神裂火織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神裂 火織かんざき かおり
とある魔術の禁書目録』のキャラクター
初登場 第1巻
作者 鎌池和馬
伊藤静
詳細情報
性別
職業 魔術師
宗教 イギリス清教
天草式十字凄教
年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本
所属サイド 魔術サイド
テンプレートを表示

神裂 火織(かんざき かおり)は、鎌池和馬作のライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場する架空の人物であり、同作品のヒロインの一人。担当する声優伊藤静(アニメ版、ドラマCD版、ゲーム版共通)。

人物[編集]

イギリス清教第零聖堂区「必要悪の教会(ネセサリウス)」所属の女性魔術師。「天草式十字凄教」女教皇(プリエステス)でもある。ロンドンでも5本の指に入る凄腕の魔術師で、世界でも20人ほどしかいない聖人の1人[注 1]。日本刀「七天七刀」を使った抜刀術「唯閃」と、ワイヤーによる攻撃「七閃」を主体とする白兵戦を得意とする。魔法名は「Salvare000(救われぬ者に救いの手を)」。住居はロンドンランベス区の「必要悪の教会」女子寮。

神裂編SSでは主人公格として活躍する。

容姿[編集]

Tシャツとジーンズを着用している、長身でスタイルがいいポニーテールの美女。年齢より大人びて見られることを気にしている。術式のため、ジーンズの左脚部分の裾を根元まで切断し、Tシャツをへそが見えるように裾結びしているなど、左右非対称の容姿となっている。靴はウエスタンブーツ、腰のウエスタンベルトには愛刀「七天七刀」を差している(容姿を説明される際には、このような外見を指して「ウエスタンルックサムライガール」と表記される)。秋以降は右腕部分の袖のないデニムのジャケットを羽織っている。普段時は浴衣を着用することもある。

性格[編集]

普段は年下の上条当麻にまで敬語を使う丁寧な口調だが、激昂すると口調が荒っぽくなる。真面目な性格で、戦闘や仕事に関しては完全無欠という面が強く、リーダーシップも高いが、普段の生活ではオルソラ・アクィナスアニェーゼ部隊といった個性的な面々に振り回されて右往左往することが多い。また、非常に義理堅いところがあるが、これが災いして土御門元春には何かと付け込まれている。

生活[編集]

元は天草式十字凄教の女教皇(プリエステス)として生を受け、神の加護による強運を持つが、それが周りに不運を与えていると考えて女教皇の地位を辞し、「必要悪の教会」に加入する。魔法名はその過去に由来し、現在の天草式の基本理念となっている。イギリス清教の一員となった現在は、ロンドンにある「必要悪の教会」の女子寮にオルソラ達と暮らしている。好物は自家製の梅干しや鯛茶漬けといった日本食。

神裂を含む女子寮の住人は皆機械類に弱く、ローラ=スチュアートが学園都市からもらってきた最新鋭の全自動型洗濯機が女子寮に届いた時は、操作方法に悪戦苦闘した。それでも、故障することなく洗濯の任を遂げたことから、洗濯機を友と認識するようになり、イギリスのクーデターの際には持ち出しが不便にもかかわらず女子寮から運び出すなど、かなりの愛着を持っている。

人間関係[編集]

インデックスの「首輪」の件や「御使堕し」、さらには「法の書」事件での天草式の件で上条に多大な恩義を感じており、それを返したいと常々考えている。この感情を神裂はあくまで借りと主張しているが、上条に好意を抱く五和には恋敵として認識されている。

インデックスとはステイル=マグヌスと同じくイギリスにいた頃からの付き合いで、彼女が自分のことを忘れてしまっている現在もステイルと同様、見守る立場にある。

土御門とは自分がイギリス清教に加入した頃からの付き合いで、彼からは「ねーちん」と呼ばれている。当時英語をほとんど話せなかったことから土御門に通訳として色々面倒も見てもらったらしい。神裂はそのことを大きな借りと感じており、そこを土御門に付け込まれ、上条へのアプローチのために「堕天使メイド」のコスプレを行うよう迫られて悩み続けた果てに、アックアの件では最終的にバージョンアップ版の「堕天使エロメイド」を着て上条の見舞いに訪れたが、この件はトラウマになっている。なお、「堕天使エロメイド」姿の神裂の挿絵は作中にはないが、灰村キヨタカの個人サイトにはラフ画が掲載されている[1]。ただし、第17巻の挿絵には「堕天使メイド」姿の神裂がデフォルメ化されて描かれている。

建宮斎字をはじめとする天草式の面々からは全幅の信頼を寄せられているが、上記の「堕天使エロメイド」姿の神裂を見逃したことから何かにつけて「堕天使エロメイド」姿を拝もうと迫られている。

作中の行動[編集]

