創 / 歌 - eufonius
エンディングテーマ
「春ウララ、君ト咲キ誇ル」(第1話 - 第3話)
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 山田高弘 / 編曲 - 齋藤真也
歌 - 此花亭仲居の会[柚(大野柚布子)、皐(秦佐和子)、棗(諏訪彩花)、蓮(久保田梨沙)、櫻(加隈亜衣)、桐(沼倉愛美)]
「夏咲き恋花火」(第4話 - 第6話)
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 山田高弘 / 編曲 - 齋藤真也 / 歌 - 棗(諏訪彩花)、蓮(久保田梨沙)
「茜空、君舞フ紅葉ノ散歩道」(第7話 - 第9話)
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 山田高弘 / 編曲 - 齋藤真也 / 歌 - 櫻(加隈亜衣)、桐(沼倉愛美)
「雪華煌めく家路にて」(第10話 - 第11話)
作詞 - こだまさおり / 作曲 - 山田高弘 / 編曲 - 齋藤真也 / 歌 - 柚(大野柚布子)、皐(秦佐和子)
「四時・草の縁」(第12話)
作詞 - riya / 作曲・編曲 - 菊地創 / 歌 - 柚(大野柚布子)

各話リスト[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督
第一話さくやこのはな 岡本英樹黒澤桂子
第二話春の旅路 高橋亨山本由美子、松本純平、黒澤桂子
第三話恋待ち焦がれ きむらシンいちろう星野真澄、安形佳己、難波聖美、佐藤綾子
第四話夢の浮き橋 鈴木行福井洋平山本由美子、難波聖美、安形佳己、樋口博美
佐藤綾子、吉田みずき、黒澤桂子
第五話梅雨(ばいう)送りし 高橋亨鈴木拓磨安形佳己、山本由美子、樋口博美
黒澤桂子、成川多加志、佐藤綾子
星野真澄、難波聖美、小沼克介
第六話此花亭怪談 きむらシンいちろう山本由美子、安形佳己、樋口博美
河野のぞみ、成川多加志、難波聖美
第七話夏祭りの夜 岡本英樹久保山英一樋口博美、松本純平、成川多加志、難波聖美
安形佳己、星野真澄、牛ノ濱由惟
第八話かりそめの訪客 奥村よしあき鈴木芳成樋口博美、山本由美子、安形佳己、星野真澄
難波聖美、河野のぞみ、成川多加志
第九話泡沫(うたかた)の… きむらシンいちろう
第十話姉上襲来 高橋亨
第十一話神様の休日 鈴木行鈴木拓磨
奥村よしあき
第十二話大晦日の奇跡 岡本英樹河野のぞみ、樋口博美、安形佳己、山本由美子
難波聖美、成川多加志、星野真澄、黒澤桂子

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[13]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [14] 備考
2017年10月4日 - 12月20日 水曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2017年10月5日 - 12月21日 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
2017年10月6日 - 12月22日 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
金曜 2:25 - 2:55(木曜深夜) カンテレ 近畿広域圏
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年10月6日 - 12月22日 金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜) AbemaTV
金曜 12:00 - dアニメストア
2017年10月7日 - 12月23日 土曜 23:30 - ニコニコ動画
2017年10月13日 - 12月29日 金曜 更新

BD / DVD[編集]

発売日[15] 収録話 規格品番
BD DVD
第一巻〜春〜 2017年12月22日 第1話 - 第3話 ZMXZ-11811 ZMBZ-11821
第二巻〜夏〜 2018年1月24日 第4話 - 第6話 ZMXZ-11812 ZMBZ-11822
第三巻〜秋〜 2018年2月23日 第7話 - 第9話 ZMXZ-11813 ZMBZ-11823
第四巻〜冬〜 2018年3月28日 第10話 - 第12話 ZMXZ-11814 ZMBZ-11824

Web番組[編集]

2017年9月6日から9月30日までニコニコチャンネルにてメインキャスト6人が出演する特番『狐っ娘たちのおもてなし』が配信された[12]。BD / DVDに再録。

2017年10月9日から2018年4月27日まで音泉にてWebラジオ『らじお 此花亭へようこそ』が配信された[16]。2017年10月9日から2018年2月5日まで毎週月曜更新、2018年2月9日から2018年4月27日まで毎週金曜更新。パーソナリティは柚役の大野柚布子と皐役の秦佐和子

公式ガイドブック[編集]

TVアニメ「このはな綺譚」公式ガイドブック
2018年3月28日発売、2018年3月31日第1刷発行、発行:幻冬舎コミックス、発売:幻冬舎ISBN 978-4-344-84167-3、A4版
内容は、イラストギャラリー、キャラクター紹介、キャスト対談・コメント、物語案内、スタッフインタビュー(岡本英樹(監督)×吉岡たかを(シリーズ構成)×大貫一雄(プロデューサー)、黒澤桂子(キャラクターデザイン・総作画監督))、スタッフコメント、設定資料集、特別漫画等。特別漫画は月刊バーズ2018年2月号に掲載された漫画「このはな綺譚 文豪さんの日々 アニメ完結記念特別編」の全8ページのうちの前半4ページと、その続きの描きおろし1ページ。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 此花亭奇譚 1巻奥付
  2. ^ 作者のTwitterより
  3. ^ 昔話を少々…文豪さんのお部屋(作者ブログ) 2018年1月6日掲載
  4. ^ 此花亭のご案内 このはな綺譚公式サイト
  5. ^ 単行本・書籍情報 月刊コミックバーズ 2015年2月号 幻冬舎コミックス
  6. ^ a b c d e f g h i j k アニメ「このはな綺譚」仲居6人のビジュアル解禁、キャストコメントも”. コミックナタリー (2017年7月28日). 2017年7月28日閲覧。
  7. ^ らくがき Archived 2015年12月8日, at the Wayback Machine. 天乃じゃく草紙(作者ブログ) 2009年11月24日掲載
  8. ^ 『このはな綺譚』アニメ公式の2017年11月4日のツイート2018年1月5日閲覧。
  9. ^ 天乃咲哉「このはな綺譚」アニメ化!温泉宿舞台に仲居の狐たちを描く コミックナタリー 2017年3月24日掲載
  10. ^ a b TVアニメ『このはな綺譚』が10月より放送開始。柚(声優:大野柚布子)たち6人の魅力が詰まったPV配信”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  11. ^ 原作 天乃咲哉の2017年11月15日のツイート 2018年1月5日閲覧
  12. ^ a b 『このはな綺譚』の番宣映像が解禁! 映像内で主題歌のeufonius「ココロニツボミ」が初公開。声優陣による特別番組も配信決定!”. アニメイトタイムズ (2017年9月4日). 2017年9月4日閲覧。
  13. ^ 放送情報”. TVアニメ『このはな綺譚』公式サイト. 2017年8月30日閲覧。
  14. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  15. ^ Blue-ray&DVD”. TVアニメ『このはな綺譚』公式サイト. 2017年9月22日閲覧。
  16. ^ らじお 此花亭へようこそ”. 音泉. 2017年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]