正広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正広(しょうこう、1412年 - 1493年?)は、室町時代中期の歌人。号は招月庵。法号ははじめ正晄・正晃と称した。日比(ひごろ)の正広とも称された。没年については1494年ともされる。

初め飛鳥井家のもとで歌道を学んだが、その後東福寺清巌正徹の有心歌風に傾倒してその門弟になり、1459年(長禄3年)正徹がなくなると、招月庵を継いだ。応仁の乱(1466年-1476年)では難を避けるため京都を離れたが、師正徹の歌集である「草根集」の編纂や歌会の指導を行ったりしている。家集『松下集』があり、他に『正広詠歌』や文明5年(1473年)に駿河国に下った際の紀行文である『正広日記』等もある。