木村真一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 真一郎(きむら しんいちろう、男性、10月4日 - )は、日本アニメ監督演出家。愛称はキムシン広島県出身。

経歴[編集]

大阪芸術大学芸術学部美術学科(油絵専攻)卒業。美術系の大学に入学したのは美術の教員免許を取得するためである。在学中はアニメーション研究会CASに所属しており、アニメ監督の加戸誉夫らとは同期。大学卒業後、スタジオワールドに所属。元はアニメーターであったがアダルト作品で初監督を務め、以後監督として活動していく。

絵コンテ、演出家としてキャリアを積み、1998年に『BURN-UP EXCESS』で初の監督を務める。監督としての代表作には『HAND MAID メイ』(2000年)や『ちっちゃな雪使いシュガー』(2001年)などがある。中でも『シュガー』は木村が名声を得ることとなった作品である。

作風[編集]

監督としてはクセが少ない方で、作品を無理に捻じ曲げてまで自分の色を出そうとするようなことは無く、与えられた題材をうまく活かすことが多い。大のメガネっ子好きで、この趣味が昂じて『G-onらいだーす』というメガネっ子ばかりが登場するアニメの監督をしたこともある。『トム&ジェリー』のようなコメディを作ることを熱望している。

作品リスト[編集]

監督[編集]

絵コンテ・演出[編集]

関連項目[編集]