いじめ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いじめ
ジャンル 社会派学園漫画少女漫画
漫画
作者 五十嵐かおる
出版社 小学館
掲載誌 ちゃおデラックス
ちゃお
レーベル ちゃおフラワーコミックス
発表期間 2005年6月号 -
巻数 既刊11巻
OVA:いじめ 〜いけにえの教室〜
原作 五十嵐かおる
監督 木村真一郎
脚本 金春智子
キャラクターデザイン 岡野幸男
アニメーション制作 シナジーSP
製作 小学館集英社プロダクション
発売日 2012年2月
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

いじめ』シリーズは、五十嵐かおるによる日本漫画作品。2005年から、『ちゃおデラックス』(小学館)および『ちゃお』(同)にて不定期掲載。

目次

概要[編集]

小・中学生女子の「いじめ」をテーマとした短編シリーズで、累計発行部数は2016年11月現在250万部を突破している[1]

ストーリーの多くは、いじめの被害者である主人公の少女が自分の境遇を克服して、立ち直るまでの過程を重点的に描いており、対する加害者の少女たちは終始一貫して悪人のまま、反省も謝罪もせずに罰せられる(転校や停学)場合が多い。いじめの被害者ではないが、いじめを見て見ぬふりをしてしまい、苦悩する主人公が、いじめに立ち向かったり、贖罪のために行動するパターンもある。また、本来は友人同士だったはずの少女たちが些細なきっかけでいじめの加害者と被害者の関係になり、最後に再び和解するという形のストーリーも何編か描かれている。なお、数は極めて少ないものの、一部には加害者の少女を主人公としたストーリーもあり、その場合には主人公が被害者と同様の苦しみを味わうことにより自分の行いを反省して悔い改める結末になっている[2]

のちにノベルス版と文庫版も展開されるようになり、それらは主人公が複数制となっている。

読者として、主に小・中学生の女子を想定している関係上、ストーリーは基本的に女子のみで進められ、男子のキャラクターが登場することは滅多にない(作品設定として女子校を舞台にしているストーリーも多い)。しかし、文庫版では名前付きの男子キャラクターが原作よりも多めに登場する。

各登場人物や学校は毎回異なるが、一部のストーリーでは人語を解する謎の黒猫「ノア」が登場することもある。ノアを介して主人公たちはいじめから立ち直るため、主人公たちから見ればノアは救世主のように描かれているが、いじめを行っている加害者に対しては殺人をも厭わない恐ろしさを見せることもある[3]

作者の五十嵐は、主人公の辛いシーンを描く時は自分も辛くなり、体調を崩して寝込むこともあるという[4]。しかし、五十嵐は「いじめられている主人公の気持ちにできるだけ寄り添いたいから」という理由から、アシスタントに手伝ってもらうことはせず、一人だけでこのシリーズの原稿を描いているという[5]

2012年にはOVAとして、『いじめ 〜いけにえの教室〜』がアニメ化されている。

この他、五十嵐が本シリーズと並行して描いた短期連載の『終わらない歌をうたおう!』と『学園クライシス!』(共にちゃおコミックス全1巻)も、やはり、いじめ問題を重点的に扱った作風になっている。

2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(児童向け部門)受賞[6]

いじめ ―ひとりぼっちの戦い―[編集]

はじまりの予感[編集]

2005年『ちゃおデラックス』6月号掲載。

ストーリー(はじまりの予感)[編集]

転入生の咲坂麻那は、同じクラスメイトの里見智子と友人となる。しかし、彼女は授業中に先生を糾弾するなどの不可解な行動をとっていた。それがクラス委員の貴水玲香のいじめによるものだと知った麻那は反発するが、そのせいで彼女もいじめの対象となる。麻那は先生に相談するものの玲香は言い逃れをし、その逆恨みで麻那と智子を仲違いするように仕向け、さらに智子に麻那のいじめに参加するように強要する。

登場人物(はじまりの予感)[編集]

