小狐丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小狐丸(こぎつねまる)は、平安時代三条宗近作と言い伝えられている日本刀

九条家が秘蔵していたとされるが、現在の所在は不明。

朝廷から刀を作るよう命ぜられたが満足のいく刀を打てずに困っていた宗近を助ける為、彼の氏神である稲荷明神が童子に化けて宗近と共に作ったと伝えられている。

関連項目[編集]