金子金治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 金治郎(かねこ きんじろう、1907年2月2日 - 1999年5月31日)は、日本国文学者広島大学名誉教授。中世国文学、連歌史専攻。ホトトギス系の俳人でもある。

長野県諏訪市出身。旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校)を経て、広島文理科大学 (旧制)卒業。東京や群馬で中学校教師を務めた後、1941年広島高等師範学校教授。1950年広島大学助教授、1957年同教授。文学博士1968年菟玖波集の研究」で学士院賞受賞。1970年定年退官、名誉教授、立正女子大学教授、東海大学教授。

著書[編集]

  • 連歌師兼載伝考 南雲堂桜楓社 1962 国語国文学研究叢書
  • 菟玖波集の研究 風間書房 1965
  • 新撰菟玖波集の研究 風間書房 1969
  • 宗祇旅の記私注 桜楓社 1970
  • 連歌古注釈の研究 角川書店 1974
  • 心敬の生活と作品 桜楓社 1982.1 金子金治郎連歌考叢 1
  • 宗祇の生活と作品 桜楓社 1983.2 金子金治郎連歌考叢 2
  • 宗祇名作百韻注釈 桜楓社 1985.9 金子金治郎連歌考叢 4
  • 連歌総論 桜楓社 1987.9 金子金治郎連歌考叢 5
  • 連歌師と紀行 桜楓社 1990.6
  • 旅の詩人宗祇と箱根 宗祇終焉記注釈 神奈川新聞社 1993.1 箱根叢書
  • 連歌師宗祇の実像 1999.3 角川叢書

共編著など[編集]

  • 日本文学概論 斎藤清衛共著 中央図書出版社 1950
  • 鎌倉末期連歌学書 山内洋一郎共編 広島中世文芸研究会 1965 中世文芸叢書
  • 宗祇連歌古注 広島中世文芸研究会 1965 中世文芸叢書
  • 新撰菟玖波集 実隆本 宗祇撰 横山重共編 角川書店 1970 貴重古典籍叢刊
  • 連歌俳諧集 暉峻康隆中村俊定共注解 小学館 1974.6 日本古典文学全集
  • 七賢時代連歌句集 太田武夫共編 角川書店 1975 貴重古典籍叢刊
  • 宗祇句集 伊地知鉄男共編 角川書店 1977.3 貴重古典籍叢刊
  • 連歌貴重文献集成 全10集別巻3 勉誠社 1978-83
  • 連歌古注釈集 角川書店 1979.2
  • 連歌研究の展開 連歌貴重文献集成記念論集 勉誠社 1985.8

記念論集[編集]

  • 連歌とその周辺 金子金治郎博士還暦記念論文集 広島中世文芸研究会 1967
  • 連歌と中世文芸 金子金治郎博士古稀記念論集編集委員会編 角川書店 1977.2

参考[編集]