冷泉為広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
冷泉為広
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 宝徳2年(1450年
死没 大永6年7月23日1526年8月30日
改名 為広→宗清(号)
官位 正二位権大納言
主君 足利義澄
氏族 上冷泉家
父母 父:冷泉為富
丹波重長
為和、応猷、尊俊、孝我、将軍家女房
テンプレートを表示

冷泉 為広(れいぜい ためひろ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿歌人権大納言冷泉為富の子。官位正二位・権大納言。上冷泉家6代当主。

経歴[編集]

文明9年(1477年)、従三位に叙位。文亀元年(1501年)に正二位に昇り、永正3年(1506年)に権大納言兼民部卿に至る。11代将軍・足利義澄室町幕府相伴衆を務め、永正5年(1508年)に義澄が将軍職を追われると、それに従って出家して宗清と号した。

能登国守護能登畠山氏と最も親しく、能登に長らく在国し、同国で薨去したともいわれる。

歌人としては、『為広卿集』『為広詠草』などの歌集が伝わる。

文献における記載[編集]

耳嚢』巻之一「為広塚の事」に以下の記述がある。

加賀・能登の境に、冷泉為広の歌塚といへる物有し由。左に記す。

季世尓残牟 為広塚加能 跡動無建碑

如斯にて歌に詠じ侍れば、

すゑの代に残さんがため広塚のあと動ぎなくたつる石ふみ

系譜[編集]

注記のないものは「御子左系図」『続群書類従』巻第148所収による。

脚注[編集]

  1. ^ 「御子左冷泉系図」『系図綜覧』第二所収、『諸家知譜拙記

出典[編集]

関連項目[編集]