則宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

則宗(のりむね)は、福岡一文字派の祖[1]備前国刀工であり、則宗が製作した一連の日本刀の総称でもある。則宗の流派は、福岡一文字、或は福岡一文字派をさらに分け、古一文字と分類する人もある。則宗は鎌倉時代後鳥羽上皇御番鍛冶中の第一に位したと伝えられる[2]。一般には菊一文字菊一文字則宗の名で知られる(名称については後述)。

福岡一文字則宗の作風[3][編集]

刃文は、直刃調の小乱れ刃を焼き、古備前の趣がある。姿は平安時代の刀剣とあまり異ならず、細身で大変優雅な太刀姿である。

銘は「則宗」と細鏨で2字のみ切る(菊花紋を切った作は則宗にはない)。(なかご)は雉股形茎となることが多い。「一」の銘を茎に切ったので福岡一文字という[4]。正真の在名品は極めて少なく、御物国宝重要文化財に指定されている刀剣をはじめごく少数しか現存しない。

作品[編集]

国宝・重要文化財指定物件は以下のとおり[5]

国宝[編集]

重要文化財[編集]

菊一文字則宗の起源[編集]

後鳥羽上皇は諸国の名刀工を招いて鍛えさせ、親しく焼刃をしたと伝える。則宗は御番鍛冶を務めた事から、後鳥羽上皇が定めた皇位の紋である16弁の紋を銘に入れることを許された。一文字派は銘を「一」とだけ彫り、この刀はそれに加えて菊の紋を彫ったので菊一文字と称するようになった。

ただしあくまで称したのであって、「菊一文字」と言う銘の刀は存在しない。それに現存する則宗の刀の中に菊の銘を切ったものは確認されていない。おそらく後世の人々が御番鍛冶の筆頭を務めていた則宗だから菊文を切ったに違いないと考えた為に則宗の刀が菊一文字と呼ばれるようになったのではないかと思われる。則宗以外の刀工でも菊と一の銘を彫る刀工は何人か存在したが、これも銘は菊一文字ではないし、菊一文字と一般的には称しない。

株式会社菊一文字[編集]

作刀が禁止された明治以降、刀匠から料理用・工匠用・生花園芸用の諸刃物を製造する株式会社菊一文字として創業した。「菊一文字」を屋号、鍛冶を象徴するクツワ印を紋として商標登録し、現在、京都市中京区三条通河原町に本店を持つ。支店として東京店を持ち、本店・支店共に爪切りから日本刀まで幅広い刃物を扱っている。他方、伊勢・二見にも明治創業の「菊一文字則宗」本店・支店があるが、商標が異なる。

脚注[編集]

  1. ^ 講談社 デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “則宗”. コトバンク. 2017年12月19日閲覧。
  2. ^ 三省堂 大辞林. “則宗”. コトバンク. 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ 原田一敏/朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典. “則宗”. コトバンク. 2017年12月19日閲覧。
  4. ^ 小学館 デジタル大辞泉. “則宗”. コトバンク. 2017年12月19日閲覧。
  5. ^ 国指定文化財等データベース”. 文化庁. 2017年12月19日閲覧。