咲坂 麻那(さきさか まな)
父親の転勤で転校して来た、14歳。友達になった智子を庇ったことがきっかけで玲香達からいじめを受ける。
里見 智子(さとみ ともこ)
咲坂と同級生。クラス一トロいという理由で、玲香達から授業中に先生を責めることを強要するなどのいじめを受けていた。玲香の根回しで麻那に煩わしく思われていると思わされ、智子も麻那のいじめに加担するよう仕向けられる。
貴水 玲香(たかみ れいか)
麻那たちクラスの委員長。先生らにはいい子を演じているが、取巻きとともに智子にいじめを行っている。智子を庇った麻那にもいじめを行うようになり、先生に告発された逆恨みでさらにエスカレートするようになる。

明日に吹く風[編集]

2005年『ちゃおデラックス』8月号掲載。

ストーリー(明日に吹く風)[編集]

女子陸上部のエースであった中島実咲は、部長の日富光希に妬まれたことから、女子陸上部でいじめを受ける。堪えられなくなった実咲は廃校になった母校の小学校で、自分の走りたいという気持ちを再確認する。そして、実咲はいじめに立ち向かう。

登場人物(明日に吹く風)[編集]

中島 実咲(なかしま みさき)
中学1年生、女子陸上部の100M走エース。光希に妬まれいじめを受ける。
晴海 芳人(はるみ よしひと)
中学3年生、男子陸上部部長。実咲の憧れの先輩。
日富 光希(ひとみ みき)
中学3年生、女子陸上部部長。エースになり芳人とも親密になっていた実咲への嫉妬心から、部員を抱き込みいじめを行う。
優花(ゆうか)
実咲の女子陸上部の友達。実咲へのいじめを見て見ぬふりをする。

きみに届く声[編集]

2005年『ちゃおデラックス』11月号掲載。

ストーリー(きみに届く声)[編集]

水野唯は友達グループの灯村奈美江に勧められるまま万引きを始め、次第に罪の意識をもたなくなっていた。ある日、七瀬マキに万引き現場を注意され、その苛立ちのままにふたたび万引きをしようとしたところを補導される。

そのことが学校に知れ渡ると、手のひらを返すように奈美江たちからいじめを受けるようになり、さらに万引きを強要される。しかし、唯はマキの言葉で目覚め、万引きを拒絶する。マキは暴行を受ける唯を助け、ふたりのあいだに友情が芽生える。

登場人物(きみに届く声)[編集]

水野 唯(みずの ゆい)
中学2年生。奈美江の友達グループに入れられているものの、宿題を写させるなどうまく利用されているだけと感じている。奈美江に誘われ初めて万引きを成功させて以来、罪悪感がなくなっていくが、補導されてからは奈美江のグループからいじめを受けるようになり、さらに万引きをするよう強要される。
灯村 奈美江(ひむら なみえ)
唯のクラスメイト。中学2年クラス替え以来、唯も友達グループに引き込んでいる。グループで万引きを行っていたが、唯が補導されると簡単に見放しいじめを行うようになり、いじめをしない取引として万引きを強要する。
七瀬 マキ(ななせ マキ)
唯のクラスメイト。クールだが少しきつめの性格で、いつも1人でいる。唯の万引き現場を一度注意するものの防ぐことができず、その後も唯に万引きを止めさせようとする。

いけにえの教室[編集]

2007年『ちゃおデラックス』4月号掲載。

2012年『ちゃお』3月号・付録DVD「ちゃおちゃおTV!」にOVA『いじめ 〜いけにえの教室〜』を収録。ナレーションは幸田夏穂

ストーリー(いけにえの教室)[編集]

私立星華女子学園に通う古城世良は、大会社の社長である父親の多額の寄付を背景に、生徒も教師も逆らえず、少し気に入らないだけで他の生徒を「生贄」と称し、全校生徒を巻き込む集団いじめを行っていた。

後輩の君島文香へのいじめを楽しんでいる世良だったが、思わぬ事態が起きる。

登場人物(いけにえの教室)[編集]

