粟田口吉光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
短刀 「銘 吉光」(名物 厚藤四郎)、国宝

粟田口 吉光(あわたぐち よしみつ、13世紀頃)は鎌倉時代中期の刀鍛冶正宗と並ぶ名工で、特に短刀作りの名手として知られる。

概要[編集]

京都粟田口には古くからの名工がいた。吉光は、通称を粟田口藤四郎といい、鎌倉の岡崎正宗とならぶ名工とされている。古来より銘が流暢であり、また、ほとんどの作には「吉光」二字銘を切られる。しかし、年期銘のある作がなく、親、兄弟の作から鎌倉中期の刀工と見られている。豊臣秀吉により、正宗・郷義弘と共に「天下の三名工」と称された。

現存作の多くは短刀であり、身幅、体配とも尋常なものが多い。地鉄は「梨子地」と呼ばれる小板目肌が最も良く詰んだもので、地沸(ぢにえ)厚くつき、地には線状の湯走り(ゆばしり)が見られる。典型的とされる刃文は、直刃(すぐは)を主体としつつ細かく乱れ、刃中よく沸え、匂い口深いもので、焼き出しに互の目(ぐのめ)を連ねるものが多い。また、名物後藤藤四郎(短刀)、名物平野藤四郎(短刀)のようにやや大振りのものから、刃文も湾れ(のたれ)に丁子を交えるなど乱れ刃主体のものもある。名物厚藤四郎(あつしとうしろう)は「鎧通し」と呼ばれる特に重ねの厚い作品で、元重ねは1cmを超える。無銘の名物、無銘藤四郎(むめいとうしろう、短刀)も元重ね厚く7mm強ある。

古来珍重されてきたため、 織田信長、豊臣秀吉と言った権力者の元に蒐集され、本能寺の変大坂夏の陣で焼身になったものが多い。徳川家康は大坂夏の陣に際し、焼け身、紛失した吉光や正宗を始めとする業物の刀を探させた。これらの焼身は初代越前康継の手によって焼き直され、その姿を今に残すものも多い。吉光の焼き直しの代表格としては、太刀を磨り上げた名物一期一振藤四郎(いちごひとふりとうしろう、刀)、小薙刀を磨り上げた名物鯰尾藤四郎(なまずおとうしろう、脇差)がある。また、大坂夏の陣に際し、中から無傷で回収した薙刀直しの名物骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう、脇差)も、明暦の大火で焼け、後代の康継によって焼き直された。

主な作品[編集]

国宝[編集]

以上いずれも「吉光」2字銘

重要文化財[編集]

以上のうち「骨喰藤四郎」以外いずれも「吉光」二字銘

その他[編集]

  • 短刀 銘吉光(平野藤四郎)(御物
  • 太刀 額銘吉光(一期一振)(御物) - 焼身。「額銘」は長大な太刀を磨上げ(すりあげ)して寸法を短くした後、磨上げ部分にあった元の銘を切り取って額のように嵌め込んだもの。
  • 脇差 無銘(鯰尾藤四郎)(愛知・徳川美術館蔵) - 焼身。小薙刀を磨上げ、脇差に直したもの。姿が鯰の尾を連想させる、ふくらがふっくらした姿から「鯰尾」の異名を持つ。豊臣秀頼が好んで差したと伝えられる。
  • 短刀 銘吉光(岡山藤四郎)(東京国立博物館蔵) - 伝来は、前田利家豊臣秀吉、小早川秀秋、徳川家康、徳川義直(『享保名物帳』)。その後は長く尾張徳川家にあったが、文久3年(1863年徳川慶勝が当時まだ親王だった明治天皇に献上し[1]、終戦後に東京国立博物館に移管された。名前は、小早川秀秋が関ヶ原の戦い後に岡山城主になった時期があることに因む。

脚注[編集]

  1. ^ 山本泰一 「尾張徳川家と将軍家の贈答について―献上および拝領の大名道具―」徳川美術館編集・発行 『尾張徳川家の名宝―里帰りの名品を含めて―』展図録、2010年10月、pp.139-147。四辻秀紀 「尾張徳川家の名宝―里帰りの名品・優品をめぐって―」同図録、pp.130-138。

参考文献[編集]

  • 田野辺道宏 「日本刀 五ヶ伝の旅 山城物の作風と展開7 粟田口派(続ニ)」『目の眼』424号、2012年1月、里文出版、pp.95-103
  • 酒井元樹 「名物「岡山藤四郎」について」『MUSEUM 東京国立博物館研究誌』No.643、2013年4月15日、pp.7-23
  • 酒井元樹 「続・名物「岡山藤四郎」について」『MUSEUM 東京国立博物館研究誌』No.671、2017年12月15日、pp.25-39

関連書籍[編集]

大藪春彦の「孤剣」という作品では、主人公が鎌倉円正寺の宝物であった粟田口吉光作の合口を盗んで愛用しているという描写がある。