初登場は第1巻であり、当初は敵として登場。

ステイルと共にインデックスを追って学園都市へと潜入し、インデックスを回収しに赴いて圧倒的な強さで上条を倒すが、彼の説得で一旦退く。数日後、記憶消去のために小萌のアパートを訪れるが、上条の説得を受けて「自動書記」を起動させたインデックスに対抗するため、彼を援護する。8月末に発生した「御使落し」の際には、ロンドンのウィンザー城の結界の中にいたことで世界の異変に気付き、「御使落し」を食い止めるために土御門と来日し、偶発的に「御使落し」を発動させてしまった上条刀夜を殺害しようとしたミーシャ=クロイツェフと交戦する。

法の書事件では天草式が「法の書」の力を利用する可能性への疑惑から危惧を抱いて独断で来日し、天草式を殲滅するために派遣された「騎士派」を全滅させる。後に天草式が私欲のためにオルソラをさらったのではないと分かり、全てが終わった後で上条に事後報告する。

劇場版アニメでは、宇宙エレベーターエンデュミオン」から放たれたミサイルを迎撃するため、生身で宇宙空間に出撃。抜刀術でミサイルを破壊した後、そのまま大気圏に突入するという超人ぶりを発揮する。

「神の右席」後方のアックア襲来時には、窮地に陥った天草式を救うために学園都市でアックアと対峙。聖人に加えて聖母の力を持つアックアの圧倒的な力を目の当たりにして追い詰められるが、戦いの最中に天草式を離れたのは仲間の力を信用しなかった自分の我侭であったと理解し、天草式に援護を要請して共闘する。さらには駆け付けた上条と共にアックアの動きを封じることでアックア撃破に貢献し、再び天草式の女教皇の座に就く。その後のキャーリサのクーデターでは、「新たなる光」のフロリスを撃破するもカーテナ=オリジナルからの力を得た騎士団長に敗れて戦線離脱。上条らと合流後にバッキンガム宮殿に乗り込み、キャーリサとの戦いでは新生天草式のトップとして上条らと共に奮戦する。第三次世界大戦では清教派の中心となってフランスと戦う。

大戦後、突如として現れたラジオゾンデ要塞をその調査と同時に安全に着水させる作戦の最中に投擲の槌と交戦することとなり、苦戦の末に勝利を収めて太平洋に着水させる。対グレムリンの国家間会議では、騎士団長に代わり英国女王の護衛を務める。その後、キャーリサ、騎士団長、アックアと共にストウリングでロシア成教の刺客を退けたばかりの上条を確保するが、自身の特性を逆手に取った彼にオティヌスを殺さずに無力化できる可能性を提示され、彼への追撃を食い止めるため不本意ながら聖人級の実力者3名と刃を交えることになってしまう。

12月、「クロウリーズ・ハザード」によるイギリス襲撃時には、急遽ローラの手でクリファパズル545憑依させられ、人間性の軸がズラされたことで他人の死を許容するようになっており、カンタベリーで壊滅したと噂される部下の天草式を捨て置いてロンドン市内の防衛を行う。アレイスターを「騎士派」と共に迎撃するが、近代西洋魔術を網羅した魔術師である彼女には術式が通用せず敗北、槍を脇腹に突き刺されたことで憑依していたクリファパズル545から解放される。敵とはいえクロウリーズ・ハザードを殺してしまったことから精神的に不調に陥るも、オルソラの護衛としてスコットランドに向かう途中の対話で励まされる。

魔術・戦闘スキル[編集]

2メートル以上の令刀と呼ばれる日本刀(大太刀)「七天七刀」を使った抜刀術「唯閃」とワイヤーによる攻撃「七閃」を主体とする白兵戦を得意とするが、攻撃魔術も普通に用いる。ただし、結界のような細かい魔術は苦手としている。基本的に聖人なので一般の魔術師以上の能力を有するが、100%の力の行使は自滅する恐れがあるために不可能らしい。特に聖人の力を使う唯閃は一撃必殺の威力を誇る。「唯閃」は神道術式や仏教術式などを迂回することによって一神教の天使を切断することすら可能とするもので、キャーリサの全次元切断術式と打ち合うこともできる。その代わり、身体にかかる負担は大きく、全力を長時間発揮することは難しい。だが、それでも「神裂に勝てるのは本物の神様か天使ぐらいのものだろう」と言われるほどの実力者。劇場版アニメでは、前述の超人ぶりから「地上で全力を発揮したら、それこそ地球が壊れてしまうので(笑)」と評されている[2]

また、魔術だけでなく、肉体的なスキルも高い。壁を蹴り壊すほどの身体能力は、魔術と同様に作中内では最強クラスである。


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 劇場版アニメでの言動から、聖人の中でも上位9位以内の実力を持つことが示唆されている。

出典[編集]

  1. ^ 『とある魔術の禁書目録9』第一章「炎天下の中での開始合図 commence_hostilities. - 2」(49頁 1行目)
  2. ^ 「劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-」大ヒット記念特集!錦織監督インタビュー(その3) - TOKYO ANIME NEWS

参考文献[編集]

外部リンク[編集]