模造刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

模造刀(もぞうとう)とは、金属で作られ、かつ、に著しく類似する形態を有するものを指す。 狭義では、内閣府令[1]で定める模造刀剣類のうち、前文の要件を具備するものをいう。 広義では、日本刀を造るための伝統的技法や材料が使われていないもの、及び、儀礼刀などの刃が付けられていないものが含まれることもある。 日本では銃砲刀剣類所持等取締法[2]により携帯が禁じられている[3]

日本での法的定義[編集]

昭和45年のよど号ハイジャック事件を機に規制された。[4] 銃砲刀剣類所持等取締法および銃砲刀剣類所持等取締法施行規則において以下の様に定められている。

  • 何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、模造刀剣類(金属で作られ、かつ、刀剣類に著しく類似する形態を有する物で内閣府令で定めるものをいう。)を携帯してはならない。[5]
  • 法第二十二条の四 の模造刀剣類について内閣府令で定めるものは、刀、剣、やり、なぎなた若しくはあいくちに著しく類似する形態を有するもの又は飛出しナイフに著しく類似する形態及び構造を有するものとする。[6]

その他[編集]

日本刀を模した鋼質性のもの、大日本帝国陸軍大日本帝国海軍軍刀の一部(工業的量産刀身、鋼質性の指揮刀、儀礼刀など)は真性の刀剣類とされる。判例[7]によれば、たとえ刃が付けられていないものであっても、鋼質性であり容易な加工で本来の用途に使用できるものは真性の刀剣類と解されている。 これらは従来、軍刀、昭和スプリング、指揮刀、儀仗刀、儀礼刀などと呼称されてきたが、近年は観念的に模造刀、模倣刀と呼ばれることもある。基本的に美術品などとして教育委員会の登録証交付対象とはならないが、軍刀の場合は戦後間もない頃に遺品として例外的に登録証を交付されたものも存在する[8]。また、一定の条件を満たせば公安委員会の所持許可の対象となる場合もある。 ちなみに、居合い抜刀術剣道空手などの武道、装飾や観賞の用に供する模造刀は、近年は模擬刀と呼ばれることもある。

脚注[編集]

  1. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法施行規則 第十七条の四 (模造刀剣類) 「法第二十二条の四 の模造刀剣類について内閣府令で定めるものは、刀、剣、やり、なぎなた若しくはあいくちに著しく類似する形態を有するもの又は飛出しナイフに著しく類似する形態及び構造を有するものとする。」
  2. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法 第二十二条の四 (模造刀剣類の携帯の禁止) 「何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、模造刀剣類(金属で作られ、かつ、刀剣類に著しく類似する形態を有する物で内閣府令で定めるものをいう。)を携帯してはならない。」
  3. ^ 第三十五条により、違反者は二十万円以下の罰金
  4. ^ 模造けん銃は所持禁止、模造刀剣類は携帯禁止です!/長野県警察
  5. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法 第二十二条の四
  6. ^ 銃砲刀剣類所持等取締法施行規則 第百四条
  7. ^ 昭和42年4月13日 最高裁判所第一小法廷 昭和41(あ)2952 儀礼刀が刀剣類にあたるとされた事例
  8. ^ 但し、それを管理していた肉親等が死去するなど残された遺族でも管理が出来ないと判断された場合は公安委員会にその旨を申し出て処分するか、若しくは銃刀類を管理展示している近隣の自衛隊広報施設などに引き取って貰う必要が生じる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]