刀工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
刀鍛冶
刀鍛冶
刀鍛冶
刀鍛冶

刀工(とうこう)は、刀剣、特に日本刀を作る職人のことである。鍛冶の技術を用いる事から、鍛人(かぬち)、鍛師(かなち)、刀鍛冶(かたなかじ)、刀匠(とうしょう)、刀師(かたなし)などとも呼ばれる。

刀剣を製造することを鍛刀(たんとう)といい、鍛刀される場所・地域を鍛刀地(たんとうち)という。

また、鍛刀地および鍛刀技術や特徴を同じくするものを刀派(とうは)、流派(りゅうは)、刀工群(とうこうぐん)、刀工集団(とうこうしゅうだん)と呼ぶ。[1][2][3][4]

鍛刀[編集]

日本刀の作り方の段階

日本刀を作るには数段階あり、それぞれの段階の職人がいる。

  1. 鉱山師 - 鉱物を掘り出す
  2. 鉄穴師(かんなじ) - 砂鉄を採集し砂と分ける
  3. タタラ師 - たたら吹きの一種たたら製鉄し砂鉄を溶かす
  4. 山子 - 炉の火のための炭を焼く
  5. 鍛冶 - 鉄を製品に加工する(ここでは、鉄の塊を鍛造し日本刀にする)
  6. 彫師 - 刀に梵字や装飾図を彫る[5]
  7. 鞘師 - 刀にあわせて、鞘を作る
  8. 研師 - できあがった刀を研ぐ

広義には上記全てが刀工とも言えるが、本項では主に刀鍛冶(職人以外を含む)について述べる。

歴史と主な刀派[編集]

日本刀は、慶長以前を古刀期、以降を新刀期に分けられる。また、流派(刀派)で記載するのが一般的である。[6]ここでは、主な刀派と国宝重要文化財に指定されている代表的な刀匠を中心に記載する。

古刀期[編集]

上古[編集]

古事記日本書紀などに記録されている神代(かみよ)から奈良時代延暦24(805年)まで。

刀匠の祖神は『日本書紀』に高皇産霊神大物主神した段にみられる天目一箇神で、[7]古事記天岩戸の段で、思金神に呼ばれた鍛人天津麻羅(あまつまら)[8]と同一神との説もあるが、天叢雲剣天照皇大神のために造ったと伝承されている。この剣は人皇第12代景行天皇の皇子日本武尊草薙剣で、熱田神宮の御神体として伝来されている。

  • 倭鍛部(やまとかぢべ)の天津真浦(あまつまうら)

『日本書紀』綏靖天皇[9]に鹿を射る(やじり)を作らせる記事があり、職制としての鍛冶が伺われる。

『日本書紀』垂仁天皇記に、五十瓊敷命(いそたましきのみこと)は太刀佩部の川上部(かわかみのとも)に千振の剣を作らせた。[10]

古事記応神天皇記に、百済の照古王(近肖古王か)が和邇吉師に鍛冶の卓素を献上した。[11] 近肖古王は七支刀神功皇后時代に献上している。

銘尽には、大宝年中に作刀し銘を切るとある。[12]同書には、次の順序で神代の鍛冶を記載している。藤戸(神武天皇御剣)、国重(宇佐明神)、天国(村雲剣)、天藤(春日大明神)、海中(龍王)など。

平安時代[編集]

大同元年(806年)から寿永2年(1183年)まで。 坂上田村麻呂蝦夷征伐藤原秀郷平高望源経基武士の台頭、僧兵承平天慶の乱治承・寿永の乱(源平合戦)などの時代背景から、湾刀形で芯鉄(しんがね)を入れた鍛刀による強靭でしなやか、かつ信仰の対象ともなる日本刀の誕生はこの頃であるといわれている。「小烏丸」(御物)は平貞盛平将門の乱天慶3年(940年)に平定した褒賞の刀と伝承されており、鍛造の特徴から、平安時代中期頃の大和鍛冶の作と見られている。製鉄技術は当時貴重であり、租税として製鉄品が朝廷や寺社が取り立てており、自然と刀工の活躍地域は近畿地方、もしくは製鉄の産地から始まった。最も古いと見られているのは大和国に興った「大和伝」で、続いて「山城伝」、「備前伝」が興ったと見られている。この3伝法が今日に至るまでの刀剣製作の基本的な技法となる。特に大和伝は、奈良時代より奈良を中心に各地の寺社領へと広まったため、その影響下にある刀工は多い。(相州伝、美濃伝は上述3伝法を発展させて誕生した)

