国宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国宗(くにむね)は、鎌倉時代中期の備前国(現・岡山県)出身の刀工。生没年不詳。国真(くにざね)の三男[1]。通称は備前三郎。京都を経て鎌倉に定住[2]。鎌倉で新藤五国光に技法を伝授したという。一説に文永7年(1270年)94歳で死去[3]

作品[編集]

国宝・重要文化財指定物件は以下のとおり[4]。重要文化財指定物件のうち、二代国宗作とされるもの、及び伯耆国の国宗作とされるものは除く。

国宝[編集]

重要文化財[編集]

※ 以上の国宝・重要文化財の銘字は、1941年指定の太刀を除き、「国宗」二字銘。

※ 文化庁による文化財所在確認調査の結果、所在不明とされた物件は「所在不明」とした(参照:国指定文化財(美術工芸品)の所在確認の現況について(平成29年5月27日))。

重要美術品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三省堂大辞林』第3版. “国宗”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “国宗”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  3. ^ 講談社『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』. “国宗”. コトバンク. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2017年12月20日閲覧。
  5. ^ 久能山東照宮には「国宗」銘の重要文化財の太刀が2口あるが、もう1口(1924年指定)は、伯耆国宗と鑑されている。

外部リンク[編集]