宗祇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Chinese character gi of gion.pngと異なる可能性があります。
宗祇像
山口県立山口博物館所蔵)

宗祇(そうぎ、応永28年〈1421年〉 - 文亀2年7月30日1502年9月1日[1])は、室町時代連歌師。号は自然斎[2]、種玉庵。姓は飯尾(いのお/ いいお)というが定かではない。生国は、紀伊とも近江とも言われている[3]

人物[編集]

姉小路基綱宗長宗碩宗牧猪苗代兼載近衛尚通肖柏に古今伝授を行ったとされる。

肖像も複数残り、国立歴史民俗博物館の寿像(外部リンク)は重要文化財で、図上には宗祇より古今伝授を受けた三条西実隆が着賛する。ボストン美術館には狩野元信花押がある騎馬図(外部リンク)を所蔵し、また柿本人麻呂像に倣い脇息にもたれ団扇を持つ坐像がいくつか知られる(奈良県立美術館藤田美術館など)。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 島津忠夫 『連歌師宋祇』岩波書店、1991年8月28日、269、299-300頁頁。ISBN 4-00-002516-3 
  2. ^ 三省堂編修所編、上田正昭ほか監修『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、74頁。
  3. ^ 金子金治郎「飯尾宋祇」 『国史大辞典吉川弘文館 [要文献特定詳細情報]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]