古城 世良(こじょう せら)
声 - 一杉佳澄
私立星華女子学園中学3年生。
一流企業の社長令嬢でもあり、両親が学校に多額の寄付をしていることから、学校内では「世良様」と呼ばれている。それをいいことに、学校を私物化して、教師すらも支配下に置き、生徒の1人を「生贄」として全校生徒による集団いじめを行う。
後輩の文香のせいでバッグに傷が付いたことから、文香を新しい生贄とする。いじめに苦しむ文香が「バッグを弁償します」と懇願してきても許さず、文香のせいで制服が汚れたことを理由に自身の手で彼女の髪を切った。その直後、父親の会社が倒産したことで失脚してしまい、これまでの報いのごとく、集団いじめを受けて、髪もライターで燃やされる。
事件から1ヵ月後、別の町内に引っ越し、茫然自失の日々を送っていたが、文香に助けられたことで改心し、「もういじめをしない」と誓い、立ち直り始める。
君島 文香(きみじま ふみか)
声 - 東山奈央
星華女子学園の中学2年生で3組所属。
世良にぶつかった際に海外土産のバッグを少し傷付けたというだけで目を付けられて「生贄」にされ、全校生徒からいじめを受けるようになる。明るかった性格もいじめのせいで暗くなり、世良の手で髪も切られてしまうが、世良が学園内で失脚したことでいじめから解放された。
世良いじめには加担しなかったが、不登校になった世良と再会した際には、かつての自分を重ね合わせて手を差し伸べ、励ましの言葉をかけて世良を改心させた。
エミ
声 - 古森奈保子
文香の同級生にして友人。
気が強く、生贄になった文香を助けようとするが、生贄を助けた者は一緒にいじめられることから、見てみぬふりをしてしまう。世良失脚後はいじめから解放された文香と元の友人関係に戻る。
文香同様、世良いじめには加担しなかったが、世良に対する恨みは強く、「文香を苦しめた張本人」と見下しており、文香が世良に手を差し伸べた際にも怒りを露にした。
綾(あや)、萌(もえ)、舞(まい)
声 - 松嵜麗中嶋ヒロ田中里和
世良の取り巻きたち。しかし、本人たちは世良が社長令嬢であるため彼女にただ従っていただけに過ぎず、内心では他の生徒たちと同じく世良を嫌っていた。世良が失脚したあと、それまでの恨みをまとめて返す形で、世良に集団いじめを行う。
世良の両親
声 - 森田了介(父)、原島梢(母)
父親は一流企業の社長で、母親は社長夫人。星華学園に多額の寄付を行うが、その行いは学園内における世良の増長と学園支配に繋がることになる。
しかし、会社が倒産したことで世良が学園内で失脚し、豪華な家を売り払い、別の町内に引っ越す。

スタッフ(OVA)[編集]

原作とアニメの相違点[編集]

  • 世良の髪は、原作ではライターの火で燃やされるが、アニメ版では、ハサミで切られる。
  • 失脚後の世良と文香のやり取りは、原作では世良が別の町内に引っ越して不登校になっていたときに描かれているが、アニメ版では世良が髪を失った直後に行われた。世良は手を差し伸べた文香に対して、原作では惨めな気持ちから突っぱねるが、アニメ版では文香にこれまでの仕返しにいじめられると思い、最初は怯えており、最終的には文香に謝罪する。
  • この話の主人公は世良ではあるが、アニメ版では文香が、もう1人の主人公として描かれており、髪を切られた世良にリボンを渡し、再びいじめられることを恐れて世良を助けにいけなかったことを懺悔し、世良やエミと和解した後、いじめを止めるために勇気を出すことを誓う。
  • アニメ版でのエミは「いじめを見て見ぬふりをすることもいじめ」をより体現するため、世良に手を差し伸べた文香の姿を見て、文香へのいじめを見てみぬふりをしたことを改めて後悔し、文香に謝罪する。

明日にかける橋[編集]

ストーリー(明日にかける橋)[編集]

学校でいじめを受け不登校になっていた上原千歩は、ナンパ行為をされそうになったところを棟方紫月に助けられる。千歩は彼女に天の原学園というフリースクールを紹介され、保母を目指したいと思うようになる。元の学校のクラスメイトに会い、逃げ出した千歩は両親に不登校を知られ、自分がいじめを受けていたことを明かす。そして、父の田舎でやり直すために千歩は、引っ越しを決める。

