陸奥守忠吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸奥守忠吉(むつのかみ ただよし)は、江戸時代刀工。 最上大業物。忠吉三代目。万治三年陸奥大掾受領。寛文元年陸奥守になる。 刃紋は中直刃を焼く。初代忠吉に迫るよい出来の作品がある。 現存する作品数は比較的少ない。