三条宗近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三条宗近(さんじょうむねちか)は、平安時代刀工山城国三条に住んでいたことから、「三条宗近」の呼称がある。

永延年間(10世紀)の人物で、国風(藤原/王朝)文化が確立し、摂関貴族・武士階級が出現したこの時代、一連の文化思潮に同調して、「鎬造・湾刀」の日本刀の様式もまた確立し、宗近は、その日本刀確立期である中世初期の代表的名工として知られている。一条天皇の宝刀「小狐丸」を鍛えたことが謡曲小鍛冶」に取り上げられているが、作刀にこのころの年紀のあるものは皆無であり、その他の確証もなく、ほとんど伝説的に扱われている。現存する有銘の作刀は極めて少なく「宗近銘」と「三条銘」とがある。代表作は、「天下五剣」の一つに数えられる、徳川将軍家伝来の国宝三日月宗近」。

作風は板目肌がよく約み、地沸がつき、小乱れ刃、匂が深く小沸がついて、三日月形の「打のけ」と称される刃文などが見られる。

作刀[編集]

三条宗近作とされる主な日本刀(実在が確認されていないものも含む。)は以下のとおり。国指定文化財については、指定名称で記載した。

太刀銘三条(名物三日月宗近 
国宝徳川宗家伝来品、東京国立博物館所有。詳細は当該記事を参照。
太刀銘三条 
太刀 銘三條
岐阜県南宮大社所有。鎬造、庵棟、小切先、反高く踏ん張りがある[1]。地鉄は小板目肌約まり地沸一面に付き映り立つ。刃文は細微な沸出来の小乱れ、その間にやや長い尖刃現れ足繁く入る、表裏に棒樋を掻き流し樋先上る[1]。帽子は二重刃で匂口やや沈み小丸にわずかに返っている[1]。中子は生、勝手下がりの鑢目を切り佩裏の穴の下に「三條」と切る[1]。長さ2尺5寸8分5厘、反り1寸5厘、元幅9分[2]。昭和初期に赤坂町の実業家である矢橋亮吉から同社に奉納されたものである[3][4]1934年(昭和9年)1月30日国宝保存法の国宝(いわゆる旧国宝)に指定され[5]文化財保護法の施行後は同法附則第3条第1項の規定により重要文化財の指定とみなされている。同社は、毎年文化の日11月3日)に一般公開している[3]
太刀銘宗(以下一字不明)伝宗近
太刀 銘宗□ 伝宗近
福井県若狭彦神社所有。鎬造、庵棟、小切先、反りが高く、先反浅い[2]。地鉄は極めて細美板目肌で最もつまり、所々で大肌交じり、細かに沸付く[2]。刃文は小乱れ、匂深く小沸付き、表腰に梵字、裏鎬地に腰樋を刻む[2]。中子は生、判然としないが勝手下がりの鑢目を切り、佩表に大振りで二字銘があり、上は「宗」、下は「近」と略判読されるが、半ばに穴がかかり、朽ち込んでいる[2]。長さ2尺6寸1厘、反り1寸6厘、元幅9分2厘[2]東京国立博物館寄託[6]1795年(寛政7年)11月1日小浜城代の酒井忠為が病気平癒の祈願の際に奉納したとされる[6]1912年(明治45年)2月8日古社寺保存法の国宝の資格あるものと定められ[7]、国宝保存法の施行後は同法附則第3項の規定により国宝(いわゆる旧国宝)として指定された物件とみなされ、文化財保護法の施行後は同法附則第3条第1項の規定により重要文化財の指定とみなされている。
短刀 銘宗近 (名物 海老名小鍛冶[8]
徳川美術館所蔵[8]。もとは豊臣秀吉が所有しており、大坂の陣の際に焼き身となったが、後に尾張徳川家に伝来したとされる[8]
海老名宗近
短刀。長さ1尺1寸2分[9]足利将軍家所有、その後豊臣秀吉に渡り、大坂の陣の際に消失したとされる[9]。名の由来は、地名(現在の神奈川県海老名市)又は人名からとされる[9]
鷹巣三条
短刀、銘は三條。長さ1尺4寸[9]。豊臣秀吉が所有し、後に島津家に伝来したとされる[9]。名の由来は、いずこかの山中にある大樹のタカで見つかったことからとされる[9]。別名、鷹巣宗近。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 東京帝室博物館編『東京帝室博物館復興開館陳列目録第6』 東京帝室博物館出版、1938年
  2. ^ a b c d e f 遊就館編著『紀元二千六百年奉祝名宝日本刀展覧会出陳刀図譜』遊就館出版、1940年
  3. ^ a b 刀剣について」南宮大社ホームページ
  4. ^ 岐阜県 : 太刀 銘 三条[たち めい さんじょう]」岐阜県ホームページ
  5. ^ 昭和9年文部省告示第23号
  6. ^ a b 太刀 銘 宗□(伝宗近)1口」小浜市ホームページ
  7. ^ 明治45年内務省告示第11号
  8. ^ a b c 【特別展】名物刀剣 展示作品リスト徳川美術館、2012年
  9. ^ a b c d e f 本阿弥光忠編著『享保名物帳1719年享保4年)

関連項目[編集]