登場人物(明日にかける橋)[編集]

上原 千歩(うえはら ちほ)
学校でいじめを受け不登校になっている中学2年生。不登校になって2週間後に紫月に助けられて天の原学園を紹介され、保母を目指そうと思うようになる。1か月後、不登校を両親に知られ、いじめを告白したあと、やり直すため田舎へと引っ越すこととなる。数年後、正式に保母になる。
棟方 紫月(むなかた しづき)
フリースクール・天の原学園で美容師を目指している少女。15歳。不登校になっていた千歩に出会い学園を紹介する。いつも明るく振舞っているが、生きることに絶望しリストカットをした過去があり、右手首のリストバンドに触られることを極端に怖がる。数年後、正式に念願の美容師になる。

いじめ ―生き地獄からの脱出―[編集]

裏切りの放課後[編集]

2008年『ちゃお』2・3月合併号掲載。

ストーリー(裏切りの放課後)[編集]

安藤麻美が受講する進学塾のクラスでは、週に1度行われるテストで最下位をとった者を「ドレイ狩り」と称していじめていた。そして麻美が最下位をとったとき、友達だと思っていた矢野塔子に友達ごっこをしていただけだと告げられ、いじめを受け続けることになる。母親からは塾は辞めさせないと告げられ、復讐心を胸に1週間後トップを獲得。そして同時に最下位に転落した塔子に対し、麻美はいじめを行うようになる。

友達と一緒に塔子へのいじめを行うことが楽しくなり、母親へも強く言い返せるようになったころ、父親と再会した麻美は、すでに父が新しい女性と再婚していた事実を知る。それを母親に問いただしたことで、麻美は母が今まで自分に厳しく接していた理由を知り、和解すると同時に改心する。そして塔子に救いの手をさしのべ、もう二度と誰かをいじめることはしないと誓う。その後、麻美と塔子は同じ中学校に合格する。

登場人物(裏切りの放課後)[編集]

安藤麻美(あんどう まみ)
中学受験を控えた小学6年生。父親は家を出ており、母親と2人暮らし。塾のテストで最下位をとったことから、いじめを受けるようになる。
矢野塔子(やの とうこ)
塾での麻美の友達。麻美が最下位をとったことで態度が急変。「自分が最下位をとった時の保険として友達ごっこをしていた」と明かし、積極的に麻美へのいじめに加担するようになる。しかし、1週間後のテストでは麻美がトップとなり、自身は最下位だったため、いじめられる側に転落する。

あやまちの行方[編集]

2007年『ちゃおデラックス』秋の大増刊号掲載。

ストーリー(あやまちの行方)[編集]

進学校に通う内田芽衣は出来心でテストのカンニングを行うが、同級生の佐野と嶋田に見つかり、それを脅迫材料として万引きや金銭要求などを強要されるようになる。そしてその行為が学校に知られることとなり、芽衣は手を切ろうとするものの、今度は佐野らに薬物児童買春を強要され、自殺未遂をするまでに追い詰められる。

そのとき、芽衣は以前に助けた黒猫のノアの言葉に心を動かされ、両親に助けを求める。その後、心身ともに回復し、カンニングや万引きの件なども両親にすべて打ち明け、「もう無理して勉強しなくていい」と諭され、和解する。一方、佐野と嶋田はノアと遭遇し、自分や周囲が怪物に見える幻覚を見せられ、薬物中毒として入院するも、二人ともに投身自殺を図る。

登場人物(あやまちの行方)[編集]

内田芽衣(うちだ めい)
進学校に通う中学2年生。人より少し勉強ができたことから両親に進学校に入学させられる。しかし次第に勉強についていけず、成績が下がる一方でついカンニングを行い、そのことで佐野と嶋田から脅迫されるようになる。
佐野(さの)・嶋田(しまだ)
芽衣の同級生。芽衣がカンニングをしたことを知り、彼女にいろいろな要求をしていく。

