飛鳥井雅親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
飛鳥井雅親
時代 室町時代後期
生誕 応永24年(1417年) 
死没 延徳2年12月22日1491年1月31日) 
別名 柏木、猿(一字名)
戒名 栄雅
官位 正二位権大納言
主君 称光天皇後花園天皇後土御門天皇
足利義教足利義勝足利義政足利義尚
氏族 飛鳥井家
父母 父:飛鳥井雅世
兄弟 雅康
雅俊土岐益豊
テンプレートを表示

飛鳥井 雅親(あすかい まさちか)は、室町時代中期の公卿飛鳥井雅世の長男。官位正二位権大納言飛鳥井家8代当主。

経歴[編集]

正長元年(1428年) 、将軍足利義教が主催する幕府歌会に出仕して以来、内裏や将軍家の歌道師範として活躍。享徳元年(1452年)、父の跡を受けて飛鳥井家の当主となる。寛正6年(1465年)、後花園上皇から勅撰集編纂の院宣を受けたが応仁の乱により中断、その間は近江国柏木に隠棲し、「柏木」を雅号とした。能書家としても知られ、書道飛鳥井流(栄雅流)の祖となる。文明5年(1473年)に出家。宗祇の歌の師にあたる。

家集に『亜槐集』、『筆のまよひ』、歌論書に『和歌道しるべ』『和学入学抄』『古今栄雅抄』などがある。

出典[編集]

[脚注の使い方]