虎徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虎徹(こてつ)は日本の刀工。元々一族で甲冑師を生業としていたが、初代虎徹が越前から江戸に移り、作刀を行う[1]

  • 長曽祢興里 - 初代虎徹[1]。江戸時代前期に活動し[2]、数珠刃の作風の代表とされる[3]。新刀第一の名工とされるが[2][4]、偽作も多い[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 飯田 2016, p. 83.
  2. ^ a b c 日本人名大辞典「長曾禰虎徹」、2018年12月11日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞典「虎徹」、2018年12月11日閲覧。
  4. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)「長曽禰虎徹」、2018年12月11日閲覧。
  5. ^ a b c 飯田 2016, p. 85.

参考文献[編集]