消えない傷跡[編集]

2007年『ちゃおデラックス』秋の大増刊号掲載。

ストーリー(消えない傷跡)[編集]

中学2年生の浅居奈緒は、1か月前に父が起こした飲酒運転事故がきっかけで、いじめを受けていた。そこへ、転校生の泉川由麻が現れたことから、いじめの対象は由麻へ向けられることとなる。しかし、由麻は奈緒の父が死なせた夫婦の実の娘であった。

登場人物(消えない傷跡)[編集]

浅居 奈緒(あさい なお)
中学2年生。父が起こした飲酒運転事故がきっかけでいじめを受ける。
泉川 由麻(いずみかわ ゆま)
中学2年生。奈緒の父の起こした事故で両親を亡くし、親戚の家で暮らしている。

いじめ ―見えない悪意―[編集]

いじめ ―勇気をください―[編集]

いじめ ―静かな監獄―[編集]

いじめ ―叶わない望み―[編集]

いじめ ―凍りついた教室―[編集]

いじめ —光と影—[編集]

いじめ-タカラサガシ-[編集]

いじめ-いびつな心-[編集]

いじめ-かりそめの教室-[編集]

刊行作品[編集]

コミックス[編集]

小説[編集]

原作・絵:五十嵐かおる、文:武内昌美[注釈 1]

  • 小学館〈ちゃおノベルズ〉
    1. いじめ ―もう涙はいらない―(2009年3月19日発売、ISBN 978-4-09-289720-5
    2. いじめ ―負けない勇気―(2009年9月17日発売、ISBN 978-4-09-289553-9
    3. いじめ ―心の星を信じて―(2011年9月1日発売、ISBN 978-4-09-289560-7
    4. いじめ ―明日へのキズナ―(2012年11月1日発売、ISBN 978-4-09-289563-8
      • 原作・絵:五十嵐かおる、文:村上アンズ
    5. いじめ -残酷な放課後-(2013年6月27日発売、ISBN 978-4-09-289569-0
      • 原作・絵:五十嵐かおる、文:都築奈央
  • 小学館〈小学館ジュニア文庫〉
    1. いじめ ―いつわりの楽園―(2012年2月22日発売、ISBN 978-4-09-230724-7
    2. いじめ ―学校という名の戦場―(2012年10月26日発売、ISBN 978-4-09-230732-2
    3. いじめ -引き裂かれた友情-(2013年3月27日発売、ISBN 978-4-09-230736-0
    4. いじめ -過去へのエール-(2013年8月21日発売、ISBN 978-4-09-230743-8
    5. いじめ -うつろな絆-(2014年1月29日発売、ISBN 978-4-09-230751-3
    6. いじめ -友だちという鎖-(2015年3月25日発売、ISBN 978-4-09-230795-7
    7. いじめ -行き止まりの季節-
    8. いじめ -闇からの歌声-
    9. いじめ -勇気の翼-

注釈[編集]

  1. ^ ただし、―明日へのキズナ―は、村上アンズによる文であり、また、-残酷な放課後-は、都築奈央による文である

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ちゃおデラックス』2017年1月号694ページ。
  2. ^ 「いけにえの教室」(単行本『ひとりぼっちの戦い』に収録)、「哀しい勝者」(単行本『静かな監獄』に収録)、「願い叶う日まで」(単行本『願い叶う日まで』に収録)、「終わらないゲーム」(単行本『終わらないゲーム』に収録)。
  3. ^ 初登場回の「あやまちの行方」では、いじめを行っていた者たちがシンナーを吸っていることを逆手にとって凄惨な幻覚を見せる。後日、彼女たちはみずからの弱さに向き合えず、自殺する。「心の殺人」では、いじめの主犯格を教室の窓から落としたあと、そのことで主人公を誘惑するが、主人公は助ける道を選ぶ。
  4. ^ 『ちゃおランド』漫画家データ
  5. ^ (フォーラム)いじめ、どう考えますか?~五十嵐かおるさんに聞く
  6. ^ 小学館:第62回(平成28年度)小学館漫画賞 発表

外部リンク[編集]