大慶直胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大慶 直胤(たいけい なおたね、安永8年(1779年) - 安政4年5月27日1857年6月18日))は江戸時代後期の刀工で、水心子正秀の門弟。その技量は師である正秀を凌ぐといわれ、源清麿らと共に新々刀期の「江戸三作」と呼ばれる。

出羽国出身。父は出羽国の刀鍛冶であり「安光作」「出羽国住安光」などと切る。作風は備前伝に似るため備州長船安光の末葉ともいわれるが、長船安光自体室町時代永禄頃までの代で途切れており、後代が出羽国に移り住んだとの記録もない為真相は定かではない。「直胤」俗名庄司(荘司)箕兵衛は安光の次男で最初父のもとで作刀を学び、20代半ばで江戸に出て正秀の門弟となり初銘を「次郎安光」を名乗った。しかし、その技量が余りにも類まれであったため正秀の門弟となって間もなく「直胤」と改し号を「大慶」とした、その為初期銘の作は非常に少ないと言われる。安政4年(1857年)5月27日没、79歳。

受領銘:筑前大掾 美濃介

銘は「次郎安光」「直胤」「出羽国住人荘司直胤」「荘司箕兵衛大慶直胤」「造大慶直胤」「大慶直胤造」「荘司筑前大掾藤直胤」「荘司美濃介藤原直胤」花押などを切る。

系譜[編集]

独立した後は、多くの著名な刀工を輩出した。中でも水心子正秀の養子である「直勝」に娘を嫁がせており、直胤の初期銘「次郎」を与「上総次郎直勝」その後「庄司次郎太郎直勝」を名乗っている。また、二代直勝は初め直好を名乗り、後に「荘司弥門直勝」の銘を切っている。

他に直胤の高弟には「吉胤」俗名 本庄亀之助、細田平次郎直光(鍛冶平)らがいる。