各地の伝法、流派、著名刀工は以下の通り。

鎌倉時代[編集]

元暦元年(1184年)から元弘3年(1333年)まで。 鎌倉幕府が相州鎌倉の地で興り、京都中心の前政治体制から大きく転換。前時代から萌芽の見られた武家社会が本格的に始まった。依然として製鉄産地での刀剣製作が主流であったが、鎌倉の地にても刀剣製作が始まった。幕府が各地の著名工を集ったと伝わり、備前から福岡一文字の助真、備前三郎国宗。京都から粟田口藤六左近国綱、新藤五国光が赴いた。 鎌倉で刀剣研究が行われる一方、承久の乱を引き起こした後鳥羽上皇は自らも作刀し、天皇家に遣える武家に太刀を与えた。これは「御番鍛冶制度」と呼ばれ、月替わりで、京、備前、備中等の著名刀工を招いた。茎に十六葉の菊紋が彫ってあることから「菊御作」と呼ばれる。 承久の乱後、蒙古襲来(元寇)があり、大鎧対抗を前提とした重厚な刀剣の姿から反省を生かし、今までの刀剣の姿に改良が加えられつつ、南北朝時代を迎えることとなる。鎌倉で作刀が始まったとは言え鎌倉時代の主力産地は備前であり、鎌倉で新たに興った「相州伝」は次の時代にその特徴が全国へ広まることとなる。主な流派は以下の通り。

南北朝時代[編集]

建武元年(1334年)から明徳4年(1393年)まで。 後醍醐天皇建武の新政足利尊氏の離叛で南北朝の争乱として60年続く。刀剣は勇壮で実用的な相州伝が全国へ普及した時代でもある。主な流派は以下のとおり。

室町時代[編集]

刀剣史では前期を応永元年(1394年)から文正2年(1467年)まで、後期を応仁の乱応仁元年(1467年)から文禄4年(1595年)までを戦国時代としている。 南北朝の戦乱が終わり平和な時代が始まり、御番鍛冶様式の優美な作が増える。偑刀(はいとう)方法が変わり、刀と脇指(わきざし)の二本を指すようになった。また、備前伝が全国へ普及した時代である。主な流派は以下のとおり。

戦国時代[編集]

応仁の乱応仁元年(1467年)から文禄4年(1595年)まで。 京鍛冶は応仁の乱により地方へ移住。注文刀とは別に、応仁の乱と対明貿易により大量の刀剣が必要となり数打ち物という粗製濫造刀も出現した。後期には伝統古法の技術の衰微ともなった。

新刀期[編集]

慶長元年(1596年)から現在まで)。さらに安永以降を新々刀大正以降を現代刀と細分している。

江戸時代前期〜中期[編集]

織田信長豊臣秀吉徳川家康等が刀剣を政策的に利用したことで刀工の地位が上がった。また運輸交通の発達による砂鉄の確保、南蛮鉄の利用などにより、鍛刀法が変化した。埋忠明寿は古三条宗近の末孫を名乗り、綺麗な地鉄による作刀を行ったため、新刀の祖と呼ばれている。[13] その後、寛文新刀の時代を経るが、その後、元禄時代(1688年1703年)では最も衰微した時代となるが、徳川吉宗享保6年(1721年)、全国から名工を集め鍛刀させ、一平安代主水正正清信国重包に一つ葵紋を許可し、尚武を推進し、次の新々刀期へむかう。主な流派は以下のとおり。

新々刀期[編集]

安永1772年)期から明治末期(1912年)頃までを言う。 新々刀の祖水心子正秀は南北朝を理想とし古伝模倣を推奨し、復古刀全盛となった。また、幕末の世情により刀剣の需要も増えたため、刀工も増加した、しかし、明治9年(1876年)の廃刀令で刀工が激減した。しかし、廃刀令には軍人軍刀は認められており、また、明治天皇が刀剣に趣味があり、帝室技芸員月山貞一(初代)および宮本包則が選ばれるなど鍛刀技術の保護育成もあった。主な刀工を以下に記す。

現代刀[編集]

