宮本包則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮本 包則(みやもと かねのり、1830年天保元年)8月25日 - 1926年大正15年)10月24日)は、幕末から明治・大正期の代表的刀工帝室技芸員

人物[編集]

1830年天保元年)、伯耆国大柿(現鳥取県倉吉市大柿)に醸造家の次男として生まれる。本名は宮本志賀彦。幼時は沢次郎と名乗った。郷里が輩出した平安末期の名匠である伯耆安綱を慕って刀工を志し、1851年嘉永4年)、22歳のときに備前国長船(現、岡山県瀬戸内町)を訪ねて、長州藩と関係の深い横山祐永の門を叩くが拒絶される。しかし、同じく長船の刀工で「友成五十八世孫」を名乗る横山祐包に入門を許され、7年間の収斂で備前伝を習得した。師の祐包より「包」の偏諱を得て包則を名乗り、1857年安政4年)に帰国して鳥取藩家老・伯耆国倉吉領主荒尾直就の抱工となる。この後1863年文久3年)に京都に上って堀川国広ゆかりの三条堀川に鍛冶場を設け、詫間樊六の三尺刀など「因幡二十士」の佩刀をはじめ、勤王のために上洛した諸藩士の注文に積極的に応じた。こうしたなかで皇族の重鎮である有栖川宮熾仁親王の知遇を得て、1866年慶応2年)には孝明天皇の御剣を鍛錬し、翌年に能登守の受領名を与えられる。王政復古の後は、有栖川宮および鳥取藩兵に従って桑名藩の鎮撫など戊辰戦争に従軍し、途次の大津などで作刀している。さらに官軍勝利を祈念して伏見稲荷大社に130日あまり参篭し、三条小鍛冶宗近が稲荷大神の助けを得て名刀小狐丸を鍛えたという謡曲に伝わる故事にならい、斎戒沐浴して仮居を社内に構え、「焼刃の水」を用いて奉納刀を鍛えた。このほか、御即位をひかえた明治天皇の御太刀と御短刀を鍛えている。

1876年明治9年)の廃刀令により作刀の機会が激減したため、倉吉に戻って農具や包丁の鍛造で口糊をしのぐなど苦境の時期を過ごす。しかし、1886年(明治19年)に今村長賀の推奨により、同じく鳥取県出身の日置兼次とともに造神宮使からの命をうけ、式年遷宮を迎えた伊勢神宮の神宝として太刀66振、鉾42枚、鏃3,800枚を靖国神社に設けられた鍛錬場で鍛えあげ、明治天皇から高い評価を得た。1906年(明治39年)4月4日には月山貞一(初代)と共に帝室技芸員となり[1][2]、彫刻家の高村光雲や洋画家の黒田清輝など、他分野の名工・芸術家と親交を結ぶ。1915年大正4年)の大正天皇の御大典に際しては、大元帥刀の製作を命じられ奉納した。

上記のほか、摂政宮(のちの昭和天皇)や秩父宮雍仁親王など多くの皇族の護刀、さらに平安神宮明治神宮の神宝を鍛錬し、作刀の伝統を現代刀工に伝承したのち、1926年(大正15年)10月24日、97歳の高齢で没した。墓所は染井霊園にある。技術を伝承するに足る弟子がいずれも早世したため、刀匠の世界での影響は強くはないが、孝明・明治・大正・昭和の四代にわたる天皇の御剣を鍛えた御用鍛冶であるとともに、「五家伝」を引き受けた最後の新々刀工と位置づけられるであろう。

長寿だったため作品も多く残る。銘は「菅原包則」「宮本能登守包則」「帝室技芸員菅原包則」など多様である。明治期は太刀銘で切られるが、楷書・草書など様々な書体を用いた。このため、偽銘もまま見受けられる。

廃刀令以降での包則の作刀は、宮中のほか飯野吉三郎といったパトロンからの注文打の守護刀など短刀が増える。作風は匂出来、互の目丁子、火焔切先の、備前長船兼光にならった備前伝を基調とするが、相州伝や山城伝なども試みている。また、羽山円心とともに実験的に洋鉄による鍛造も試み、一方で京都国立博物館が所蔵する「薙刀 銘大和尻懸住則長作 切付銘宮本能登守包則継之」など、古刀の修復にも応じた。

同世代で、やはり帝室技芸員となった初代月山貞一の華やかな刃文と明るい地金、さらに彫刻の入る派手な作品とは対照的に、質実剛健、地味で素朴な作品が多い。それゆえ素人目には美術刀剣としての評価は月山より下がるだろうが、刀姿は品位が高く、山陰と縁故があるだけに地金も精妙で渋く古風。全体に落ち着いた雰囲気を持ち「刀を職る」通好みの刀匠と言える。時には正宗、清麿を彷彿させる豪壮な作品も残しており、技量の高さ、確かさが伺える。刀剣に高い鑑識を持っていた明治天皇の御めがねにかなう力量を持っていた名工といえよう。

関連項目[編集]

  • サムハラ - 宮本包則作の刀剣にサムハラと彫ってあるものがある[3]
  • 月山貞一 - 1906年、宮本と共に帝室技芸員となった月山の刀工。

脚注[編集]

  1. ^ 各時代の特徴 12.明治以後”. 財団法人日本美術刀剣保存協会. 2012年1月31日閲覧。
  2. ^ 『官報』第6826号、明治39年4月5日。
  3. ^ 短刀 帝室技芸員宮本包則 サムハラ”. つるぎの屋. 2012年1月31日閲覧。