姉小路基綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
姉小路基綱
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 嘉吉元年(1441年
死没 永正元年4月23日1504年6月5日
官位 飛騨国司従二位権中納言
氏族 姉小路家藤原北家小一条流)
父母 父:姉小路昌家
兄弟 基綱宗如蓮如第4夫人)
済継
テンプレートを表示

姉小路 基綱(あねがこうじ もとつな)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿大名歌人参議姉小路昌家の子。飛騨国司姉小路家古川家)当主。

経歴[編集]

嘉吉元年(1441年参議姉小路昌家の子として誕生。応永18年(1411年)の飛騨の乱の後、古川城に入っていた古川姉小路を継いだ。当時姉小路家は三家に分裂し、他に小島家の小島勝言と向小島家の小島之綱という事実上3人の当主がいたが、古川家の基綱が飛騨国司を名乗った。

侍従左近衛少/中将等を経て、文明9年(1477年従三位に叙せられて公卿に列す。その後、文明12年(1480年参議、文明16年(1484年正三位明応3年(1494年従二位に叙任されている。文亀4年(1504年)閏3月には小一条流としては平安時代中期の藤原通任以来約470年ぶりとなる権中納言に昇進しているが、同年4月23日薨去享年64。最終官位は権中納言従二位。法名は常心。

歌人として[編集]

戦国大名としてはやや力不足だったが和歌で才能を発揮し、度々宮中の歌会に参加。公家屈指の歌人として、将軍・足利義政に重用された。寛正6年(1465年)に勅撰集が企画された際には、二十代の若さで和歌所寄人に召されたが、応仁の乱のため撰集は実現に至らなかった。文明15年(1483年)の足利義尚の和歌打聞には公家方手伝衆を勤めるなどし、京都では名が知れ渡っていた。三条西実隆にも先輩歌人として親交が深かった。後土御門天皇の歌壇の中心的存在でもあり、明応4年(1495年)には新撰菟玖波集を清書するなど、書家としても知られた。今日では嫡男・済継と共に飛騨文学の祖とされている。家集『卑懐集』『卑懐集之外』『飛州黄門百首集』などがある。

官歴[編集]

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜[編集]

系図纂要』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『諸家伝』