昭和6年(1931年)の満州事変以降、軍刀需要が増加し、昭和8年(1933年)、栗原彦三郎(昭秀)の日本刀鍛錬伝習所、同年靖国神社日本刀鍛錬会が設立され、刀工養成に力がそそがれた。 昭和20年の終戦で武装解除としてGHQ赤羽に数十万口の刀剣類を没収(赤羽刀としてあったが、平成7年1995年には法律により関連の美術館。博物館で展示されている)、刀剣の制作も禁止した。その後関係者の努力で、昭和29年(1954年)に、第一回新作刀展が開催されるなど。伝統的刀工を育成・増加させる試みがなされた。 平成の現代では、刀鍛冶になるために、刀匠資格を有する刀工の下で4年の修業を終え文化庁主催の作刀実地研修会を終了した者、約300人が芸術家として活躍している。

重要無形文化財保持者は以下のとおり。

逸話・伝説[編集]

鉄の塊から鋭利な刃物を作る技術者である彼らは、しばしば神秘的な存在としてみられた。 たとえば、正宗には「刀の切れ味を決める焼き入れの際の水の温度を知ろうとして水に手を触れた弟子の手を斬って落とした」、小鍛冶宗近の「小狐丸」には稲荷大明神の化身が作刀を手伝ったなどの逸話がある。他にも伝説上の刀工「天国」は日本刀剣の祖とされ、平家重代の宝刀「小烏丸」や江戸亀戸天神の宝剣も天国の作といわれる。特に後者は「一度鞘から抜き放てば必ず豪雨を呼ぶ」という逸話も残されている。

また、日本の古い物語上で土蜘蛛あるいはといった妖怪として退治されていった者たちは、この製鉄に関わる者たちであったという説もある(沢史生説)。信仰のなかに火男がおり、天目一箇神一つ目小僧産婆との関係も論じられている[14]

脚注[編集]

  1. ^ 松枝達文『岡山県大百科事典』山陽新聞社(昭和55年)
  2. ^ 得能一男『日本刀事典』光芸出版(平成15年)
  3. ^ 歴史群像編集部『図解日本刀事典』学習研究社(2006年)
  4. ^ 刀工群・刀工集団は同一鍛刀地の刀工を指し、刀派・流派はそれに加えて同一鍛刀地の刀工の技術・特徴も含む呼び方である。
  5. ^ 簡単な梵字などは刀鍛冶が行う場合も多いが、特に彫刻が装飾化した江戸時代以降の刀で、明らかに上手なものは専門の彫師の手によるものであることが多い。これの代表的な例が、越前康継製作の刀剣であり、康継の彫りある刀剣の殆どは記内一門によるものである。しかし、刀鍛冶に比べて身分が低かったのか、刀の銘に誰が彫ったかなどの銘が記されていることは少ない。江戸時代以降の刀工で自身の刀に彫刻を施す者は少なく、専門の彫師より上手くないことが多い。ただ、例外があって江戸時代の刀工でも埋忠明寿堀川国広長曽祢虎徹一竿子忠綱栗原信秀月山貞一などは極めて上手い彫刻を自身の刀に施す。また、彫師は所有者の好みなどで元々彫刻の無い刀に後彫りすることもある。
  6. ^ 常石英明 『日本刀の鑑定と鑑賞』 金園社〈実用百科選書〉、1967年NCID BN13329048 など
  7. ^ 日本書紀』巻二神代下第九段一書第二に「高皇産靈尊、大物主神に勅す(中略)天目一箇神、爲作金者」とある。原文:http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991091/34国立国会図書館近代デジタルライブラリー国史大系』第1巻、『日本書紀』巻ニ
  8. ^ 古事記』上巻。原文http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991097/27 国立国会図書館近代デジタルライブラリー、『国史大系』第7巻 『古事記』
  9. ^ 『日本書紀』巻四、冬十一月の条「倭鍛部天津真浦造真鏃」。原文:http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991091/56 国立国会図書館近代デジタルライブラリー、『国史大系』第1巻『日本書紀』巻四<a/>
  10. ^ 『日本書紀』巻六、三十九年冬十月条に「五十瓊敷命居於茅渟菟砥川上宮作劔一千口因名其劒謂川上部」とある。http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991091/72 原文:国立国会図書館近代デジタルライブラリー、『国史大系』第1巻、『日本書紀』巻六
  11. ^ 古事記品陀和氣命(応神天皇)に「和邇吉師者、文首等祖又貢上手人韓鍛、名卓素、亦呉服西素二人也」とある。原文:http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991097/72 国立国会図書館近代デジタルライブラリー、『国史大系』第7巻『古事記』
  12. ^ http://rarebook.ndl.go.jp/ 国立国会図書館、貴重書、銘尽 p.15
  13. ^ 校正古今鍛冶銘早見出
  14. ^ 谷川健一『鍛冶屋の母』思索社1979年

関連項目[編集]